長期間に渡って入院している患者さんの中には、心を閉ざしてしまう方も多いです。


入院当初は自分から積極的に同室の患者さんと接するも、全員がいなくなっていまうと、
それすらなくなってしまい、やはがて家族に対しても同様の態度を取ります。


こうした患者さんの多くが自分は人として認められていないと感じています。


寂しいとか悲しいを超えたものが患者さんの心を閉ざしてしまいます。


こうした患者さんと接するのは大変ですが、普段から気にかけてあげることで、次第に
心を開くケースも少なくありません。辛抱強く見守ってあげてください。


とはいっても、超多忙の看護師さんに余裕はありません。


ですので、出来る範囲内でけっこうです。爪が伸びていないか、病床のそばにきて確認
してくれるだけでも、本当は嬉しかったりするものです。


日常的にこうしたことを行えるようになると、次第に苦手意識が無くなります。



いつもほんとうにありがとうございます。

是非当チャンネルにご登録頂けますよう何卒宜しくお願いします。








『 こんな記事も読まれています 』