■ツアーナースの仕事とは?


ツアーナースは、その名の通り修学旅行や社員旅行など大きな団体旅行に同行します。
そして、参加者が万一怪我や病気を患った場合に迅速に対応するのが主な仕事です。


ツアー自体は、どんなに長くてもせいぜい数日間です。


このため、ツアーナースの求人の大半は、短期アルバイトや単発アルバイトの仕事が
中心です。また派遣会社に登録して、空いている時間を選んで働くことも可能です。


しかし、仕事の内容が内容なだけに求人の数は、それほど多くありません。


ツアーナースの仕事は、空いている時間を利用して短期間だけ働きたい人にピッタリ
ですし、旅行が好きな方も向いてますが、ツアーに帯同している間は家に帰れません。


またツアーの大半が団体旅行なので行動も制限され、窮屈に感じるかもしれません。


一方、気になるツアーナースの待遇に関してですが、ツアーで訪れる各レジャー施設
の入場券や交通費、食事代を含めた宿泊費は、すべて会社側が負担してくれます。


仕事とはいえ、ツアーナースは常に帯同しますので、多少なりとも旅行気分を味わえ
ます。このためツアーナースの仕事は、かなり人気が高いです。





■ツアーナースが活躍する場面とは?


気になる、お給料に関しては、看護師さんの仕事の中でも、かなり低目です。


基本的にツアーに参加する人達の大半は健康な人達です。高齢者向けのツアーもあり
ますが、それでも普段から健康に気を使っているため、元気な人が多いです。


また、修学旅行の場合、直前に健康診断を行なうケースも少なくありません。


病気の人が参加している可能性は低いですが、旅先では何が起こるか分かりません。


突然トラブルに巻き込まれてしまう可能性も十分あります。


実際に急に環境が変わることにより、発熱、腹痛、アレルギーによる突発的な喘息の
発作を訴えるケースもあります。そうした場合に迅速に対応しなければなりません。


このため、これまでの看護師としての経験が物をいいます。


ツアーによっては何も起こらない場合もあるので、かなり特殊な仕事です。





■ツアーナースの仕事を探すポイントとは?


ツアーナースの仕事は国内旅行だけでなく、当然海外旅行もあります。


特に最近の傾向としては、修学旅行で海外旅行が増えています。


ちなみに海外旅行だけとか、国内旅行だけといった形で働くことも十分可能です。


ツアーナースの求人を探すさいに団体名が明記されているケースが多いので、求人票
を見れば、国内旅行か海外旅行か、ひと目で分かるようになっています。


また、同じように一般的なツアーか修学旅行や社員旅行など、仕事は色々選べるよう
になっていますので、ツアーナースの仕事は自由度はかなり高いといえます。


ただし、ツアーナースの仕事もツアーの規模によって、難易度が大きく異なります。


このため、ツアーナースとしての経験が少ないと、採用されないケースもあります。


背伸びして身の丈に合わない仕事を選ぶと大変な思いをしますので、慣れるまでは、
できるだけ規模の小さなツアーを選び、経験を積んでいくことをオススメします。





『 こんな記事も読まれています 』