■エステサロンと美容系クリニックの特徴について


看護師さんのお仕事は、美容系のエステやクリニックまで広がっています。


美容に対する女性の意識は年々大きくなるばかりなので、市場そのものが年々拡大して
います。特にここ数年大きく拡大しているのが、脱毛関連のサービスです。


エステ脱毛や美容クリニックを利用して、脱毛される女性が急速に増えています。


なぜこれほどまでに需要が急速に拡大したのか疑問に思われますよね。


実は自分でやるムダ毛処理が肌トラブルの一番の原因であるため、ムダ毛処理が不要な
レベルにまで脱毛することで、肌トラブルや肌劣化を抑えることができます。


ちなみにエステ脱毛は病院でもクリニックでもありません。


従業員の中で医師免許や看護師免許を有している人は皆無です。


「えっ?それでは働けないのでは?」と思われるかもしれませんね。


実はエステ脱毛のようなエステサロンでは医療行為が行えないので、万一施術中に何ら
かしらのトラブルが利用者に発生した場合でも、治療は一切行えません。


そうなったら大変な問題となりますので、多くのエステサロンは医療機関と提携して、
こうした「万一のトラブル」に対処するような体制をとっています。





■看護師でもエステサロンで働けるのか?


こうした理由から、「美容外科」や「美容皮膚科」を通じてエステ関連の仕事に携わる
ことができるのですが、臨床経験が最低でも2年は必要となります。


同じ診療科で働いていた人を優先的に採用する傾向が強いですが、一般病院と比べると
サービス業としての要素が強いので、接客業が向いている人も採用されやすいです。


脱毛できるのは、なにも「エステ脱毛」だけではありません。「美容クリニック」でも
脱毛することができます。女性誌には毎回沢山の広告が掲載されています。


エステ脱毛業者の場合、大手は日本国内に沢山の店舗を構えているところが多いですが、
美容クリニックは個人が経営しているところも少なくないので、数に限りがあります。


美容クリニックでは実際に看護師さんが働いています。転職することを検討されている
看護師さんの間では、こうした美容系のクリニックの求人が人気となっています。


美容系のクリニックは保険適用外であるため、施術を受けるための費用が高額です。


このため美容系のクリニックで働く看護師さんのお給料は高めに設定されています。





■接客が苦手だと難しい仕事!


また純粋なエステサロンと美容系クリニックでは、施術の方法が根本的に異なります。


といいますのも、美容系クリニックは、医師免許を有した医師がいますので、問題なく
医療行為を行えるのに対して、エステサロンは医療行為を行なうことができません。


脱毛を例に説明させていただくと、例えば美容系クリニックでは、エステ脱毛で行って
いる光脱毛ではなく、レーザー脱毛といって医療機器で施術を行います。


このため美容系クリニックでは、医師自ら施術を行います。


これに対してエステサロンでは、一定の期間施術を行なうためのトレーニングを積んだ
施術者のみ施術を行います。このため脱毛効果にはかなりの差が生じるようです。


しかしエステサロンは保湿ケアなどの美容効果を高めることに長けてます。このため、
どちらが良いかという評価は難しく、双方にメリット・デメリットがあります。


基本的に脱毛などの美容関連の看護師さんの仕事は、医療機関で働いている看護師さん
とくらべて大きな違いはありませんが、やはりサービス業としての側面が強いです。


お客様のカウンセリングや美容製品の販売など、接客も行なわなければならないので、
もしも接客に対して抵抗があるのであれば、やめた方がいいでしょう。





『 こんな記事も読まれています 』