1720190901keihatu.png
 
 
【 心から幸せになる24の言葉 】
 
 
(1)
あなたの魅力は、
挑戦から生まれる
 
たくさん挑戦をして、
自分の魅力を高める。
 
 
(2)
あなたの親切の
波及効果は、無限大
 
誰かを親切に接して、
親切の輪を広げる。
 
 
(3)
どれを選んでも、
最終的には自分のためになる
 
どれを選んでも、
最終的には自分のために
なることに気づく。
 
 
(4)
嫌悪の返報性は、
他人に対してだけでなく
自分に対しても働く
 
自分で自分の
悪口を言わない。
 
 
(5)
相手を否定すると
主張が正しくても
否定されやすい
 
相手を肯定すると
主張が不足しても
肯定されやすい
 
 
(6)
「積極的な人間関係」で
ポジティブになる。
 
人間関係に積極的になり、
ポジティブになる。
 
 
(7)
自分の決断に自信のある
人なんていない。
 
しかし、決断するときは
自信を持たなければいけない
 
決断するときは、
自信がなくても
自信を持つ。
 
 
(8)
「しつこい人は嫌われる」
と思い込んでいないか
 
熱意と意欲を持って、
ひたすらお願いする。
 
 
(9)
人生とは、農耕のようなもの
あなたが今することは
タネをまくこと
 
希望の未来を
実現させるために、
今ふさわしいタネを
まいておく。
 
 
(10)
運の悪い出来事が起こるのは
運がいいとも言える
 
運の悪い出来事は、
受け止め方を変えて、
運のよい出来事に変える。
 
 
(11)
「マイルール」を持つ人は
いざというときに強い
 
「マイルール」を、
あらかじめ作っておく。
 
 
(12)
あなたが今しなければ
いけないのは、自分を許すこと
 
失敗しても、
いつまでもくよくよせず、
自分を許す。
 


 
(13)
せっかく生まれてきたのなら
好きなことをしないと
時間がもったいない
 
時間を作ってでも、
好きなことをする。
 
 
(14)
「どうせできない」は
ネガティブになるおまじない。
 
「何とかなる」は
ポジティブになるおまじない。

ポジティブになる
おまじないを口にする。
 
 
(15)
今日は、これからの
人生で最も若い
 
今日は、これからの人生で
最も若いことに気づく。
 
 
(16)
生まれ変わるとは、
考え方を変えたとき
 
考え方をポジティブに変えて、
生まれ変わる。
 
 
(17)
スランプは、
休憩する場所であり、
成長が振り出しに
戻らないための熟成期間。
 
スランプが来たら、喜ぶ。
 
 
(18)
コンプレックスは
直してはいけない。
 
直したら、
普通の人になってしまう。
コンプレックスを
バネにする。
 
 
(19)
目先のことだけに
とらわれない生き方をする。
 
長期的な視野を持つ。
 
 
(20)
うまくいったら、
それでよし。
 
うまくいかなくても、
それでよし。
 
結果は気にせず、
行動する。
 
 
(21)
短期的に考えるから
落ち込みやすくなる
 
長期的に考えると
落ち込みにくくなる
 
落ち込んだときは、
短期的ではなく、
長期的に物事を考える。
 
 
(22)
タイミングも大切。
それ以上に大切なのは、
始める早さ。
 
タイミングより、
始める早さを重視する。
 
 
(23)
ネガティブな人は、
複雑に考える。
 
ポジティブな人は、
シンプルに考える。
 
 
(24)
「大変だ」と騒ぐ人より
「問題ない」と笑っている
 人のほうが、かっこいい
 
「大変だ」と騒ぐより
「大丈夫」と笑って、
 かっこよくなる。
 
 
出典:「HappyLifeStyle」
 
気持ちが楽になる30の言葉
 
 
 
自分を癒して幸せになる
 
 
22520190301keihatu.png
 
 
■ 労働環境がどんどん厳しい方向へ!
 
 
今回みなさまにご紹介させて頂いた言葉は「HappyLifeStyle」さんとから転載させていただきました。非常に学びとなる言葉が音声ファイルやPDFで沢山紹介されています。心をフラットな状態に保ちながら幸せに生きるためのヒントがが満載です。
 
 
デフレ経済が20年以上にわたって続いたことによって、どこの企業も業務の徹底した効率化を従業員に求めた結果、年々働きにくい環境になってしまいました。しかも今は近年まれにみる人手不足状態にあるので、従業員一人当たりの負担が増すばかりです。
 
 
これにプラスしてコンプライアンスの厳格化がよりストレスフルな職場環境を推し進めてしまい、気がつけば「社会全体」が苦しめられています。しかしそうした状況にありながらも進み続けなければなりません。そうした状況で働くわけですから、自己嫌悪に陥ることも多いでしょう。
 
 
 
 
16320190301keihatu.png
 
 
■ 失敗しても落ち込まない!
 
 
生産性を高めることを一方的に企業側から求められているので、従業員一人当たりの負担がどんどん大きくなっています。そうなると当然仕事でミスが増えてしまうわけですが、「失敗はあってはいけない」こととして、責められてしまうので、自己嫌悪になります。
 
 
こうした状況が続くと「また失敗してしまうかも」といった具合にネガティブな妄想が暴走して不安になり、職場で自分らしく振舞ったり、自分の意見を主張することができなくなります。これでは苦しむために生きているようなものです。
 
 
こうした状況からいち早く脱却するためにも、自己肯定感を高めることを習慣化する必要があります。自己肯定感を高めるためには、まず失敗した自分をゆるしてあげることです。むしろ「よくやった」と褒めてあげてください。
 
 
 
 
22120190301keihatu.png
 
 
■ 自己肯定感を高める!
 
 
失敗はあくまでも一時的なもので、成長する過程において欠かすことができないものです。そう考えることによって自己嫌悪にならないですみます。また、ネガティブな言葉をつかうのをやめて、ポジティブな言葉をつかうようにしましょう。
 
 
日本語には言霊といって言葉一つ一つに魂が宿っているとされているくらい、本来言葉には力があるんです。ネガティブな言葉をつかえば考え方や行動もネガティブなものになってしまいます。ですので、失敗を否定的に考えるのはやめましょう。
 
 
仮に失敗しても、すぐに心を落ち着かせながら淡々に自分のやるべきことをこなしてくことが重要です。そのためにも自分を許す自己受容が大切です。今回の投稿にはそういったヒントが沢山散りばめられています。
 
 
 
 
15120190301keihatu.png
 
 
■ 夜寝る前に考えるのをやめる!
 
 
うつ病とまではいかなくても、ネガティブな状態にある人に共通しているのが、「睡眠不足」と「身体が凝り固まっている」の二点です。「身体が凝り固まっている」というのは、体全体が肩こりや首コリのようにこっていて、血流が著しく悪い状態です。
 
 
このため、自律神経のバランスが乱れ、心身共に弱ってしまいます。睡眠不足の原因は色々ありますが、寝る前に色々考えすぎて中々寝付けないケースが非常に多いです。まず寝る前に考えるのはやめましょう。夜中に考えても不安なことしか考えません。
 
 
布団に入ってから一度不安なことが脳裏をよぎると、さらに不安を引き寄せるかのように次々と不安なことを考えてしまうので、まず考えることをやめることです。
 
 
 
 
28.png
 
 
■ しっかり休息をとる!
 
 
また、不安を寄せつけないためにも一日のうちに休息をしっかりとる習慣を持つことが大切です。ここでいう休息とは単に休むということではなく、趣味や自分の好きなことをする時間をもつということです。できるだけ心がワクワクするような楽しいことがいいですね。
 
 
例えば夜11時に寝るのであれば、10時から11時までをゴールデンタイムとして自分の好きなことをします。ここでいう好きなことは、ギターやピアノ、絵画、読書などです。ゲームなどは脳に強い刺激を与えてしまうので、夜にやるのはNGです。
 
 
毎日必ず休息をとることによって、自宅に戻るのが待ちきれないくらい楽しみになりますし、仕事で疲れた体をリラックスしてくれるので、緊張から解き放ってくれます。当然この状態で寝ればぐっすり眠ることができるので、疲労回復効果もアップします。
 
 
 
【画像】 Pinterest
 
【画像】 wikiHow
 
 
「自己嫌悪から一気に脱け出す方法」
 

 



『 こんな記事も読まれています 』