6020190901keihatu.png
 
 
【自信をつけて幸せになる24の方法】
 
 
(1)
 
「自信をつける」ということは
「自分を信じる」ということ
 
「できるはずだ」と、
自分の考えを信じる。
 
 
(2)
 
「頭」ではなく
「体」で覚えると、
 自信がつく
 
覚えるときには
「頭」ではなく
「体」に染み込ませる。
 
 
(3)
 
仲間がいると、自信がつく
 
つらい状況を
共有できる友達を、作る。
 
 
(4)
 
自分の本当の実力を
身につけると、自信がつく
 
 
(5)
 
地獄を経験すると、
ほかが天国に見えてくる
地獄のおかげで
免疫ができる
 
 
(6)
 
自信のある人は
自分の弱点を
よく分かっている
 
克服しようのない
自分の弱点を、
あらかじめ把握しておく。
 
 
(7)
 
日々の成長に自信がつく
日記をつけると
成長が見えてくる
 
 
(8)
 
自分の現在地が
分からないと
自信が持てない
 
「全体」を知ると、
 自信が持てる
 
成長が目に見えるような
記録をつける。
 
 
(9)
 
自信のある人は
「助けてください」
を言える人だ
 
困ったときには、
素直に「助けてください」
を言えるようになる。
 
 
(10)
 
自信のある人は、
語尾まではっきり
言い切る人だ
 
 
(11)
 
自信のある人は
笑顔で自信を表現する
 
自信がなくても、
笑顔になる。
 
 
(12)
 
「なんとかなる」
 と分かれば
 自信が出てくる
 
最悪の状況は
「何とかなる」
と信じて、
強気になる。
 


 
(13)
 
やるだけのことを
やることが大切
 
やるだけやってしまえば、
自信がつく
 
 
(14)
 
たった1つでいい
得意なことを1つ身に
つけると、自信がつく
 
得意なことを、
1つは持つ。
 
 
(15)
 
自信がなくなったら、
本当の自信をつける
チャンス
 
一度、自信をなくしてみる。
 
 
(16)
 
自信をつけるためには
慣れるだけでいい
 
まずは、慣れる。
 
 
(17)
 
自信をつけるために
「早い」時期から
「速く」こなそう
 
「早い」時期から
「速く」こなして、
慣れてしまう。
 
 
(18)
 
ほかの人には真似できない
個性が、自信に結びつく
 
変わった人間になる。
 
 
(19)
 
物はなくなっても
経験はなくならない
 
経験というお守りを持つ。
 
 
(20)
 
秘密を全部
さらけ出してしまうと
自信が戻ってくる
 
「秘密」と「悩み」を、
吐き出してしまう。
 
 
(21)
 
自信のある人は
力んでいる人のことではない
力を抜くことがうまい人だ
 
力を抜く。
 
 
(22)
 
むかつくことを経験すると
自信を鍛えることができる
 
むかつくというバーベルで、
自信を鍛える。
 
 
(23)
 
「自信がない」と言う人ほど
 自分のことを考えることが
 できている
 
本当に自信がないときには
「自信がない」と
あえて宣言する。
 
 
(24)
 
言い訳をしないだけで、自信がつく
言い訳をすることは、逃げること
 
 
 
出典:「HappyLifeStyle」
 
自分に自信をつける30の方法
 
画像:田口久人さんの名言
 
 
 
自信がないなら
自信があるフリをすればいい!

 
 
239.png
 
 
■ 自信を持つのは簡単そうで難しい!
 
 
今回みなさまにご紹介させていただいたまとめは、「HappyLifeStyle」さんのサイトから転載させていただきました。非常に学びとなる言葉が音声ファイルやPDFなどで沢山紹介されています。
 
 
今回のまとめは、失ってしまった自信を取り戻して幸せにいきるためのヒントがが満載です。よく「自信をもちなさい!」といったことをいわれますが、実際に自信を持つのは難しいですよね。無理して自信を持とうとすると逆に不安になります。
 
 
とくに新しいことを始めるにあたって、最初の一歩を踏み出すさいに不安なことを色々と考えてしまい、「失敗したらどうしよう」といった思いが頭の中で一杯になると、自信を持つどころか恐怖を感じます。
 
 
 
 
21220180601keihatu.png
 
 
■ 新しいことを始めると必ず自信を一度失う!
 
 
そうした状況にありながら、良い結果をだすのは簡単ではありません。新しいことを始めるにあたって大切なのは、始める前に出来るだけ不要な物(物だけでなく、習慣なども)を捨てるかが大事になります。スペースが空いた分、動きやすくなります。
 
 
当然何もせずに今まで通りの状態から新しいことを始めるよりも断然スムーズに事が運びます。今回のまとめは、ほかにも自信を持つための方法が沢山ありますので、是非普段の生活の中で取り入れていてください。
 
 
 
 
■ 他人と自分を絶対に比較しない!
 
 
本当に自信のある人は、自分と他の人を優劣だけで比較することはありません。自分には出来ないことがあれば素直に教えを乞い、自分に出来ることがあれば惜しみなく人の力になろうとします。
 
 
他人と自分を比較すると自分に足りないものばかりに目がいくので、自信がなくなるのも当然です。ですので、まず他人と自分を比較しないで、自分の心の声を信じることです。たったこれだけで自信がなくなる機会が激減します。
 
 
ですので、もし自信を失ってしまうような場面に遭遇して落ち込んでしまった場合は、落ちこんでしまった原因をいつまでも考えないようにするために、「今はこれ以上考えるのをやめよう!」と自分に声をかけて考えるのをやめましょう。
 
 
 
 
■ 自信があるフリをすればいい!!!
 
 
先行き不透明な時代に自信満々で生きている人を探す方が難しいですよね。自分に自信をもってい生きている人は、それほど多くありません。多くのかたが不安を抱えながら生きているわけですが、不安は私たちの行動を制限してしまう厄介ものです。
 
 
例えば手を伸ばせば幸せを掴めるのに、「自分には無理だ」「そんな簡単に上手くいくわけない」「もう騙されたくない」といった思いが不安によって生み出されて、幸せになるのを躊躇してしまうのです。ですので、不安を払拭するためにも「自信を持つ」=「自分を信じる」必要があります。
 
 
 
『笑っているふりをすると楽しくなる!』
 
 
自信を持つ方法として色々な方法がありますが、一番簡単なのは、「自信があるフリ」をすることです。「そんなバカな!」と思われるかもしれませんが、私たちの体の動きは神経を通じて脳に様々な情報を伝えています。
 
 
どういうことかとうと、例えば「笑っているフリ」をすると、だんだん楽しくなってくるという具合です。笑っているフリをすると脳は「今何か楽しんでいるんだな」と判断して、セロトニンなどの幸せになる脳内物質の分泌を活性化しますので、本当に楽しい気分になるんです。
 
 
 
 
■ 海外の映画やドラマから学ぶ!
 
 
この脳の働きに関する特徴を踏まえたうえで、「自信があるふり」をすればいいんです。おススメは米国の映画やドラマの登場人物の仕草やポーズのまねをすることです。最近私がおススメしているのが、日本でもリメイク版が放送された「SUITS」という作品です。
 
 
敏腕弁護士と天才的な記憶力を持ちながら弁護士資格がない青年がタッグを組んで毎回様々な訴訟案件に勝訴する物語で、アメリカの過酷な競争社会を生き抜くことの大変さがリアルに描かれています。このドラマの登場人物も自信を持つために様々な工夫をしています。
 
 
有能な弁護士ほど話し方、食事のとり方、歩き方などなど自信がみなぎっているので、色々と参考にしています。毎回ドラマを見終わるたびに、昭和の人たちがヤクザ映画を観て強くなったような気分に浸る感覚に近いものがあります。個人的には日本の映画やドラマよりも米国のほうがおススメです。
 
 
 
【画像】 Pinterest
 
「自己肯定 自信 自分を愛する サブリミナル 潜在意識の書き換え」
 

 



『 こんな記事も読まれています 』