420190901keihatu.png
 
 
【 明るい希望が生まれる24の言葉 】
 
 
(1)

人生があなたに
一番望んでいることは、
幸せになってもらうこと。
 
せっかく
生まれてきたのだから、
好きなように、生きる。
 
 
(2)
 
人生では少しくらい、
闇をさまよう時期が
あるほうがいい。
 
闇の時期を、味わう。
 
 
(3)
 
可能性が0%と1%は、
天と地の差がある。
 
1パーセントの
可能性を信じて、
行動する。
 
 
(4)
 
行動する勇気より、
決断する勇気。
 
決断する勇気があれば、
自然と行動もできる。
 
決めかねていることを、
決断する。
 
 
(5)
 
希望は、
待つものではなく、
見つけにいくもの。
 
積極的に、
希望を見つける
努力をする。
 
 
(6)
 
人生で最悪なのは
「すべて相手のせいだ」
と言ってしまうこと。
 
「1パーセントでも、
自分にも過ちが
あるのではないか」と
考える余裕を持つ。
 
 
(7)
 
過去を捨てないと、
未来に進めない。
 
未来に進むなら、
まず過去を捨てる。
 
 
(8)
 
自分が下した決断は、
すべて正しい。
 
「自分で決めた選択は、
 常に正しいのだ」
 と信じる。
 
 
(9)
 
明るく生きるための鉄則は、
どんなときでも上を向くこと。
 
落ち込んだときこそ、
下ではなく、上を向く。
 
 
(10)
 
後回しにしている
仕事を片付けると、
希望が見えてくる。
 
しなければいけない仕事を
紙にリストアップして、
1つずつ片付けていく。
 
 
(11)
 
力が出ないときは、
3歩だけ歩く。
 
力があるから
行動するのではない。
行動するから
力が出てくる。
 
 
(12)
 
人生を明るくしたければ、
言葉を明るくしなければ
いけない。
 
称賛、共感、喜びなど、
明るい言葉を使う。
 


 
(13)
 
世界一幸せではなくても
「世界一幸せだ」と思えば
今すぐ世界一幸せになれる
 
「自分は世界一幸せな人間だ」
と、本気で思ってみる。
 
 
(14)
 
世界のどこかに、
自分と同じ状況の人は、
必ずいる。
 
自分と同じ状況の人を想像して、
気力を出す。
 
 
(15)
 
世の中には、
2とおりの人しかいない。
上向きの人と下向きの人。
 
上向きの人になる。
 
 
(16)
 
「したいかしたくないか」より、
「後悔するか、しないか」。
 
曖昧な気持ちは
「後悔するかしないか」で、
はっきりさせる。
 
 
(17)
 
素晴らしい性格に
なるためには、
素晴らしい習慣を
身につければいい。
 
 
(18)
 
脳は、否定を理解できない。
 
頭で言葉を唱えるときは、
否定ではなく、
肯定を想像する。
 
 
(19)
 
暗い場所から抜け出すことが、
希望を見つける第一歩。
 
暗い場所から、抜け出す。
 
 
(20)
 
気持ちを立て直す
ことができれば、
自然と現実も
立て直っていく。
 
「人生をやり直したい。
 やり直せる」と、
 ポジティブに考える。
 
 
(21)
 
今日から始めると、
実現が1日早くなる。
 
明日から始めると、
永遠に実現しない。
 
都合が悪くても、
今日から始める。
 
 
(22)
 
人間は、
変化のない生活が続くと、
変化を嫌う傾向がある。
 
おりの中から抜け出して、
新しい変化を作る。
 
 
(23)
 
じっとしているのが、
実は一番苦しい。
 
心の傷を忘れたければ、
とにかく動く。
 
 
(24)
 
人生では嫌われる覚悟が必要
 
嫌われる選択肢も、
視野に入れる。
 
 
 
出典:「HappyLifeStyle」
  
人生に希望を持って生きる30の言葉
 
 
 
15520180601keihatu.png
 
 
■ 人は必ず希望を見出すことができる!
 
 
今回みなさまにご紹介させて頂いた言葉は「HappyLifeStyle」さんとから転載させていただきました。非常に学びとなる言葉が音声ファイルやPDFで沢山紹介されています。
 
 
やることなすこと失敗が続くと、どんなに精神力が強い人でも先行き不安な将来に怯えてしまうことがありますよね。しかし、このような状態のときというとのは、大抵もがけばもがくほど泥沼にはまってしまうんですよね。
 
 
そんなときに他人から「がんばっていれば、そのうちいいことあるよ!」と、上から目線で軽く言われてもいわれても、はっきりいって何の慰めにもなりませんよね。
 
 
 
 
22420190301keihatu.png
 
 
■ 決断力がなければ希望は希望のまま終わる!
 
 
しかしながら、人はどん底に落ちると、それまでネガティブ一色だったとしても、少しずつ希望を見出そうとする生き物なんですよね。だから人類もこれまで何とかなってきたのかもしれません。
 
 
そして、希望を見出すにも、やはり色々と段階があるようです。そのために必要なのが決断力です。例えば現状打破するために、どんなに素晴らしいアイディアがあったとしても、決断しなければ行動に繋がりません。しかし、決断すれば今が苦しくても必ず希望が持てるようになります。
 
 
ちなにみ個人的に今回のまとめで、特に心に響いたのが以下の言葉です。
 

(4)
行動する勇気より、
決断する勇気。
 
決断する勇気があれば、
自然と行動もできる。

 
 
22120190301keihatu.png
 
 
■ 決断力を高めると運が飛躍的に良くなる!
 
 
決断力を高めると同時に行動力と直観力も高まり、どんどん「運」が良くなります。なぜなら運とはタイミングだからです。タイミングが合えば最小限の労力で最高の成果を手にすることができます。しかし、反対にどんなに血のにじむ努力をしたとしても、タイミングがあわなければ、成功できません。
 
 
ですので、決断力がないばかりに先延ばししてしまうと確実に運が悪くなります。「あとでやろう」「明日やろう」「いつかやろう」といった具合に先延ばしするのは、決断しないという、より大きな決断をしていることになります。
 
 
運をつかむには何事においても間に合わなければなりません。1秒でも遅れたらチャンスはつかめません。 そして「間に合う」ために、大切なのは瞬間、瞬間に決断をくだすことです。
 
 
 
 
22320190301keihatu.png
 
 
■ 決断力を高める方法とは!?
 
 
決断力を高めるには、まず日常的に行われるすべてのことを瞬時に決めるトレーニングをつむことです。例えば「明日洋服は何を着るか?」、「外食のさいにメニューを選ぶ」などなど些細なことを決めるところからスピードをあげて決断するトレーニングを積みましょう。
 
 
そして、ひとつひとつのことに目的意識をしっかり持つことによって意思決定が非常にスムーズに行えるようになります。例えば何の目的もなくネットサーフィンをしている状況で何かを決断しなければならないとしても、難しいでしょう。
 
 
特にスマホが普及した2010年以降、スマホ関連のサービスが爆発的に増えたので、無料で利用できる面白そうなサービスやゲームが沢山あるため、何の目的もなくても気軽に楽しむことができます。しかし、気をつけないと大切な時間が奪われます。
 
 
 
 
28.png
 
 
■ 目的を明確にする!
 
 
そうならないためにも、「なぜ自分はこれをやらなければならないのか?」、自分に問いただして目的意識を高めましょう。必要か不要かを問うだけのことですが、これを習慣化することによって決断力が飛躍的に高まります。
 
 
やはり、何かを実現するためには行動しなければなりませんから、行動するためには決断しなければなりません。何も決まっていない宙ぶらりんの状態で行動しても上手くいくはずがありません。ですので、どんなときでもしっかり決断できる決断力が大事なんです。
 
 
しっかり「何がしたいのか?」「これからどうするのか?」を明確にしたうえで決断しなければならないわですね。ブレずに前に進むためにも決断力は大切です。
 
 
 
【画像】 Pinterest
 
過去への恨みを解消する方法
 

 



『 こんな記事も読まれています 』