3320190901keihatu.png
 
 
【魅力を高めて幸せになる24の方法】
 
 
(1)
 
ありのまま
表現すれば魅力になる
 
一度しかないのだから、
自分らしい人生を歩む。
 
 
(2)
 
「わくわく」を
基準に行動しよう
 
わくわくすることをする。
 
 
(3)
 
周りからの
反対を押し切る人が
魅力的な人になれる
 
「変な人」と
言われるまで、
自分を貫く。
 
 
(4)
 
人を「尊敬」する前に
まず自分を素晴らしいと
認めよう
 
自分に起こっている
不思議な出来事に気づく。
 
 
(5)
 
大勢で行動すると
魅力は半減する
 
群れるより、
1人で行動する。
 
 
(6)
 
心の空虚感を埋めるための
人間関係になっていませんか
 
レベルの高い人と、
付き合う。
 
 
(7)
 
本屋は「今」自分が何に
興味があるのかが
分かる場所
 
本屋で自分発見をする。
 
 
(8)
 
語尾を上げて話すだけで
魅力的になれる
 
語尾を上げて、
挨拶をする。
 
 
(9)
 
やる気が起きないのは
本当にやりたいことでは
ないから...
 
やる気を出さなければ
出ないことは、
本当にやりたいことでは
ないと考える。
 
 
(10)
 
人を妬んで歩みを止めるより
自分が歩めばいい
 
妬む暇があれば、
自分が頑張る。
 
 
(11)
 
万能になろうとすると失敗する
焦点を絞る人が成功する
 
万能になるのは、やめる。
 
 
(12)
 
できることを
先に考える習慣を持とう
 
できることを紙に書いて、
壁に貼る。
 

 
(13)
 
思いが行動を作り
行動が未来を作る
 
素晴らしい未来の自分を、
想像する。
 
 
(14)
 
「原因と結果の法則」
を生活に取り入れよう
 
未来を作る原因を、
今、作る。
 
 
(15)
 
魅力的な人は他人より
自分に期待する
 
他人に期待するより、
自分から行動してしまう。
 
 
(16)
 
短所を直したければ
長所を伸ばせばいい
 
短所を直すために、
長所を伸ばす。
 
 
(17)
 
直接人と会って話をする
機会を増やそう
 
メールや電話より、
直接会って話をする。
 
 
(18)
 
無駄な人生を歩むことで
人生が豊かになる
 
無駄な経験をたくさんする。
 
 
(19)
 
本当の魅力は
昨日までの自分を
越えること
 
昨日までの自分を、
乗り越える。
 
 
(20)
 
いらいらしたときこそ
自分を越えるチャンスだ
 
「まあ、こんなことも
 あるよね」と、
 受け入れる。
 
 
(21)
 
いらいらを
感じてしまうのは
半径5メートルの
人間関係だ
 
自分の視点を高くして、
人間関係をおおらかに見る。
 
 
(22)
 
つまらない冗談に
笑おうとしない人こそ、
つまらない人間だ。
 
つまらない冗談だからこそ、
笑ってしまう。
 
 
(23)
 
許せば許すほど、
表情は柔らかくなる。
 
許せないことは
時効にして、忘れる。
 
 
(24)
 
いらいらするはずの
瞬間に笑顔になると、
器の大きさを感じる。
 
いらいらしそうになったら、
笑顔になって不安をかき消す。
 
 
 
出典:「HappyLifeStyle」
 
魅力的な人になる30の方法
 
 
画像:斎藤一人さんの名言
 
 
 
2320180601hm.png
 
 
■ イライラは悪!怒りの感情は厄介
 
 
今回みなさまにご紹介させて頂いたこちらのまとめは、「HappyLifeStyle」さんとから転載させて頂きました。非常に学びとなる言葉が音声ファイルやPDFで沢山紹介されています。
 
 
ストレス社会を生きるうえでイライラすることは多いですが、怒りは自分で処理しなければなりません。人に八つ当たりしたりすれば、人として信用を失います。しかし、怒りの感情は喜怒哀楽の中でもっともコントロールするのが難しいんです。
 
 
怒りの感情は、決していい気分になるものではなく、どちらかというと嫌な気分にさせるものですよね。しかも、イライラが爆発すると我を失って、怒り任せにとんでもないことを言ったり、普段ならありえない行動をとったりします。
 
 
あおり運転など、まさにその典型ですよね。時間がたてば、「なんであんなことをしてしまったんだろう」と、自分を責めたりするわけですが、残念ながら後の祭りです。そうならないためにも普段から自分の機嫌をとる習慣をみにつける必要があります。
 
 
 
 
■ イライラを上手に抑える方法!
 
 
最近はアンガーマネジメントといって「怒り」をコントロールするテクニックが日本でも浸透しつつあります。イライラをしっかりコントロールすることができれば「怒り」の感情と上手に付き合っていくことができます。これでストレスは大幅に抑えられます。
 
 
怒りのピークは6秒といわれています。つまり6秒をすぎると時間がたつにつれて怒りは収まっていくので、この間をやりすごせばいいわけです。その方法としてもっとも有効なのが「深呼吸」です。ゆっくり口から息を吐きだして鼻から息を吸うのを5〜6回繰り返せば30秒くらいあっという間にすぎます。
 
 
しかし、普段から深呼吸を習慣化しておかないと、本気で怒ったときにやるのを忘れてしまうことになります。ですので、普段から深呼吸=呼吸法を習慣化することをおすすめします。いきなり5分もやる必要はありません。最初は30秒から1分程度でOKです。
 
 
 
 
■ 自己プロデュースで魅力を高める!
 
 
イライラすると人は本来の能力を発揮できません。ですので、怒りをしっかりコントロールできるようになれば、ありとあらゆることがスムーズにできるようになります。次に取り組むべきことは自己プロデュースです。つまり自分で自分の人生をクリエイトするこです。
 
 
魅力を高めるとは、究極の自己プロデュース力を高めるに他なりません。女優の石原さとみさんは、数年前に約1ヶ月間海外を一人旅されたそうで、それから自己プロデュースの楽しさに目覚め、自分磨きにより一層力を入れるようになったのだとか。
 
 
自己プロデュースする上で大切なのが具体的なイメージです。ですので、まず自分がどうなりたいのか考えます。例えば「沢山の人からチヤホヤされたい」、「好きなひとに振り向いて欲しい」、「素敵な彼氏(彼女)が欲しい」などです。
 
 
 
 
■ いい妄想を楽しむ!
 
 
具体的にどうなりたいか頭の中で、細かいところまでイメージします。といっても、イメージするのは容易ではないので、自分にとって都合のいい物語を書く感覚で紙に書き出しましょう。そうするとイメージしやすくなります。
 
 
「それって、単なる妄想じゃないの?」と、思われるかもしれませんが、いい妄想は脳を活性化するだけでなく心と身体をほどよく刺激し、人生を良い方向へと導いてくれます。ですので、いい妄想を楽しむとより良いイメージをしやすくなります。
 
 
これを習慣化すると不安なことを考えなくなります。仮に脳裏に浮かんだとしても、すぐに自分にとって都合の良いポジティブなイメージを思い描くことができるので、イライラしないですみます。
 
 
 
 
2420180601hm.png
 
 
■ 魅力が高まると自信もつく!
 
 
人は自分以外の人やものについては、予備知識がなくても、それなりにアドバイスすることができますが、いざ自分のことになると、思考が止まります。自分のことを自分が一番知らなかったりするものですよね。
 
 
魅力を高めるためには、まず自分を深く知り、なりたい自分になるために具体的な行動する、たったこれだけです。これだけで自信が持てるようになり、人生の喜びが激増します。しかし、人間は変化を恐れる生き物です。
 
 
なりたい自分になる過程で、イライラすることも当然多くなります。そこでイライラを爆発せずに、どのように自分を立て直して笑顔になれるか、これが大切です。これが出来れば嫌でも好感度がアップします。
 
 
 
【画像】 Pinterest
 
「石原さとみ、“自分磨き”の実践法語る」