3420190901keihatu.png
 
 
【 這い上がって幸せになる24の言葉 】
 
 
(1)
 
気持ちを立て直すことができれば
自然と現実も立て直っていく
 
「人生をやり直したい。
 やり直せる」と、
 ポジティブに考える。
 
 
(2)
 
落ち込んでいる今
リバウンドのチャンスが
与えられている
 
落ち込んだときは、
リバウンドをする。
 
 
(3)
 
人間は、変化のない生活が続くと
変化を嫌う傾向がある
 
 
(4)
 
じっとしているのが
実は一番苦しい
 
心の傷を忘れたければ、
とにかく動く。
 
 
(5)
 
人生は、取り返しの
つかないことより
取り返しのつくことのほうが
圧倒的に多い
 
命に関わることでないかぎり
「大丈夫」と言って、
前に進む。
 
 
(6)
 
暗い場所から
抜け出すことが、
希望を見つける第一歩。
 
暗い場所から、抜け出す。
 
 
(7)
 
周りの目を気にした
発言をしていると
自分を見失う
 
人目を気にせず、
自分の考えを口にする
習慣を持つ。
 
 
(8)
 
人生を明るくしたければ、
言葉を明るくしなければ
いけない。
 
称賛、共感、喜びなど、
明るい言葉を使う。
 
 
(9)
 
疲れには2種類ある
「嫌いなことをする疲れ」と
「好きなことをする疲れ」
 
嫌いなことをして疲れるより、
好きなことをして疲れる。
 
 
(10)
 
「もしかすると
簡単なのかもしれない」
と考えて、行動する
 
難しそうなことは
「もしかすると、
簡単なのかもしれない」
と考えて、挑戦してみる。
 
 
(11)
 
脳は、否定を理解できない。
 
頭で言葉を唱えるときは、
否定ではなく、
肯定を想像する。
 
 
(12)
 
何もない人には
軽いフットワークを
持っている
 
何もない人は、
軽いフットワークを
武器にする。
 

 
(13)
 
人生では少しくらい、
闇をさまよう時期が
あるほうがいい。
 
 
(14)
 
いらいらさせた
相手に当たるのではない
いらいらしてしまった
自分に当たるのだ
 
いらいらしてしまったときは、
心のコントロールが
未熟な自分を、反省する。
 
 
(15)
 
当たり前のことを
当たり前に行動するだけで
未来は切り開ける
 
当たり前のことを、
当たり前に実行する。
 
 
(16)
 
今日から始めると、
実現が1日早くなる。
 
明日から始めると、
永遠に実現しない。
 
都合が悪くても、
今日から始める。
 
 
(17)
 
部屋の整理整頓=心の整理整頓
 
心の整理整頓をする。
 
 
(18)
 
あらを探す能力より
つじつまを合わせる能力
 
あらを探す能力より、
つじつまを合わせる
能力を磨く。
 
 
(19)
 
きれいな景色を見たければ
まずきれいな言動を心がければいい
 
きれいな景色を見るために、
きれいな言葉遣いと行動を、
心がける。
 
 
(20)
 
よい選択を選ぶのではない
選んだ選択をよいものに
すればいい
 
 
(21)
 
今この瞬間も
目の前をチャンスが
横切っている
 
スピードのある
動きを意識して、
目の前にある
チャンスをつかむ。
 
 
(22)
 
人生があなたに
一番望んでいることは、
幸せになってもらうこと。
 
せっかく
生まれてきたのだから、
好きなように、生きる。
 
 
(23)
 
人生では、
嫌われる覚悟が必要。
 
嫌われる選択肢も、
視野に入れる。
 
 
(24)
 
人生は、笑うが勝ち。
 
楽しいことがなくても、
常に笑顔を心がける。
 
 
 
出典:HappyLifeStyle
 
人生をやり直したいときの30の言葉
 
 
 
332.png
 
 
■ 再チャレンジするために必要なこととは?
 
 
今回みなさまにご紹介させて頂いたこちらの言葉は、「HappyLifeStyle」さんとから転載させて頂きました。非常に学びとなる言葉が音声ファイルやPDFで沢山紹介されています。
 
 
人間だれしも仕事などで失敗が続くと、このままの状態が永遠に続くのではないかと、不安になります。そうすると、これ以上失敗を重ねるのを恐れるあまり、積極的に行動するのを辞めようとする自分がいたりします。
 
 
しかし、動かなければ、失敗したままの状態が続くだけで、永遠に自分の希望する状態にはなりません。もし仮に転職しても新しい職場で同じような問題に遭遇する可能性が高いです。しかし、再チャレンジするためには、現状をしっかり受け入れて、できるだけ身軽になる必要があります。
 
 
 
 
320200123hm.png
 
 
■ 現状を否定せずに、ありのままを受け入れる!
 
 
窮地に陥ったとき人は大抵パニックに陥るので、視野が極端に狭くなっているため、適切な行動がとれません。このような場合、まずやらなければならないのが、一旦ありのままを素直に受け入れることです。そうすることで問題に対処するために具体的にどのように動けばいいか脳が考え始めます。
 
 
「行き詰まる」ことをネガティブに考える人が多いですが、けっしてそんなことはありません。人間として成長するのは大抵何かに行き詰って、必死にもがいているときです。問題を乗り越えれば自信になるので、より前向きに生きることができるようになります。
 
 
意外に思われるかもしれませんが、なんでも完璧に自分だけでこなそうとする人は、何かに行き詰ると混乱して前に進めなくなります。ですので、なんでも自分でやりたがり、完璧主義者ゆえに人を信用できません。
 
 
 
 
220200123hm.png
 
 
■ 人に頼よる技術を身につける!
 
 
人に頼る=依存ではありません。そもそも全てのタスクを一人で抱え込むのが無理なんです。仕事は一人ではできません。職場の人たちと協力し合って行うものなので、ときに頼ったり、頼られたりするのが普通なんです。
 
 
ですので、もし仕事で行き詰ってしまったときは、できるだけ早い段階で周囲の人たちに相談しましょう。人に頼ることも立派なスキルです。人と頼る技術は、仕事だけでなく人として生きていく上で欠かすことができません。
 
 
人に頼ることが出来ないというのは、小さな子供が親の助けを拒絶して「自分でやる」といって駄々をこねるのと同じです。人に頼る技術を身につけましょう。そうすれば仕事がよりやりやすくなりますし、仕事のミスも少なくなります。
 
 
 
 
313.png
 
 
■ 手を抜くことを考える!
 
 
手を抜くことを考えるといっても、ずるをするという意味ではありません。できるだけ質を落とさずに効率よく仕事をこなすことができるか考えるために、あえて手を抜くことを考えます。いかに楽をするか考えるといってもいいいでしょう。
 
 
そうすることで時間的に余裕が生まれるので、突発的に依頼された仕事もこなせます。普通突発的に何かを依頼されるとパニックになってしまう人も少なくありませんが、「いかに楽をするか」を考える習慣を持つと同時に「どうやったらできるか」を考えることが習慣化されます。
 
 
ですので、対応力を磨く方法でもあるんです。また、ただやみくもに一生懸命やる人よりも仕事の生産性は確実に向上しますし、新しいことにチャレンジするリスクも抑えることができるので、いろいろな意味でメリットが沢山あります。
 
 
 
【画像】 Pinterest
 
「人生を取り戻せますか?」