40201801001keihatu.png
 
 
あなたは幸せになるために
生まれてきました...
 
 
たとえ今何かうまく
いかないことがあって
自信をなくしていても
 
 
何か新しいことができなくて
もがいてしまっていても
 
 
古い自分が手放せなくて
自己嫌悪になっていても
 
 
誰かを許せなくて
そんな自分も許せなくて
落ち込んでしまっていても
 
 
どうか自分を
責めないでください
 
 
あなたの一番の味方は
あなたなのです
 
 
一番の味方であるあなたが
自分自身を責めてしまったら
あなたの「 いのち 」は
元気がなくなってしまいます
 
 
間違っても大丈夫!
 
失敗しても大丈夫!
 
 
それでちょっとした
寄り道になっても
 
 
それは全部...
 
人生をより味わい深く
楽しませるための
神さまからの粋な計らい
 
 
それが人生の彩りになります
だから大丈夫です
 
 
それでも全ては見事なまでに
うまくいっています
 
 
焦らなくて大丈夫
 
 
安心してあなたの歩幅で
あなたのリズムで
あなたらしく毎日を
生きていきましょう
 
 
人生は沢山の彩りに
溢れています
 
 
あなたという存在は
この宇宙でただ一人
 
 
この宇宙の中で
なくてはならない
たったひとりの存在なのです
 
 
生きているだけで
とても「尊い」のです
 
 
あなたがあなたで
いてくれてありがとう
 
 
あなたの個性は、
あなたの「いのち」の色
 
 
それが集まって宇宙を作ります
 


 
 
あなたは幸せになるために
生まれてきました
 
 
だから何も心配いりません
 
 
たとえあなたを取り巻く
多くのものが変化しても
自分への信頼感だけは
どんなことがあっても
持ち続けてください
 
 
自分への信頼を失わない限り
何も恐れることはありません
 
 
大丈夫です
 
 
あなたはあなたらしく
あっていいのです
 
 
あなたは生きているだけで
充分素晴らしい存在なのです
 
 
何かを持っているとか
何かができるからとか
誰かと比べて自分が
優れているとか
 
 
自分が劣っているとか
そんな比較からではなく
ただそのままの
あなたでOKなのです
 
 
これが「自分を愛する感覚」です
 
 
自分を大切にして
自分で自分のことを
認めてあげられて
 
 
自分は自分らしく
あっていいと
心から感じられると
 
 
あなたの中に幸せな
安心感が生まれます
 
 
この「安心感」が
すべてを可能にしていきます
 
 
どうか信じてください
 
 
すべてのカギは
あなたの中にあります
 
 
この宇宙であなたが
幸せであり続けるための
大事な鍵の1つは
あなたが自分を幸せにする
ことに責任を持つこと
 
 
安心してください
誰もがその力を
持っています
 
 
あなたが自分を
幸せにできたとき
あなたの大切な人も
幸せにできるのです
 
 
 
「 工藤紀子さん 」
 
 
「 Venus Create 」
 
 
 
40.png
 
 
■ 優しさに包み込まれる!
 
工藤紀子さんのダイアリーを毎回楽しみにしているのですが、今回ご紹介させていただいた工藤先生の投稿を読んだとき、今まで感じたことのない暖かい優しさに包み込まれるような錯覚に陥り、涙がとまりませんでした。
 
丁度仕事で行き詰っていまして、忙しすぎて、何をどうすればいいか分からずに苦しんでいたのですが、1時間以上泣いたら心がすっきりして、やるべきことを絞り込んで集中することで、何とか乗り切ることができました。
 
人は苦しくなると、そればかり考えるので、余計に苦しくなるんですよね。時には問題から離れてみることも大切なんです。少し離れることによって、問題を乗り越える打開策が見えてくることを学びました。
 
 
 
620180505renai.png
 
 
■ 自己否定が負を連鎖させる!
 
それも、この文章を読んで、何か大きな力に慰められているような錯覚に陥ったのがよかったのかもしれません。さすが自己肯定力スペシャリストですね。人の書いた文章を読んで、これほどまで自己肯定感が劇的に高まったことはありません。
 
とくに自己否定感でいっぱいだった状況から、たった数分で自分を苦しめているものから解放されたので、本当にすごいと思います。考えてみれば上手くいかないことが続くと自己否定感でいっぱいになりますが、これが負の連鎖になるんですよね。
 
自己不定のエネルギーが放出されると、さらに自己否定したくなるような自分にとって嫌なことを引き寄せてしまうのだと思います。ですので、自己否定感でいっぱいになりそうになったら、この記事を読み返して涙活します。
 
 
 
「涙は心の癒しです」
 

 
 



『 こんな記事も読まれています 』