1120191001keihatu.png
 
 
【 心から幸せになる24の言葉 】
 
 
(1)
 
幸せだから感謝するのではなく
感謝するから幸せに感じる
 
 
(2)
 
相手にくだす価値判断は
すべて自分に対する価値判断
 
 
(3)
 
不平不満の多い人というのは
「ただ感謝が足りない」だけ
 
 
(4)
 
何が起こったかではなく
起こったことに対し
あなたがどうするか
 
 
(5)
 
幸と不幸は表裏一体
独立しては存在できない
 
 
(6)
 
「できない」苦しみが無かったら
「できた」喜びは生まれない
 
 
(7)
 
人生で恐れることは
実は何もなくて
学ぶことがあるだけ
 
 
(8)
 
「築いた者」より
「気づいた者」が 成長する
 
 
(9)
 
ただしい人生から、
たのしい人生へ
 
 
(10)
 
いつかやるではなく
“今”できることからやる
 
 
(11)
 
現実は 外の世界で
起こっているのではなく、
心が創り出している
 
 
(12)
 
「幸」「不幸」は存在しない
その人の心が決めているだけ
 
 
(13)
 
楽な日々は過ぎ去る
充実した日々は積み重る
 
 
(14)
 
当たり前のことが
当たり前なとき
それを幸せと呼ぶ
 
 
(15)
 
辛いときこそ
感謝を忘れてはいけない
 
 
(16)
 
辛くなったら呟いてほしいこと
「まっ、いいか」
「なんとかなる」
今を頑張ってる自分を
自分が許してあげよう
 
 
(17)
 
答えはすべて自分の中にある
 
 
(18)
 
あなたが決めた選択は、
常に正しい。
 
自分で決断をして、
自分らしい現実を歩む。
 
 
(19)
 
明日を楽しみにするから、
楽しい明日がやってくる。
 
明日を楽しみにしながら、
迎える。
 
 
(20)
 
人生とは、
心を磨くための一人旅。
 
心を磨くために、生きる。
 
 
(21)
 
心がきれいになる
ポイントは、3つ。
態度、行動、発言。
 
態度、行動、発言を、
きれいにする。
 
 
(22)
 
当たり前の
感謝に気づく人は、
心がきれいな人。
 
当たり前の感謝に、
気づく。
 
 
(23)
 
許すことで軽くなる。
 
「まあ、いいか」
と考えよう。
 
気に入らない
ことがあっても
「まあ、いいか」
と許してしまう。
 
 
(24)
 
すべてはうまくいっている
 
 
 
 
59720180601keihatu.png
 
 
 
■ 幸せな人は不運なことを極力避ける!
 
 
あえて幸せ=運がいい人とするならば、運のいい人は運の悪い人と何が違うのでしょうか?。運のいい人は、行動パターンや脳の使い方に特徴があり、自分の性格をしっかり把握することで、誰でも運が良くなる脳の使い方ができるんです。
 
 
運の良い脳の使い方をすれば、誰でも運を引き寄せることができます。ちなみに運のいい人は、運をつかむのが上手でありながら、無意識のうち不運なことが起こるのを極力防ごうとしています。ですので、トラブルにも強いんです。
 
 
普段から不運なことが起こった場合のシュミレーションを脳内で行っているので、他の人であれば、慌てふためいて人のせいにして怒鳴ったり、喚いたりするところ、運のいい人達は冷静に対応します。
 
 
 
 
2520200101keihatu.png
 
 
■ 幸せな人は自分を大切にする!
 
 
運の良い人は素直で、しかも単純です。反対に運の悪い人は偏屈なので、人に好かれたいと思っていながら、何事も偏屈に考えるため、嬉しいのに喜べなかったり、悲しいのに悲しまない、楽しいのに楽しめないといった具合に心と感情がちぐはぐなんです。
 
 
行動パターンと脳の使い方が、そのようになってしまっているので、自分で意識して直そうとしないかぎり、どんどん性格が悪くなり、友人らを遠ざけてしまいます。これでは幸せも遠ざかります。常に幸せであり続けるためには、常に感謝し続ける必要があります。
 
 
そうなるためにも自分のことを好きになる必要があります。いきなりは難しいかもしれませんが、自分を大切にすることで、運が良くなり、幸福感も自然と高まります。
 
 
 
 
1220191001keihatu.png
 
 
■ 毎日「私は運がいい」と声に出して言う!
 
 
自分を大切にするというと、「自己中」な人をイメージする人が少なくないのですが、そうではありません。愛車を扱うように自分を大事にすることで、自然と自己肯定感が高まり、反対に自己否定感が消滅していくので、精神的に余裕が生まれます。
 
 
つまり、どんどん自分が好きになっていくので、人を引きつける魅力が高まります。では、運を高めるのにはどうすればよいのでしょうか?。一番手っ取り早いのは、普段から前向きな言葉を使うことです。そうすることで、不安なことを考えにくくします。
 
 
すると例えば普段から人の悪口ばかり言っているような人でも、前向きで明るい方向に進み始めます。これが習慣化すればしめたものです。習慣化するためにも毎日「私は運がいい」と声に出して言いましょう。
 
 
 
 
14.png
 
 
■ 幸せを強く求めすぎると幸せが遠のく!
 
 
今回ご紹介させて頂いた言葉の中で、12の「幸」「不幸」は存在しない、その人の心が決めているだけ、これが一番心に響きました。本当にそのとおりだと思います。
 
 
私自身数年前まで「幸せ」という言葉に振り回されすぎていました。というのも当時の私にとって幸せとは仕事で評価されることだったので、一人ブラック企業と同僚から揶揄されるほど毎日遅くまで働いていました。
 
 
しかし、会社側から要求は年々大きくなるばかり、しかも、誰からも感謝されることなく、当たり前のように大きな成果を達成することを求められていたので、これが大きなプレッシャーとなりました。そして、幸せはどんどん遠のく一方でした。
 
 
 
 
1420180701keihatu.png
 
 
■ 過酷な状況から自分自身の幸せを追求する!
 
 
逃げたくなるような辛いことも多かったのですが、その辛い状況に身を置いたことで自分の幸せを追及するようになりました。その過程で誰もが羨むような大きな幸せよりも日常に隠れている小さな幸せに気づける自分でありたいと強く思うようになったんです。
 
 
そのおかげで、仕事への過度なプレッシャーからも解放され、すべてのことが楽になりました。幸せは自分の心がきめる、といったことが良く言われていますが、小さな幸せをいつでも感じられるようになるために、日々一つ一つのことを大切にしたいと強く思います。
 
 
 
【画像】 Pinterest
 
美輪明宏が「永遠に幸せでいられる方法」を伝授!「幸せって何?」