4820191001keihatu.png
 
 
【 人生が上手くいく24の法則 】
 
 
(1)
 
バッターは、
3割打てば「優秀」と
呼ばれる
 
人生も、
3割うまくいけば十分
 
3割うまくいけば、
十分と考える。
 
(2)
 
できないことが
あるのは素晴らしい
 
できる人を
尊敬できるから
 
自分には
できないことが
できる人を、
素直に尊敬する。
 
 
(3)
 
つらいときに
つらそうな顔を
してはいけない
 
つらいときこそ
にこにこして、
ストレスを笑い飛ばす。
 
 
(4)
 
得する道より、
楽しめる道
 
得する道より、
楽しめる道を選ぶ。
 
 
(5)
 
実力の差は準備の差
 
本番で結果を
出したいなら、
準備を大切にする。
 
 
(6)
 
近道ばかりの
人生はつまらない
 
途中の景色が見えないから
 
たまにはわざと
遠回りをしてみる。
 
 
(7)
 
振り返る習慣をやめればいい
前しか見られなくなる
 
過去を振り返らない
習慣を持つ。
 
 
(8)

一番やりたいことは
最初にしよう
 
もったいぶっていると
チャンスを逃す
 
一番やりたいことは、
最初にやる。
 
 
(9)
 
飽きは、
改善のサイン
 
飽きていることは、
改善を加える。
 
 
(10)
 
褒められたことは紙に書こう
いつまでも消えないから
 
褒められたことは、
紙に書き留めておく。
 
 
(11)
 
積極的な行動に
精神的苦痛はない
 
消極的だから
精神的苦痛を感じる
 
真の積極的になり、
あらゆる精神的苦痛から
解放される。
 
 
(12)
 
私たちは
簡単に諦めすぎている
 
ヒットが出るまで、
膨大な挑戦を繰り返す。
 


 
(13)
 
人生では、
嫌われる覚悟が必要。
 
嫌われる選択肢も、
視野に入れる。
 
 
(14)
 
優しい人生にしたければ
あなたが優しくなければ
ならない
 
すべての人に、
優しく接する。
 
 
(15)
 
答えは、自分の中にある
 
 
(16)
 
有意義な時間とは
達成した瞬間より
「努力」している時間
 
実現に時間のかかる
ことを、喜ぶ。
 
 
(17)
 
悪口を言っていると
どんどん頭が悪くなる
 
褒め言葉を言っていると
どんどん頭が良くなる
 
褒め言葉を習慣にして、
語彙と表現力を
豊かにする。
 
 
(18)
 
他人の成果が
気になるのなら
自分に集中できていない証拠
 
他人の成果が
気にならないくらい、
自分に集中する。
 
 
(19)
 
口にする前に深く考え、
一度口にした言葉には
責任を持つ癖。
 
一度決断し、
発言した内容は貫く。
 
 
(20)
 
後悔する癖がついていると、
何をやっても後悔する。
 
後悔しない癖を、つける。
 
 
(21)
 
失敗してもいい。
大切なことは前向きに
行動すること。
 
うまくいくかどうか
分からないけれど、
とにかく行動して
結果を出す。
 
 
(22)
 
損をしたのではない
他人の分け前を増やしたのだ
 
 
(23)
 
自分らしく生きるとは、
好きなことをやっていく
ということ。
 
自分が好きなことをする。
 
 
(24)
 
あなたは人生に愛されている
だからあなたも、人生を愛そう
 
 
 
出典:HappyLifeStyle

人生の正しい生き方に気づく30の言葉
 
 
 
 
13020180701keihatu.png
 
 
■ 準備がよければ全て上手くいく!?
 
 
今回紹介させていただいた記事は、「HappyLifeStyle」さんから転載させていだきました。「仕事」、「健康」、「美容」、「恋愛」、「家庭」のことなど、人生をより良く生きるための学びが沢山ありまして、いつも色々と勉強させていただいます。
 
 
今回のまとめの中で特に学びとなったのが、(5)「実力の差は準備の差」です。これまで仕事の能率・効率を、執拗に求め過ぎていたのですが、肝心のその方法については、あまり自分で考えていなかったので、まさに目からウロコでした。
 
 
確かに準備不足で上手くいくわけがありません。準備不足は寝不足と一緒ですよね。これではいい仕事はできませんし、眠たい状態で仕事をすれば、ミスが生じやすくなるように、準備不足で何かをすれば失敗が多くなるのも当然です。すごく的を得ていると思います。
 
 
 
 
■ 一流の人たちは準備が凄い!?
 
 
イチロー選手をはじめ、多くのアスリートが「いい準備」を口にします。ここでいう「いい準備」とは、しっかりとしたヴィジョンがあって、それにふさわしい成功を手にするために前もって環境や態勢などを整えることですが、ここで大切なのがどれだけ明確な目標があるかです。
 
 
目標をしっかり決めないと、今なにをすべてきかが具体的に見えてこないので、あれこれ無駄なことが増えてしまい、いい準備とはかけ離れてしまいます。この状態で本番を迎えても良い結果を手にする可能性は低いでしょう。ですので、一流のアスリートたちは、良い結果を得るために、徹底的に準備します。
 
 
いい準備をするためには、無駄をできるだけ省かなければなりません。しかし、多くの方が明確な目標・目的をもたないため、無駄なことに労力を奪われてしいます。これではいい準備ができるはずもありません。
 
 
 
 
■ 仕事は8割は準備できまる!?
 
 
あなたは仕事の要領がいいほうですか?。自信をもって「自分は要領よく仕事をこなせる」といえる人は、それほそ多くありません。皆さん大なり小なり不安をかかえながら日々の仕事に取り組んでいます。実は要領よく仕事をこなすためにも「いい準備」が必要になります。
 
 
何をするにも行き当たりばったりでは、不安は小さくなるどころか、かえって大きくなってしまいます。そうならないためにも「準備」が必要です。仕事は、80%準備で決まるといったことが言われています。しっかり準備すればスムーズに仕事に取り組むことができます。
 
 
また、しっかり準備することによって余裕が生まれるので、仕事がやりやすくなります。もし仮にトラブルが起こっても、きちんと対応できるように、あらゆる事態を想定しておくと、実際にトラブルが起こっても、パニックにならずにすみます。いい準備をすることで仕事の質の向上も期待できます。
 
 
 
 
■ いい準備をする方法とは!?
 
 
いい準備をするには、上述したとおり出来るだけ目標・目的を明確にする必要があります。そうすると今やるべきことが具体的にイメージできるようになるので、それを徹底気にやれば良い結果がえられる可能性は高まります。
 
 
そのために大切なのが、やるべきことをきちんとリスト化することです。おすすめはメモ用紙程度の小さな紙にやるべきことを1枚につき1個書きます。そして、優先順位が高い順に番号をふり、リスト化します。こうすることでやるべきことを視覚化できます。
 
 
このようにリスト化することで、無駄なことをやらなくてすむので、徹底的に準備することができます。
 
 
 
 
12920180701keihatu.png
 
 
■ イチロー選手の仕事の準備がすごい!?
 
 
その道のプロで準備を怠っている人は、まずいないと思いますが、プロからも準備の凄さを称賛されているのが、イチロー選手です。集中力と練習量が他の選手よりを圧倒していたようです。ただ現場で一生懸命やるだけではダメなんです。
 
 
イチロー選手の場合は、練習の質を高めるために前日から当日なにをやるのか、明日の自分に伝えるかのように詳細でわかりやすくノートに書いてまとめていたようです。また、一番集中できて、効率的にできるかを常に考えていたようです。集中できる状態にあれば夜中にウエートしていたのだとか。
 
 
そして、イチロー選手は長いキャリアを通してケガでシーズンを棒にふるといったことが一度もありませんでした。大きなけがをしなかったのは、ストレッチの賜物です。試合当日だけでなく、身体を動かす前には必ず体の状態にあわせたストレッチを行っていたようです。さすがですね。
 
 
 
【画像】 Pinterest
 
「努力が最短で報われる方法」
 

 



『 こんな記事も読まれています 』