509.png                                                                                                                                                                                                                                                   
【 自分らしく幸せに生きる 】
 
 
「 雑用 」という
 
 用はございません
 
 
 
私たちが用を雑にした時に
 
雑用が生まれます
 
 
 
時間の使い方が
 
そのまま「 命の使い方 」
 
になります
 
 
 
丁寧に時間を使いますと
 
丁寧な人生が残ります
 
 
 
ぞんざいに
 
時間を使いますと
 
 
私の一生の中の
 
「ぞんざいな時間」
 
 として残ります
 
 
 
自分の人生を
 
どう生きてるか...
 
 
それは平凡な日々の時間を
 
どれほど愛をこめて
 
自分らしい時間にするか
 
ということにかかって
 
いるのです
 
 
 
他人と比べても
 
「 私 」の価値は
 
変わるものではありません
 
 
 
自分は自分
 
「オンリーワン」
 
として生きる
 
 
 
その自信をもつことが
 
大切だと思います
 
 
 
「親子」や「兄弟」
 
「夫婦」「親友」など
 
新しい間柄にあっても
 
相手を「知り尽くす」
 
ことはできません
 
 
 
自分の知らない
 
相手の世界を許す
 
 
 
あたたかい「心」が
 
必要になってまいります
 
 


 
私たちは一生心の波風と共に
 
生きていかなければなりません
 
 
 
人間は決して
 
自分の思い通りには
 
生きられません
 
 
 
その中で「 笑顔 」で生きるか
 
 
「 暗い顔 」をして生きるか
 
 
「 感謝 」して生きるか
 
 
「 愚痴 」の多い生活をするか
 
 
 
幸せに生きる自由も
 
不幸せに生きる自由も
 
私たち人間には
 
与えられております
 
 
 
「 渡辺和子さんの言葉より 」
 
 
『出典』 置かれた場所で咲きなさい
 
 
 
今回紹介させて頂いたのは、ノートルダム清心学園の理事長:渡辺和子さんの言葉です。残念ながら渡辺和子さんは、2016年12月30日に膵臓がんのため89歳で亡くなりました。
 
 
生前渡辺さんは格式と伝統のある同学園で理事長に最年少で就任されたさいに大変苦労されたようです。


理事長になると、毎日沢山の人達と接しなければなりません。


海外から取材がくるくらいなので、その数の多さが伺いしれます。


自分の仕事をこなすための時間を確保するのが大変だったようです。


上手くいかないときのほうが圧倒的に多いため、常に自己嫌悪状態だったとか...。


しかし、精神的にも肉体的にもギリギリのところまで追い詰められて決心します。


「一つ一つのことを心をこめて行おうと...」それにより、周囲の渡辺さんに対する見方が激変します。渡辺さんに対して協力的な態度を示す人が増えたんです。


そうすることで、理事長として恥じない活動ができるようになったようです。


やはり沢山の人達に動いてもらって一つの仕事が成立するんですね。
 
 



『 こんな記事も読まれています 』