720190801keihatu.png
 
 
【 仕事が楽しくなる24の言葉 】
 
 
(1)
 
仕事とは
するものではなく
極めるもの
 
仕事は、
するのではなく、
極める。
 
 
(2)
 
困難をチャンスと
言い換えるだけで
 
現実の受け止め方が
好転する
 
困難をチャンスと
言い換えて、
前向きに立ち向かう。
 
 
(3)
 
「もう無理」を
 
「まだできる」

に言い換えると
眠っている底力が
目を覚ます
 
 
(4)
 
小さな仕事を
大切にしない人は
 
大きな仕事は
できない
 
大きな仕事は
小さな仕事を
バカにする人には
回ってこない
 
 
(5)
 
一番やりたいことは
最初にしよう。
 
もったいぶっていると、
チャンスを逃す。
 
一番やりたいことは、
最初にやる。
 
 
(6)
 
つらいときに、
つらそうな顔を
してはいけない。
 
つらいときこそ
にこにこして、
ストレスを笑い飛ばす。
 
 
(7)
 
振り返る習慣を
やめればいい。
 
前しか見られなくなる。
 
過去を振り返らない
習慣を持つ。
 
 
(8)
 
会社や上司のために
仕事をするのではない
 
自分と社会のために
仕事をする
 
仕事は、会社や
上司のためではなく、
自分と社会のためにする。
 
 
(9)
 
寝るか忙しくすれば、
嫌なことを忘れる。
 
いらいらしたら
「寝る」か
「忙しく」する。
 
 
(10)
 
あなたが
避けていることに、
 
人生を変える
チャンスがある。
 
人生を変える機会として、
避けていることに
体当たりしてみる。
 
 
(11)
 
苦しいときは
自分に問いかける。
 
「ここで頑張らなければ、
 いつ頑張るのか」
 
苦しいときは
「ここで頑張らなければ、
 いつ頑張るのか」
 と奮い立たせる。
 
 
(12)
 
「頑張る」と
「無理をする」
 は、違う。
 
無理をしない程度に、
頑張る。
 

 
(13)
 
「私ならできる」
 と言い聞かせる。
 
暗示には、
潜在的な力の発揮を
促す効果がある。
 
心が熱くなるまで
「私ならできる」
と言い聞かせる。
 
 
(14)
 
現実を変えるのではない。
受け止め方を変えるのだ。
 
受け止め方を変える。
 
 
(15)
 
「積極的な人間関係」
でポジティブになる。
 
人間関係に
積極的になり、
ポジティブになる。
 
 
(16)
 
ネガティブな人は、
複雑に考える。
 
ポジティブな人は、
シンプルに考える。
 
シンプルに考える。
 
 
(17)
 
不安と恐怖は、
過去の暗い記憶によって
作り出されている妄想。
 
つらい過去のおかげで、
今の自分がいることに
気づく。
 
 
(18)
 
ポジティブは、
頭で考えるものではない。
 
顔から作り出していくもの。
 
ポジティブは、顔から作る。
 
 
(19)
 
好きな仕事ができるのなら
誰も分かってくれなくても
いいではないか
 
 
(20)
 
できないことは見ない。
できるところだけを
見つめる。
 
 
(21)
 
相手を変えようとすると、
うまくいかない。
 
自分を変えようとすると、
うまくいく。
 
まず、自分から変わる。
 
 
(22)
 
思いどおりに
ならないことは
 
「それでよかった」
と考えよう。
 
 
(23)
 
いつもより
早めに家を出れば、
気持ちも穏やかになる。
 
早めに家を出る
習慣を持つ。
 
 
(24)
 
他人と比べない。
いっそのこと、他人を見ない。
 
 
 
出典:HappyLifeStyle
 
仕事に疲れたときの30の言葉
 
 
 
3220180701keihatu.png
 
 
■ 仕事を楽しむために仕事を極める!
 
 
今回紹介させて頂いた投稿は、「HappyLifeStyle」さんから転載させていだきました。今回は仕事に対するマインドセットを良い方向へ変えてくれる素晴しい言葉です。
 
 
個人的に心に響いたのは、(1)「仕事とは、するものではなく、極めるもの」です。このように考えることが出来れば、日々の経験が全て糧になりますね。
 
 
また、仕事で上手くいかないときも当然あるわけですが、考え方ひとつで貴重な経験となりますので、これからはただ働くだけでなく、真剣に極めていきたいと思います。
 
 
 
 
3120180701keihatu.png
 
 
■ 仕事で培った経験が評価されない時代
 
 
最近はどこも効率化ばかりを求められて、経験を軽視する傾向が広がっているので、余計に働く人たちの働くための目的意識とやる気を奪っているように思えてなりません。モチベーションが低い職場で働くほどつらいものはないですよね。
 
 
とくに新しく入ってきた人たちは働きにくいです。初日からやる気を削がれてしまいます。ここでいうモチベーションとは、やる気とほぼ同じ意味ですが、「動機」「動機づけ」という意味がより強くなります。モチベーションは行動の原動力です。
 
 
モチベーションが低下すると、次第に物事が進まなくなります。そうすると何をやっても上手くいかないスランプに陥ります。仕事の効率が一気に落ちるので、ミスが生じやすくなり、周囲に迷惑をかけることになります。
 
 
 
 
2620190201keihatu.png
 
 
■ モチベーションを高めて仕事の効率を上げる!!!
 
 
そうならないためにも、自ら積極的にモチベーションを高く保たなければなりません。一番有効なのはきちんと目標を設定することです。目標がないと仕事に対する目的意識が低下してしまうので、ダラダラと目の前にある仕事をこなすだけになってしまいます。
 
 
細かく目標を設定してあげると、一つ一つをクリアしやすくなるので、達成する喜びを感じながら、仕事を進めることができるので、より大きなやりがいを感じることができるようになります。そして、可能であれば一つのことに集中することです。
 
 
複数の仕事を同時に進めると、一見効率がよさそうですが、目の前の仕事を進めるにあたって集中力が低下します。結果的に効率が悪化することになり、ミスも生じやすくなるので、可能であれば一つの仕事に集中し、終わってから、次の仕事に取り掛かりましょう。
 
 
 
【画像】 Pinterest
 
【画像】 wikiHow
 
「仕事が合わないので辞めたいです」