676.png                                                                                                                                                                                                                                                   
【 落ち込まない人になるコツ 】
 
 
起こった現実に対して
 
まず思うことは「 ありがたい 」
 
という感謝です
 
 
 
どんな現実が起ころうと
 
まず「ありがたい」と
 
思いましょう
 
 
 
楽しいこと
 
嬉しいことだけでなく
 
 
 
悲しいこと
 
つらいこと
 
痛いことも
 
「 ありがたい 」
 
 と考えてしまうのです
 
 
 
ありがたいと思った「瞬間」
 
受け止め方が変わります
 
 
 
現実をプラスに
 
受け止めようとする
 
魔法の言葉です
 
 
 
先生から叱られることがあっても
 
「 ありがたい 」と考えます
 
 
 
すると ただ悲しく
 
つらいだけの現実の中に
 
感謝を見つけることができます
 
 
 
叱られることで
 
大切なことに気づくことができ
 
自分を高めることができます
 
 


 
 
次から「改善」することが
 
できるからです
 
 
 
言われなければ
 
いつまでも分からないままで
 
いたことでしょう
 
 
 
叱ってくれる人は
 
あなたに嫌われてもいいから
 
教えようとしてくれているのです
 
 
 
ありがたいのです
 
 
 
そう思えない現実があっても
 
 
 
とにもかくにも
 
まず「ありがたい」を
 
口にしましょう
 
 
 
思うだけでなく
 
実際に声に出して言います
 
 
 
声に出して言い始めると
 
起こった現実をプラスへと
 
受け止めることができる
 
ようになります
 
 
 
はじめは無理やりでも
 
かまいませんから
 
 
 
プラスへと受け止め方を
 
変えましょう
 
 
 
それが落ち込まない
 
「 人 」になるコツです
 
 
 
出典:「HappyLifeStyle」
 
落ち込まない人になる30の方法
 
 
参照:小さなことに落ち込まない こころの使い方
 
 
 
14.png
 
 
■ いつまでも落ち込んでいられない!?
 
 
今回紹介させていただいた投稿は「HappyLifeStyle」さんから転載させていだきました。落ち込まないための方法が分かりやすく解説されています。
 
 
仕事で失敗したり、嫌なことがあったりすると当然落ち込みますよね。私は今でも結構引きずるタイプなので、中々立ち直ることができません。落ち込んだ状態でいい仕事はできません。いかに今日をやり過ごすかで手一杯になります。
 
 
しかし、責任が大きくて重要度の高い仕事をまかされたりすると、そうもいっていられません。いい仕事をするためにも落ち込んだ状態から、いかに早く立ち直るかが大切です。ですので、そうした方法を模索していたので、今回のまとめも非常にためになりました。
 
 
 
『 自己嫌悪から一気に脱け出す方法【精神科医・樺沢紫苑】 』
 

 
 



『 こんな記事も読まれています 』