8.png



今回ご紹介させていただく動画は
ガンの温存療法で有名な近藤誠医師が、
金スマに出演されたさいのものです。


「医者に殺されない47の心得」が、
出版されたときは驚きました。


医療界だけでなく、色々なところから、
反発があったようなのですが、
最近は見直される動きもでています。


今回は映像がなく、音声だけなのですが、
お時間のあるときにでもじっくり
見ていただければ幸いです。







■検診でガンが発覚しても放置する?



「ナレーション」

あなたはこんな言葉を信じますか?


「ガンは手術するな」

「抗ガン剤は効かない」

「ガン検診は受けるな」


こんな持論を展開しているのは、
元大学病院の医師近藤誠


30年間日本人の死因第一位
3人に1人がガンで亡くなるという
統計が出ている中で...


医療界の常識を覆す数々意見を
三十年間訴え続けてきた異端の医師


彼は乳がんの治療で乳房を
全摘出するのは当たり前だった時代に


ガンの部分だけを切り取る温存療法を
日本に広めた魁(さきがけ)でもある


これまで著書を30冊以上も出版し
常に注目を集め続け...


二年前に発売された...
「医者に殺されない47の心得」は
「108万部」のベストセラーに


さらにがん治療における先進的な意見
を一般人にもわかりやすく発表し続け
てきた功績をたたえるとして、
菊池寛賞を受賞した


しかし、彼の意見は医療界から間違って
いるという指摘も多い



「近藤医師」

かなり理解されにくいと思ってる



「ナレーション」

そんな彼にもっとも異端と言われる理論は
ガンには本物のガンとガンもどきがある


ガンの9割は治療をするほど命を縮める
放置が一番。そして、我々は彼の言う
とおりにガンを放置している
患者にも取材を...



「患者さん」


(Q:食道ガンの方は、
 なんか小さくなっている)

小さくというか
消えたらしいんですよね



「ナレーション」

なんとガンが消えてしまったという
一体これはどういうことなのか?


そして、なぜ近藤は、これらの治療法
を提唱するようになったのか?



「中居さん」

さぁ、先ほどのVTRにもありました
けども、手術はしなくていい、
抗がん剤は効かないじゃないかと...



「近藤医師」

まぁそうですね。



「中居さん」

コレは分からないですよね?



「出演者」

私の父が21年前に、
やっぱりガンで亡くなった
もんですから、今の3つ全部
やってるわけですよ


一年間で3回も手術を
受けたんですね



「安住さん」

私たちも最初聞いた時は嘘だろ?


そんなわけはないと誰もが思うん
ですが、先生の言いたいことを簡単
にまとめると、こちらです。


「がんは原則放置した方がいい」



「中居さん」

ほんとですか?


「近藤医師」

はい。症状がない、自覚症状がなくて
生活の質がいい、健康でご飯も美味しいと


そういう人に人間ドックとか健康診断で
ガンが見つかってしまった場合、
これはもう放置したほうがいいですね。



「中居さん」

申し訳ないですけど
まだその勇気がわかないですね



「近藤医師」

はい



「安住さん」

少しまとめてみることに
いたしましょう


根拠一つね、こちらです


ガンには「本物のガン」と
「ガンもどき」があるから



「ナレーション」

そもそもガンとは遺伝子変異によって
異常増殖する細胞集団


つまり悪性腫瘍のことをいう


ガン自体に毒性はなく
死亡するのは腫瘍が重要な臓器に転移し


呼吸や食事、解毒作用などに
障害を及ぼしてしまうため


だが近藤医師によると
ガンの中にも他の組織への侵攻
転移性がないものがあるという


これをガンもどきと呼んで区別し、
治療は必要ないというのだ。



「出演者」

腫瘍とポリープっていうのも
これまた言い方が違うだけで
これはガンなのかっていうのも...



「近藤医師」

いえいえ、ポリープって
いうのは「良性」なんですね


腫瘍というのも単にそれは
何か塊があるってだけで
その中にはポリープも入って
きてしまうんですね



「中居さん」

「悪性」とか「良性」
 とかっていいますよね


それが本物のがんとがんもどき
とっていうのは...



「近藤医師」

それはまた違うんです


良性病変というのは
それはガンではないわけですから



「中居さん」

元々ガンではない



「近藤医師」

ええ、ガンの中にさらに
タチのいいのと悪いのが別れると...



「中居さん」

ガン患者、放置している方、
どれくらい診られてきたんですか?



「近藤医師」

いろんな部位のガンで、
数年以上診た方が150人くらい



「中居さん」

その結果どうなってますか?



「近藤医師」

ほとんどの方は生存中ですね

最長24年間乳がんの方を
診てますけども、●●くらいで
発見された方で、何も起こらない



「中居さん」

何の治療も施してないんですか?



「近藤医師」

何もしてない


「中居さん」

お薬もあげてない
抗がん剤もしていない
放射線もしていない



「出演者」

体調とかも悪化したりとか...



「近藤医師」

してません



「出演者」


放置した分何かしなくちゃ
いけないこともあるんですよね?


例えば食生活を見直すとか



「近藤医師」

いえ、別に何もないです



「出演者」

えっ?ほんとにほったらかし?



「近藤医師」

はい



「出演者」

楽っちゃ、楽ですけど...



「近藤医師」

まだ怖いですね


自分がなりました...



「近藤医師」

いみじくもおっしゃったように
その不安感があるために、
がんが発見された場合


何かしなきゃいけない
って気持ちになる


で、今ガンを治療している
究極の根拠っていうのが
安心感を得るためなんですね


私が診てきた150人以上の
患者さんの大分部分がガンもどきと
思われるんですけども


何年診てても、そういう方々は
転移が出てこないんですね


逆に小さくなったり
消えたりする方もいます



「ナレーション」

東京渋谷、ここに近藤氏による
担当医以外に養生や治療方針を
求めるためのセカンドオピニオン
専門外来がある...


特別に許可をもらい
近藤氏のいうとおりガンを
放置している患者さんに
合うことが出来た



「患者さん」

こんにちは、え〜〜
三度目のセカンドオピニオン
お願いします



「ナレーション」

後藤光一さん(仮名)65歳。



「近藤医師」

向こうからの紹介状は?



「患者さん」

はい、どうぞ



「近藤医師」

え〜っと去年4月頃に健康診断で...



「患者さん」

ええ、ちょうど
一年ちょっと前ですか...



「近藤医師」

胃がんと食道がんを
発見されたんでしたっけ?



「患者さん」

そうです。そうです

自分では「自覚症状」が
全然ないんですよね



「ナレーション」

こちらが後藤さんの診断書


昨年4月に進行性の胃がん
「早期の胃がん」2ヶ所
食道がんが2ヶ所見つかった


当時近藤氏の本を
読んでいた後藤さん
自覚症状がなかったため
手術を拒否し、放置を選択した


昨年12月近藤氏のもとを初訪問


経過を報告し
意見を聞いてきたという
すると今年5月



「近藤医師」

5月21日に貧血になった



「患者さん」

貧血っていうか
あの大量に●●●●●が
出たんですよね



「近藤医師」

連絡があったから
それはあの、胃がんから
出血しているはずだから
それは止めてもらいないさいと


病院に言って内視鏡で
止めてもらいなさいという
お話をして、最初は胃がんの
部位から出血して



「ナレーション」

こちらが内視鏡の写真


胃がんが一年間で1cmほど
大きくなり、出血していた


病院での診断によると
「ステージ3」状況に合わせて
このように対処を提案する近藤氏


だがしかし、ガンの変化は
それだけではなかった



「近藤医師」

検査をしたら食道がんのほうは
何か小さくなっていた



「患者さん」

ええ、小さくっていうか
消えたらしいんですよね...



「ナレーション」

なんと!食道がんが消えたのだ


診断書には胃がんの
文字しか載っていない



「近藤医師」

元々ね、あの比較的
初期のガンだったんで


そういう風に消えてしまう
ことも不思議はないですけどね


ただし、胃がんのほうは
若干大きくなってた



「患者さん」

ですよね



「近藤医師」

でまぁそのままにして



「ナレーション」

そして近藤氏の指示により病院へ
クリップという処置をして止血


だがガンに対する治療は
やはり行わなかった


ここで後藤さんに話を聞いてみた



「患者さん」

(Q:放っといている間は、
  不安だな〜とかは
  思わなかったんですか?。)
  

本当にね、それは一切なかったですね


あの自覚症状そのものが
ありませんからね

まぁ〜痛いとかね、何かあれば
ちょっと変わったのかもしれませんが

痛くもなんともないのににね。

だからこのまんま


(Q:これからもこのまま放置を
  続けるつもりですか?。)ですね
  
  
私はだからあの
治るとは思っていないんです現在も


もう何年か、もう何年か
え〜1年か、3年か、5年か
あるいは10年ね、長生きする
可能性もあるんだろうと
思ってるんですね





動画の内容はここまでです。


近藤医師は、今のがん手術、抗がん剤治療
を全否定しているわけではありません。


有効な場合もあるとしていますが、
自覚症状がなく、検診などでがんが
発覚した場合は、放置がいいとしています。


温存療法の良い部分が医療界に浸透する
ことによって、患者さんの選択肢が
増えることは、決して悪いことでは
ないと思っています。


いつも本当にありがとうございます。
ぜひブックマークしていただきたく、
何卒よろしくお願いします。





『 こんな記事も読まれています 』