230190801keihatu.png
 
 
【 やる気で人生が飛躍する7つの方法 】
 
 
(1)「今日1日を最高傑作にすると決める」
 
 
人生とは今日である。この先で待っている「時間」のことではない
 
 
目の前にある「今日1日」がいかに大切であるかに気づいたとき、人は本当の「やる気」を持つことができる。
 
 
 
(2)「小さな変化から始める」
 
 
自分は未完の「傑作」だと思うなら、小さな変化を大切にしなければならない。
 
 
身体を鍛えたいならエレべーターを階段に替えることから始める。
 
 
健康になりたいならランチにサラダや果物を取り入れて少しずつ「食習慣」を改善する。それだけで立派な変化だ「 理想 」に向かって着実に歩んでいる
 
 
 
(3)「小さな過程の目標をたくさん作る」
 
 
小さな目標を決める人はそうでない人よりも幸せになれる。
 
 
それは周りに振り回されず自分の1日を自分でコントロールしているという感覚が深まるからだ。
 
 
 
(4)「大きな仕事にはのろのろと取りかかる」
 
 
大きな仕事というものは永遠に片づかないような気がするものだ。その仕事を最後までやり切ることを想像するだけでうんざりしてやる気なんて出るわけがない
 
 
こんなときにモチべーションを高めるいい方法がある。自分が世界一の怠け者になったつもりでその仕事に取りかかるのである...
 
 
不思議なことに気合いを入れててきぱきと仕事に取りかかるより、ゆっくり始めるはうが仕事は早く終わるのである
 
 
 
(5)「心配を行動に変える」
 
 
気になる心配事を5つ書き出してリスト化する心配事1つにつき5分具体的な行動をする。
 
 
行動は短時間で簡単な行動でいい。そんな小さな行動を取るたびに恐怖が消えていくはずだ。
 
 
恐怖と行動は共存できない行動があるところに恐怖は存在しないのだ。
 
 
 
(6)「自分の真の実力 のことは考えない」
 
 
「自分にその力はあるのか?」ということばかり考えていると行動する前に疲れ果ててしまう。それに「その力があるのか」を考えても結論は出ない結論は、やらなければわからないのだ。
 
 
「あなたの真の実力」がどうであろうと、とにかく行動することならできる。つまり「行動」はあなたの真の実力など気にしないのだこの事実を忘れないようにしよう。
 

 
(7)「自分が死ぬ日のことを想像する」
 
 
死を意識することが究極のモチベーションアップになる。「 自分がもうすぐ死ぬ 」という場面を想像する。そのときの自分の感情を具体的に思い描く。
 
 
あなたの大切な人が1人ずつあなたを訪ねてくる場面を「想像」する。彼らに「死ぬ前」に伝えたいことを考える。それを声に出してはっきり言う。
 
 
出典:「自分を変える89の方法 」
 
著者:「スティーヴ・チャンドラー」
 
出版:「ディスカヴァー21」
 
画像:「上杉鷹山の名言」
 
 
 
2120180701keihatu.png
 
 
■ やる気が削がれてませんか?!
 
 
今回ご紹介させていただいたこちらのまとめは、5年ほど前に出版されたスティーヴ・チャンドラーさんの著書:「自分を変える89の方法 」から一部転載させていただきました。
 
 
スティーヴ・チャンドラーさんは、「フォーチュン500企業」に多くのクライアントを持つ世界的に著名なビジネスコーチで、日本でも翻訳された著書が勉強家のビジネスパーソンを中心に人気があります。
 
 
仕事にかぎらず、何か行動を起こす上で「やる気」=「モチベーション」は、非常に重要ですが、日々の暮らしの中には「やる気」を削がれてしまう障害のようなものが沢山ありますよね。
 
 
 
 
2320180701keihatu.png
 
 
■ 不安がやる気をそぐ原因!
 
 
しかし、障害をやらない言い訳にしても、決して前に進むことは出来ませんので、自分で何とかやる気を奮い立たすしかありません。今回のまとめは、その方法が分かりやすく解説されているわけですが、精神論は一切ありません。
 
 
ですので、どなたにも取り組みやすいメソッドとなっているわけですが、この著書が出版された当時個人的に大きな学びとなったが、「(5)の不安を行動にかえる」です。不安なことを頭の中でひたすら考えるのではなく、一度紙に書き出すのがポイントです。
 
 
確かに頭だけで考えようとすると不安なことを考えてしまいます。そして、考えれば考えるほど不安が大きくなり、どんどん苦しくなります。そして、失敗を恐れて適切な行動することができなくなってしまいます。これは大きな機会損失です。
 
 
 
 
2020180701keihatu.png
 
 
■ 紙に書き出すと不安が減る!
 
 
「失敗するかもな」と思いながら行動したら、上手くいくものも上手くいかなくなります。ですので、不安がよぎったら、「不安なことを考えるのは時間の無駄!」と、自分に言い聞かせて一旦考えるのをやめることです。
 
 
それでも脳裏に不安がよぎった場合は、「それいらないいらない!」と声に出して言いながら不安から離れます。できればウォーキングや軽めのジョギングで体を動かすことをおススメします。体を動かすことで気持ちが前向きになるので、不安が徐々に消えてきます。
 
 
不安なことを頭から追い出したら、やるべきことを具体的に紙に書き出します。私自身それまで頭の中だけで処理していたことを紙に書くことに置き換えたことで不安なことを考える機会が減ったため、自然と前向きな行動がとれるようになりました。
 
 
 
 
5220190201keihatu.png
 
 
■ 不安が減ると前向きに行動できる!
 
 
おっかなびっくりではありますが、行動すれば一歩一歩確実に進みます。行動することで問題が少しずつ改善されると、不安が自信に変わるので、やる気が高まっていくのを実感できました。あとはゴールに到達するまで継続するだけです。
 
 
目的意識をハッキリさせるには、紙に書くのが一番です。書くことでどんどん具体的になっていきます。脳に良い刺激を与える方法としてこれほど即効性のあるものはありません。そのすごすぎる効果を実感してから、手帳に毎日色々なことを書きまくっています。
 
 
今回のまとでが、あなたがどのような状況に陥っても、決して悲観することなく淡々と「やる気」を高めていただければ幸いです。そして、これまで以上に仕事とプライベートのを両方を楽しみましょう。
 
 
 
【画像】 Pinterest
 
【画像】 wikiHow
 
 
目標を立ててもやる気がでません