8720190701keihatu.png
 
 
【 毎日が明るく輝く24の言葉 】
 
 
(1)
 
神様は、
苦手な人に変身して、
あなたの前に登場する。
 
苦手な人は、人に変身した
神様だと考える。
 
 
(2)
 
明るい毎日を送るための
キーポイントは「人間関係」
 
人間関係を、大切にする。
 
 
(3)
 
楽しいことを
しなくても、
 
楽しいことを
考えているだけで、
次第に明るい気分になる。
 
気分を上げるために、
楽しいことを想像する。
 
 
(4)
 
転んでも
起き上がるだけ
 
人生に転んでも、
起き上がる。
 
 
(5)
 
とにかく挑戦が大切
やってみると
意外に簡単
 
毎日こつこつ
努力をする。
 
とにかく
挑戦してみる。
 
 
(6)
 
嫌なことが
あったときは、
意味のあることと
考える。
 
嫌だなと思うことは、
自分にとって
「意味のあること」
 と考える。
 
 
(7)
 
何事も、否定しない
ようにする。
 
すべてに対して、
否定しないようにする。
 
 
(8)
 
性格改善は必要ない。
ありのままを出せばいい。
 
ありのままの自分を、
そのまま長所に変える。
 
 
(9)
 
悩むのは、向上心が
ある証拠だ。
 
悩みの本質は、
向上心であることに、
気づく。
 
 
(10)
 
足りないのは、
自分を褒める習慣。
 
「自分で自分を
 褒める習慣」を持つ。
 
 
(11)
 
諦めない心こそ、
本当の才能。
 
「才能」より
「諦めない心」を持つ。
 
 
(12)
 
すべて
うまくいかないときは、
 
神様からの「休憩しろ」
というメッセージ。
 
すべて
うまくいかないときは、
少し休憩する。
 


 
(13)
 
「意味のあることを
 見つけること」が
「成長する」ということ。
 
「意味のあること」
 を見つけ、
 
それを「成長」に
つなげる。
 
 
(14)
 
見返りを期待しないほうが
落ち込みにくくなる。
 
「相手に喜んでもらい、
 笑顔が見たい」という
 純粋な動機を持つ。
 
 
(15)
 
一度に多くのことに
手を出さない。
 
確実にできる
1つのことから始める。
 
確実にできることから、
始める。
 
 
(16)
 
比べる人は、
他人とではなく、
「過去の自分」
 
他人と比べるのではなく、
過去の自分に対して
比べる。
 
 
(17)
 
物に優しい人は、
人に優しい人。
 
物への思いやりを、
大切にする。
 
 
(18)
 
明るい性格になるためには、
本来あるべきあなたを
「素直」に出せばいい。
 
 
(19)
 
素直な自分になれない原因は、
見栄やプライドが
邪魔をしているから。
 
 
(20)
 
明るい口癖が、
明るい性格に変えていく。
 
暗い言葉遣いは、
明るい言葉遣いに、
言い換える。
 
 
(21)
 
1人に嫌われたくらいで、
大げさに考えない。
 
世界には、
まだ70億人以上もいる。
 
 
(22)
 
むかつく人との出会いは、
自分の器を大きくする
チャンス。
 
むかつく人との出会いを
反面教師にする。
 
 
(23)
 
人間関係が嫌になれば、
切るのではなく、
距離を置く。
 
 
(24)
 
人間関係の最大のコツは、
相手にも自分にも、
完璧を求めないこと。
 
人間関係で、
相手や自分に完璧を
求めるのはやめる。
 
 
 
出典:「HappyLifeStyle」
 
明るく楽しく毎日を送る30の方法
 
画像:相田みつをさんの名言
 
 
 
520180801keihatu.png 
 
 
■ 近道を選び続けて大失敗!
 
 
今回紹介させて頂いた投稿は「HappyLifeStyle」さんから転載させていだきました。仕事、恋愛、趣味などの人生にまつわる色々な学びを提供してくれる素晴しいサイトです。今回のまとめは人間関係を中心に毎日どのように生きるべきかを分かりやすく説いています。
 
 
人生中々自分の思ったようにいはいきません。しかし、その原因は自分にあります。私の場合は、小さいことをコツコツと積み重ねていくことをせずに、大きな成果を得ようとしていたことで、これまで数々の失敗を犯してきました。
 
 
失敗しても、自分だけの問題ですめばいいのですが、大抵他の人を巻き込んでいるので、今回のまとめを読んで猛烈に反省しております。色々なことにチャレンジするのはいいですが、あまりにも短期間で期待する成果を出そうという思いが強すぎて、その結果として遠回りすることになりました。
 
 
 
 
720180801keihatu.png
 
 
■ 仕事=人間関係!
 
 
期待する思いが強ければ強いほど期待した結果が得られなかったときのショックは大きいですし、引きずるといつまでも苦しいままで動けなくなります。人に迷惑をかけすぎてしまっているわけですから、嫌でも周囲の目を意識しながら行動せざるえなくなります。
 
 
しかし、失敗して周囲の人たちに迷惑をかけてしまったことによって、人間関係の大切さをあらためて知ることができました。それまでは嫌な人を出来るだけ避けていましたが、色々なことを学ばせてもらっている最高の反面教師と考えるようになってから、嫌なことが激減しました。
 
 
また、一つ一つのことをこれまで以上に心を込めて行うようになってから、周囲の目が変わり、同じ職場の人たちと以前よりも話しやすい状態になりました。おかげで仕事が楽しくなり、地道にコツコツやることが苦にならなくなりました。
 
 
 
 
14320190201keihatu.png
 
 
■ 「誰からも好かれたい」はNG!
 
 
「誰からも好かれたい」と考えてしまうと、相手の顔色ばかり窺って、自分らしさを忘れてしまいます。人目をきにしてばかりいては、人間関係の不安を駆り立てるだけです。気がつけば人間関係そのものががんじがらめになって、自分を苦しめることになります。
 
 
そうならないためにも、「誰からも好かれたい」をやめて、「誰からも好かれるなんて無理!」「苦手な人から嫌われてもいい!」と、人間関係に対する考え方を変える必要があります。嫌われてもいいと、覚悟するだけで人間関係に関する悩みや不安は半減します。
 
 
「誰からも好かれたい人間は、誰からも好かれない」と考えてください。そうすれば「嫌われる勇気」が次第に芽生えてきます。そうすると苦手な人との距離もしっかり取ることができるので、仕事のストレスを大幅に抑えることができます。
 
 
 
 
820180505renai.png
 
 
『人から嫌われたくないと思えば思うほど人生が辛くなる!』
 
 
とはいっても、いきなり「嫌われてもいい」とは思えないですよね。特に人目を気にしすぎている人は難しいです。ですので、まずは「人から嫌われたくない」と思い続けるデメリットについて考えてみましょう。「人から嫌われたくない」と思えば思うほど人を好き嫌いで判断してしまいます。
 
 
そして、その思いは表情や行動に現れてやすいので、相手にも伝わります。そして、嫌いな人には特に伝わりやすいです。そうなると嫌いな人はあなたに対して、さらに嫌な態度をとるようになってしまいます。また、「人から嫌われたくない」という思いが強いほど人目が気になってしまいます。
 
 
そうなると「なんであのときあの人はあんなことを私に言ったんだろう?」といった具合に嫌いな人の態度や言動を一々考えてしまいます。これでは心が休まる暇がありません。そうならないためにも、まずは「人から嫌われたくない」という八方美人的な考えから卒業しなければなりません。
 
 
 
【画像】 Pinterest
 
嫌いな人と上手に付き合う方法
 

 



『 こんな記事も読まれています 』