3120191101keihatu.png
 
 
【 楽しく笑って生きる7つの法則 】
 
 
(1)困ったことは起こらないと知る
 
 
困ったことは起こらない!!
 
 
というのは困っているように
見える人がいたとしたら
それは「学んでいる」人なのだ
 
 
人は本当に困らないと学ぶことができない
 
 
お金を失いおちぶれて
初めてお金のありがたみを知る
 
 
友達をなくして初めて
友情のありがたみを知る
 
 
だから困っている人を見ても
「困っている人だ」
と考えてはかわいそうだ
 
 
「ああ この人はいま
 一生懸命学んでいるのだ」
 と考えてあげよう
 
 
 
 
(2)相手の機嫌ではなく
   自分の機嫌を取ろう!!

 
 
人間関係が上手くいかないという人
 
身体の調子が悪いという人
 
共通する問題として周囲に気を遣って
どこかで人の機嫌を取っているものだ
 
 
家族や職場の同僚や上司に
機嫌の悪い人や怒りっぽい人がいて
 
 
つい「大丈夫?」「どうしたの?」と
機嫌を取ったり、上司の顔色を見て
仕事をしたりしていないだろうか
 
 
相手は相手の都合で勝手に機嫌が
悪いのだと割り切って...
 
 
相手に合わせるのはやめて
自分の機嫌を取ろう
 
 
自分だけはニコニコ
していることが大切だ
 
 
「しあわせだね」
 
「ハッピーだね」
 
「ツイてるね」
 
と自分の機嫌を取り続けよう
 
 
機嫌が悪いことは「悪」なのだ
 
そして機嫌が悪い人が世の中を
 
リードしていくことはできない
 
 
 
だからいつもニコニコと自分の機嫌を取り
自分を「ツイてる」と考えよう
 
 
そして機嫌の悪い人のことは放っておこう
 
 
 
 
(3)人を笑顔にして「人徳」をつけよう
 
 
「あの人には人徳があるよね」
 そう言われる人物になりたいものだ
 
 
どうすればそうなれるのか?
 
 
それは...「人の心が軽くなることや
心が明るくなること」をたくさんする人だ
 
 
 
そのためにはまずは
いつもニコニコ笑顔でいよう
 
 
自分が笑顔だと周囲の人の心が
軽く明るくなる
 
 
そして周囲の人の笑顔で
自分はもっと心が明るくなる
 
 
これが人徳を積むためのスタートだ
 


 
(4)ライバルよりも
   負けているところを見よう

 
 
負けたくない商売や
勉強のライバルがいる
 
 
その相手の弱点ばかりを気にして
「わが社はあの会社より
 こんなところで勝っている」
 と 考えてはいけない
 
 
そこで進化が止まり
謙虚さがなくなり
あら探しばかりに
心が向いてしまう
 
 
逆のことを考えよう
 
「私が相手より負けている
 ところはどこだろう」
 
 
といつも考えるのだ
すると自然と目線が高くなる
 
 
「あの会社の社長は
 こんな素晴らしい
 ことをしているんだ」
 
自分の日々の行ないを正そうと思う
 
 
「あいつこんな
 凄いことやってるんだ
 俺も真似して頑張らなきゃ」
 
と考えれば 相手に対する
敬意が湧いてくる
 
 
ビジネスも勉強もライバルとは
殺し合うのではなく...
 
「 生かし合う 」
この根本を忘れてはいけない
 
 
 
 
(5)人からの注意
   には真剣に耳を傾ける

 
 
人生がうまくいっている人と
うまくいっていない人の
差はごく僅かだ
 
 
だからこそ
年上や目上の人からの
ちょっとしたアドバイスや
指摘には真剣に耳を傾けよう
 
 
注意する側は
あなたの至らない点を何とかして
うまくいく人生といかない人生の「僅差」
を埋めてあげようとしているのだ
 
 
「自分で気がつかない
 ところを気づかせてくれて
 ありがとうございます」
 
 
この一言が言えるかどうかがとても大切
 
 
この一言が言えれば
あなたは人生をアドバイスしてくれる
「マスター」を手に入れることができる
 
 
 
 
(6)「指導され力」を身につけよう
 
 
年上や目上の人があなたを注意するとき
どんな気持ちで言っているかを考えよう
 
 
できれば言いたくない
言いにくいなと思いつつも
あなたを良くしたいと思い
アドバイスしているはずだ
 
 
そんなときに言われたことに
腹を立ててブスッとしてしまったら
注意してくれた人はどう感じるだろう
 
 
そこを考えて行動しなければならない
特に年齢が上がり仕事の立場も強くなると
「指導する側」に立つ人も多いだろう
 
 
でも普段は指導する立場の人でも
もっと年上の人や目上の人がいる
 
 
自分が偉くなったと勘違いして
注意してくれた人に対して
腹を立ててはいけない
 
 
偉い人を注意することこそ
一番したくないし
しにくいことなのだと
気づかなければならない
 
 
「指導され力」は
年齢や立場が上の人こそ
意識して身につけたいものだ
 
 
 
 
(7)本当の意味での「大人」になろう!
 
 
自分のことしか考えない人
 
 
自分と相手のことしか考えない人
 
 
身体は大きくなって歳を取っても
そんな人は「大人(たいじん)」ではなく
「小人(しょうじん)」だ
 
 
例えばパーティー会場で自分の業績に対し
嫌味を言ってくる人がいたとする
 
 
その時にその嫌味に腹を立てて
言い返したりするのは「小人」の対応だ
 
 
パーティー会場には自分と相手以外にも
沢山の人がいてあなたの言動を見ている
 
 
そんなときはその相手のことを立てて
褒めるくらいのことをしてみれば...
 
周囲でハラハラしていた人たちの
心がふわっと軽くなる
 
 
そしてそういう良い気分にさせてもらった
人たちはあなたのことを...
 
「あの人の対応は大人だね
 俺だったらあんなこと言われたら.
 ムッとしちゃうところをスッと
 かわしたね」と言うようになるだろう。
 
 
 
− 斎藤一人さん −
 
画像:田口久人さんの名言
 
 
 
81.png
 
 
■ ありがとうは最高の幸せ言葉!
 
 
今回は、実業家としても有名な斎藤一人さんの著書:「世界一幸せになれる7つの魔法」から一部転載させていただきました。この本では、幸運体質になるための言葉の使い方が分かりやすく解説されています。
 
 
ちなみに斎藤一人さんといえば「ツイてる」など天国言葉を使うことによって、身の回りにある小さな幸せに気づける幸運体質になれると、ご自身の著書や講演会などで説いていますが、確かに言葉にはそれだけの力がありますよね。
 
 
中でも凄いのが「ありがとう」です。ちなみに元格闘家の須藤元気さんも「ありがとうございます」という言葉を繰り返し言うことで、ありがとうといいたくなるような、自分にとって良いことが起こりやすくなるといっています。
 
 
 
 
■ 落ち込んだらプラスの言葉で乗り切ろう!
 
 
私の場合は、仕事で失敗して落ち込んでいるときや疲れが溜まって元気がでないときに「良い言葉」を積極的に使うようにしています。例えば職場の人たちと接するときにポジティブな言葉で相手を褒めたり、「ありがとう」を意識して積極的につかいます。
 
 
そうすることによって、次第に気分が良くなります。脳は相手と自分とを区別することが出来ません。ですので、仮に相手に対して言った言葉でも、脳は自分に言っていると勘違いしてしまうのです。ですので、普段使う言葉できるだけポジティブな方がいいです。
 
 
そうすることで、脳が勝手に明るく前向きになる状況に導いてくれます。逆にネガティブな言葉は口にしないほうがいいでしょう。言葉は全部自分にかえってくるので、普段口にする言葉には十分気をつけたいですよね。
 
 
 
 
■ 言葉には凄い力がある!
 
 
普段なにげなく使っている言葉を侮ってはいけません。日本に「言霊(ことだま)」と言って、言葉には魂が宿ると言い伝えられています。いい言葉にはポジティブのエネルギーがあり、また悪い言葉にはネガティブなエネルギーがあるため、言葉の使い方次第で運命が決まってしまうのです。
 
 
考えてみてください。普段あなたが何気なく使っている言葉を、一番最初に聞くのは他の誰でもない、あなた自身なので、他のだれかと喋っていたとしても、無意識のうちに潜在意識に語り掛けていることになります。つまり自分で自分に自己暗示をかけているようなものです。
 
 
いい言葉であれば問題ありませんが、悪い言葉を感情にまかせて使いまくると日常生活の様々な場面でトラブルとなって現れます。場合によっては心と体に悪い影響を及ぼすこともあるので、普段から意識していい言葉を使う必要があるんです。
 
 
事実、斎藤一人さんや小林正観さんのようないわゆる成功者と称される人の中には毎日意識して「ありがとう」のような言霊レベルの高い言葉を呪文のように何度も唱えている方が少なくありません。それほど言葉は私たちの人生に大きな影響を及ぼします。
 
 
 
 
254.png
 
 
■ 指導され力を高めて指導力を高める!
 
 
ちなみに今回一番大きな学びとなったのは、(6)「指導され力」を身につけよう、です。自分のやり方でやりたいと思いがちですが、しっかり教えてもらえるようにならないと、教える立場になったときに上手に教えられませんね。これは最近痛感しています。
 
 
私も人を指導する立場になったので、これからは全ての人たちを心の師とし、指導され力を高めたいと思います。
 
 
 
幸せの道(100回聞き)【斎藤一人さん】
 

 



『 こんな記事も読まれています 』