474.png
 
 
 
 
【 素直な心で幸せになる10の法則 】
 
 
(1)「私心にとらわれない」
 
 
私利私欲にとらわれる
 
ことのない心
 
 
私心にとらわれる
 
ことのない心
 
 
 
(2)「耳を傾ける」
 
 
だれに対しても
 
何事に対しても
 
謙虚に耳を傾ける心
 
 
 
(3)「寛容」
 
 
万物万人いっさいを
 
ゆるしいれる広い寛容の心
 
 
 
(4)「実相が見える」
 
 
物事のありのままの姿
 
本当の姿、実相という
 
ものが見える心
 
 
 
(5)「道理を知る」
 
 
広い視野から物事を見
 
その道理を知ることのできる心
 
 
 
(6)「 すべてに学ぶ心 」
 
 
すべてに対して学ぶ心で接し
 
そこから何らかの教えを
 
得ようとする謙虚さを持った心
 
 
 
(7)「融通無碍」
 
 
自由自在に見方、考え方を変え
 
よりよく対処してゆくことの
 
できる融通無碍の働きのある心
 
 
 
(8)「平常心」
 
 
どのような物事に対しても
 
平静に、冷静に対処して
 
ゆくことのできる心
 
 
 
(9)「価値を知る」
 
 
よいものはよいものと認識し
 
価値あるものは 、その価値を
 
正しくみとめることのできる心
 
 
 
(10)「広い愛の心」
 
 
人間が本来備えている広い愛の心
 
慈悲の心を十二分に発揮させる心
 
 
 
「 参照 」松下幸之助 成功の金言365
 
 
 
今回は、松下幸之助さんの名言集です。生前は経営の神様と称された松下幸之助さんが、亡くなられて今年で26年ですが、いまだに生前残された言葉が愛され続けています。
 
 
日本を代表する実業家でありながら、社会貢献のための活動も積極的に行っていました。とくに人を育てることに尽力を尽くし、数々の著書を献上しております。


また1979年、70億円を投じて財団法人松下政経塾を設立しています。


賛否両論ありますが、野田佳彦元首相は同塾出身です。日本の首相まで輩出されたわけですから、同塾の渡している役割は決して小さくありません。政界にも広く貢献しています。


個人的に一番心に響いたのが(6)「 すべてに学ぶ心 」です。


全ての人や物から学ぼうとする心をもって接することができれば、おごり高ぶることなく、生涯にわたって学び続けながら自分を成長させる事ができると思います。


本当に松下幸之助さんは、日本が誇る偉人の中の偉人ですよね。
 
 
 
「 警世〜松下幸之助と日本経済 」