f32.png



今回ご紹介させていただく動画は、
読売テレビの人気番組「おはようドクター」
「関節リウマチ」特集の中編です。


関節リウマチは発症しても痛みを我慢して
専門医に診てもらうことをためらう方が
殘念ながら少なくありません。


放置してしまうと、関節が破壊します。

今回は関節リウマチの症状を劇的に改善
する「進化した薬物療法」について
分かりやすく解説されています。


今回の動画は7分程度ありますので、
是非是非お時間のあるときにでも、
じっくり見ていただければ幸いです。
 
 
 

 
 
 
■関節リウマチの治療法について?
 
 
「植村なおみさん」

関節リウマチ、発症すると指や膝、足など
全身の様々な関節に痛みや腫れが現れます


放置しておくと、細かな作業や歩行が
しづらくなるなど、普段の生活にも支障を
きたすようになってしまいます


今日のドクターは
京都大学医学部付属病院
免疫・膠原病内科長
リウマチセンター長
の三森経世先生


整形外科と免疫膠原病内科が行動で
設立した西日本では類を見ない
総合リウマチ科のトップリーダーです。



「三森医師」

関節リウマチは不治の病といわれて
きました。しかし新薬の登場によって
痛みを完全に抑え、普通の日常生活が
送れるようになってきております。



「植村なおみさん」

今日のおはようドクターは、
関節リウマチの進化する薬物療法について
お送りします。先生この関節リウマチ
なんですがどのようにして
起こるんですか?。



「三森医師」

リウマチの根本的な原因はまだわかって
おりません。しかし免疫の異常が関与して
いるということが知られております


本来なら免疫というのは異物に対して
自分自身を守る生体防御反応ですけども
それが間違って自分自身の体に対して
向けられてしまった


そのために病気が起こるというふうに
考えられておりまして、この関節リウマチ
もその一種類だというふうに
言われています


こちらの写真が進行した間接リウマチの
患者さんの手の写真でありますが


ここまで来ますと、痛みや腫れと言う
だけではなくて、このように関節のを形が
非常に著明になって、手を動かしにくく
なってに日常機能のに非常に大きな
障害が出てきます。



「植村なおみさん」

そもそもこの関節リウマチなんですが、
症状は一体どういうところに
出がちなんですか?。



「三森医師」

はい、今の写真で示したように足や手の
ように小さな関節から発症することが
多いんですが、このように全身の関節、
特に肩、肘、膝、股関節といった


大きな関節から始まる方もおられまして
全身の関節に炎症が起こるというのが
関節リウマチの特徴です。



「植村なおみさん」

身体のとこの関節で起きてもおかしく
ないというわけですね。



「三森医師」

はい、そのとおりですね。



「植村なおみさん」

どのような治療が行われてるんですか?。



「三森医師」

はい、リウマチの治療には、基礎療法
薬物療法、外科療法(手術)、理学療法
(リハビリテーション)というふうに
ありますが、基礎療法というのは
安静と運動、温熱療法、食事療法
などのことを指します。


そして、現在の治療の中心は、
薬物療法です。また変形して機能を失った
関節を手術で治す外科療法、骨や関節の
動きを保つ筋肉の力を保つといった


リハビリテーションを中心とする
理学療法があります。


現在のリウマチの治療はこれらの治療法を
組み合わせて、総合的に行なっています。



「植村なおみさん」

治療の中心は薬物療法だということなん
ですが、どのようなお薬があるんですか?。



「三森医師」

関節リウマチによる関節の破壊は発症から
二年ぐらいの間に急速に進むという
ふうに考えられております。


したがって発症の早期から強力な薬を
使って炎症を抑えることによって、
関節の破壊を防ぐというのは非常に重要
だというふうに考えられています。


治療の中心となるのは
抗リウマチ薬と呼ばれる薬ですが
その中でもメトトレキサートと呼ばれる
薬が現在では治療の中心となっています


使い始めてから二週間から四週間ぐらいで
効果が現れて、二〜三ヵ月後に、患者さん
自身も「これはよく効いたな」という
実感が出てきます。



「植村なおみさん」

すごい薬ですね。



「三森医師」

はい、ただ使用に関しては
肝臓や腎臓に障害がある方は使えませんし
妊娠している女性の方やこれから妊娠を
したいというような希望を持つ方にも
使うことはできません。



「植村なおみさん」

先生、関節リウマチに関して、
さらに進歩した新しい薬があるって
聞いたんですが?。



「三森医師」

はい、生物学的製剤と呼ばれる
お薬のことですね、この薬は関節リウマチ
の原因となっているサイトカイン(免疫の
以上を起こす物質)と呼ばれる物質の働き
をピンポイントで抑える薬のことです


バイオテクノロジーという新しい方法で
作られた薬です。こちらをご覧頂きたいん
ですが、現在までに日本で認可された
生物学的製剤は七種類ございます


インフリキシマブという薬は
2003年に我国で最初に関節リウマチに
認可された生物学的製剤です


この薬の登場によって、
リウマチの治療法が根本的に変わった
というふうに言われてます


それだけ非常に強い痛みを抑える効果だけ
ではなくて、関節の破壊を完全にストップ
させるという非常に優れた効果がございます。



「植村なおみさん」

素晴しいですね。



「三森医師」

はい。その他の薬も関節の腫れや痛みを
抑えるだけではなくて、関節の破壊を
ストップするという非常に優れた効果
が証明されています


これまでは関節リウマチという病気は
発症すると一生付き合っていかなければ
ならない、薬もやめられないという
ふうに考えられていました


しかし生物学的製剤の非常に強力な治療
を発症早期から導入する


そして、ある一定期間の寛解状態が維持
できると薬をやめても、その良い状態
が続くような方も中には見られる
ようになりました


したがって、リウマチは早く見つけて
早く治療するということが薬の効果
の面からも薦められる病気です。



「植村なおみさん」

薬をやめても症状が悪化しないって
こともあるんですね。



「三森医師」

はい、そのとおりですね。



「植村なおみさん」

先生例えば朝起きて関節に違和感が
あるなどの何か初期症状かなと思ったら
何科に行ったらいいんですか?。



「三森医師」

はい、整形外科やリウマチ内科などの
専門医の先生を受診することを
お勧めいたします


適切な治療で進行を食い止めて日常生活
を普通に行えるということができます


但し、進んだリウマチといっても
十分な治療はできますので、どうぞ
諦めないでいただきたいと思います。



「植村なおみさん」

まずはちゃんと専門家に診てもらう
というのが大事ですね


今日はどうもありがとうございました


関節リウマチのおはようドクターの収
録がたった今終わりました


今回お世話になった方は京都大学医学部
付属病院の三森先生です


すごくどっしりとした感じの方で
もうなんか、頼りがいのある先生でしたね


こんな先生にちょっと私も病気になったら
見ていただきたいなってそういう
感じがしました


本当にお医者さん皆さん良い方ばっかりで
あのー、頭もよろしいんで、すごく収録が
あっという間に終わりました


お世話になりました


どうもありがとうございました。




今回の動画はここまでです。


薬物療法が進化したことによって、すでに
関節リウマチは不治の病ではなくなり、
症状が進行しても手術で完治します。


今後さらに薬が進化するようなので、
手術を受けなくてすむケースが増えますね


いつも本当にありがとうございます。

大変お手数ですが、はてなブックマーク、
いいね!、ブログランキングのリンクを
クリックして頂けると大変嬉しいです。

何卒よろしくお願いします。





『 こんな記事も読まれています 』