11520190401keihatu.png
 
 
【 福の神に愛されて幸せにる24の言葉 】
 
 
(1)
 
失ったものが
「命」でさえなければ、
やり直しはいくらでもできる。
 
命があるかぎり、諦めず、
何度でもやり直す。
 
 
(2)
 
手足の自由より
大切なのは、心の自由。
 
「幸せだ」と
思える瞬間を、増やす。
 
 
(3)
 
人生は、難しそうに
見えるのが特徴。
 
挑戦してみると、簡単。
 
難しそうに見えても、
勇気を出して、
挑戦してみる。
 
 
(4)
 
人生は、
行動した分だけ
前に進めるという
正直な世界。
 
行動することに
エネルギーを使う。
 
 
(5)
 
悔しい気持ちは、
バネにするもの。
 
 
(6)
 
勇気を出した行動に、
悪い選択はない。
 
勇気が必要な挑戦をする。
 
 
(7)
 
テンションが
低いときこそ、
行動する。
 
テンションが低くても、
先に行動を始める。
 
 
(8)
 
覚悟を決めなければ、
立ち振る舞いは、
美しくならない。
 
 
(9)
 
頑張っても、
うまくいかなかった。
 
頑張らなければ、
もっとうまくいかなかった。
 
頑張って報われなくても、
自分を褒める。
 
 
(10)
 
人と接して
不快を感じたときは
こう思おう。
 
「自分磨きの最中である」
 
人がむかつくことを
言ってくれば
「自分磨き中」
だと考える。
 
 
(11)
 
行動と成長は、
交互にやってくる。
 
行動をやめれば、
成長も止まる。
 
自分を高める行動を、
習慣にする。
 
 
(12)
 
落ち込んだら、
立ち直ればいい。
 
けがをすれば、
治療すればいい。
 
失敗すれば、
再挑戦すればいい。
 
元気・時間・負けん気で、
あらゆる困難から
復活する。
 


 
(13)
 
「体調が悪い」と
「やる気がない」は、
 意味が違う。
 
体調が悪ければ、
休憩する。
 
やる気がなければ、
行動する。
 
 
(14)
 
明るい雰囲気は、
あるものではなく、
作るもの。
 
明るい雰囲気を、
自分で作る。
 
 
(15)
 
朝起きたとき、
真っ先に考えてほしいこと。
 
朝起きたときは
「今日はいい1日になりそうだ」
と考えるのを、習慣にする。
 
 
(16)
 
怒る人からは逃げなさい。
 
叱る人なら聞きなさい。
 
叱られたときは、
素直に言うことを聞く。
 
 
(17)
 
焦らずに、
怖がらずに、
立ち止まらずに、
ただただ自分になればいい。
 
焦らずに、
怖がらずに、
立ち止まらずに、
自分らしい生き方を貫く。
 
 
(18)
 
性格は明るくても
暗くてもいい。
 
大切なことは
元気であること。
 
性格は暗くてもいいから、
自分らしく元気になる。
 
 
(19)
 
「うまくいかないかも
 しれない」とは、
 考えたくても、
 考えないこと。
 
 
(20)
 
運命も奇跡も直感も、
信じる人にやってくる。
 
運命も奇跡も直感も、
あると信じる。
 
 
(21)
 
ネガティブな人は、
部分的にしか見ない。
 
ポジティブな人は、
全体的に見てから
部分的に見る。
 
部分的に見るのは、
全体を見た後からにする。
 
 
(22)
 
指摘されるのは、
幸せなこと。
 
指摘されたら、喜ぶ。
 
 
(23)
 
諦めたから、
休んでいるのではない。
 
また歩き出すために、
少し休んでいるだけ。
 
 
(24)
 
諦めない心こそ、
本当の才能。
 
「才能」より
「諦めない心」を持つ。
 
 
 
出典:「HappyLifeStyle」
 
飽きた人生を刺激的にする30の方法
 
画像:森田謙一さんの名言
 
 
 
63520180601keihatu.png
 
 
■ 貧乏神を寄せつけない!
 
 
今回紹介させて頂いた投稿は「HappyLifeStyle」さんから転載させていだきました。仕事、恋愛、趣味などの人生にまつわる色々な学びを提供してくれる大変素晴しいサイトです。今回のまとめは、自分の人生をいかに刺激的なものにするか解説されています。
 
 
やはり自分の人生をより刺激的にするためには、自分を何とかしなければなりません。なにもせずに、ただ黙って待っているだけではワクワクすることは起こりません。スピリチュアルの世界では、地球は行動の星なので、自分から動かないと何も起こらないと考えられています。
 
 
これに関しては、その通りですよね。何もしなければ絶対に何も起こりません。しかし、何も思い通りにならないからといって不平不満ばかり言うと森田謙一さんの名言にあるとおり、貧乏神を引き寄せてしまうので、何もしない状態が続けば不幸体質になってしまいます。
 
 
 
 
63420180601keihatu.png
 
 
■ 打算がすぎると幸せが遠のく!
 
 
人生をより充実させたいのであれば、月並みですが、やはり人との関係が大切だと思います。しかし、ここでもしっかり注意しないと、どんどん打算的になり、自分が得する方にしか動こうとしなくなります。
 
 
そうならないためにも、恋愛をはじめ仕事の場でもギブアンドギブの精神で色々なことに取り組むべきですよね。期待しないで人に喜んでもらえるようになると、さらに幸せが大きくなります!!
 
 
 
 
■ 貧乏神から愛される人の特徴とは?!
 
 
お金に愛される人とそうでない人の決定的な違いは、お金に対する考え方です。お金に愛される人は、お金は自分や自分の周りにいる人たちを豊かにするエネルギーであると考えているので、お金を稼ぐことに対して罪悪感は一切ありません。
 
 
一方お金が逃げていく人は、お金を稼ぐことに罪悪感を感じていたり、お金そのものを悪いものと考えているので、「悪いことしないとお金持ちにはなれない」、「お金は人を狂わせる」、「お金がすべてではない」といった具合にお金の悪口を言いまくります。
 
 
ですので、現実もその通りになります。どんなに一生懸命頑張っても昇給が無かったり、ボーナスが前年よりも大きく減らされたりといったことが起こり、「お金を稼ぐのはとてつもなく大変なこと」と常に考えるようになります。
 
 
 
 
■ 福の神に愛される人は自分に投資する?!
 
 
上述したとおり、貧乏神に愛される人は、「お金を稼ぐのはとてつもなく大変なこと」と考えているため、自力で豊かになろうとは考えなくなります。このため当選確率の宝くじを買って高額当選者になることを夢見たり、玉の輿に乗るなど他力本願でお金持ちになろうと夢を見ます。
 
 
一方、福の神に愛される人は、自分が豊かになるために自分への投資は惜しみません。たとえばキャリアアップするために資格取得に向けて学校に通ったり、専門書籍を購入したり、セミナーに行くなど、自分への投資に使うお金を惜しみません。
 
 
そうすると自然と同じように向上心の高い人たちとの出会いが活発化するので、学習効果は大幅にアップし、仕事運も良くなるので、一段上のステージにいくための転職もスムーズに行えます。
 
 
 
 
■ 掃除で福の神を呼び込む!
 
 
掃除で運気をアップするといったことを解説している本は沢山出回っていますが、家の中の開運ポイントを中心にきれいに保つことによって、気の流れが良くなるので福の神がやってきて次第に運気もアップすると言われています。一時期「トイレ掃除」がブームになりましたが、掃除をしていいことはあっても悪いことはありません。
 
 
心と身体を良い状態にするためにも、掃除は非常に重要です。ではどこを掃除すればいいのかというと、上位ベスト3は、玄関、トイレ、キッチンです。この3つのポイントだけでも、できれば毎日やってほしいところですが、忙しくて無理ならば、せめてトイレだけでも毎日やっていただきたいところです。
 
 
トイレ掃除は、仕事運や金運をアップしてくれると言われていて、著名人の中でも毎日トイレ掃除を日課としている方が多いです。その代表がビートたけしさんです。たけしさんはいまだに自宅のトイレは、もちろんのことテレビ局の楽屋や宿泊先のホテルのトイレまで掃除しているそうです。
 
 
 
【画像】 Pinterest
 
「心の切り替え」が人生を変える
 

 



『 こんな記事も読まれています 』