15520190301keihatu.png
 
 
【 美輪明宏の名言 】
 
 
(1)
 
運が良くなりたければ、
微笑んでいれば良い。
 
人に優しくすれば良い。
 
思いやりと優しさで、
運は開ける。
 
 
(2)
 
せめて自分ぐらい
自分を褒めて認めてあげないと
自分が救われない。

自分の味方になれるのは
自分だけ。
 
 
(3)
 
孤独とは
物事を深く考える
チャンス。
 
友達が多い事は
必ずしも幸せではない。
 
 
(4)
 
自分に満足した人は
天狗になる。
 
自分に満足できないから
向上心が生まれる。
 
 
(5)
 
自分に思いやりが
足りない人ほど
相手に思いやりを求める。
 
自分の言葉が
相手を傷つけていないか、
まず反省してみる事。
 
 
(6)
 
皆が喜んでくれる
自分を演じるより、
 
人目を気にせず、
素顔の自分を
表現すれば
楽になる。
 
 
(7)
 
すぐキレるのは、
自分の気持ちを表現する
適切な言葉を知らないから。
 
たくさんの本を読んで
言葉を知ればストレスは
溜まらない。
 
 
(8)
 
お経を何万篇唱えても、
心がこもっていなければ
鼻歌と同じ。
 
大切なのは
感謝の気持ち。
 
 
(9)
 
どんなトラブルが起きても
微動だにしない。
 
そんなレベルに達するまで
人生の修行は続きます。
 
弱音を吐かず
覚悟を決めて。
 
 
(10)
 
苦しみを経験するから
幸せの有り難みが分かる。
 
苦しむことは
幸せになるための
プロセス。
 
 
(11)
 
不幸な家庭に育った人は
強く生きる能力を持つ人。
 
あながち不幸ではない
 
 
(12)
 
いつも素敵な音楽を聴いて、
素敵な本を読んで、
素敵な人と出会って、
常にいいものに触れていると、
その人が歩いているだけで
自然にものすごいオーラが
放たれているものです
 


 
(13)
 
幸せになるには、
感謝することを探しなさい。
 
歩けるでしょ、
見えるでしょ、
聞こえるでしょ、
しゃべれるでしょ。
 
それができない方は
いっぱいいらっしゃるんです
 
 
(14)
 
人の思惑ばかり
考えていると、
自分が薄まってしまう。
 
充足感がないのは、
自分がはっきり
見えないから。
 
大切なのは、
自己分析と自己の確立
 
 
(15)
 
貧しい生活の中でしか
学べない「生活の知恵」
がある。
 
苦あれば楽あり。
 
これも正負の法則
 
 
(16)
 
苦しみを経験するから
幸せの有り難みが分かる。
 
苦しむことは幸せになる
ためのプロセス。
 
 
(17)
 
色気とは
仕草や形ではなく、
 
精神的に
相手を包んであげる
上品な優しさの事。
 
 
(18)
 
人生78年の
私の経験から言えるのは、
 
人生には、いいことも
悪いことも起こるのだ
ということ。
 
苦があれば、
楽もあります。
 
つまり、すべて
うまくいかない
人生はありませんし、
 
逆に常に順風満帆の
人生もありません。
 
 
(19)
 
微笑みは幸運を開く鍵。
 
私はそう信じています。
 
微笑んでいる人を
嫌う人はいません。
 
大げさではなく、微笑みは
一生を変えてくれる。
 
 
(20)
 
先のことを考えすぎると、
取り越し苦労をしたり、
 
誇大妄想に陥ったりして、
必ず人生を損します。
 
大切なことはひとつだけ。
 
明日の朝、
もしも目が覚めなくても、
 
後悔しないと思える
今日を送ればいいのです。
 
 
(21)
 
「俺が稼いだ金だから、
 俺に権力がある」。
 
そんな考え方は
流行らない。
 
皆で分かち合うのが、
家族の民主主義。
 
 
(22)
 
世の中には人には
言えない苦しみや
地獄を抱えた人もいる。
 
それでも
ニコニコ朗らかに
生きる強い人がいる
 
 
(23)
 
自分には「才能」がない、
生きる資格がないと
思っている方へ。
 
本当にそうでしょうか?
 
何十種類も病気があるのに、
二十年、三十年、四十年と
 
生き続けることだけでも
大変な才能。
 
生きる資格があります。
 
 
(24)
 
愛する人に
「愛してるよ」
と言える幸せ…。

感謝の心を持てば
生きるエネルギーが
湧いてくる。
 
 
− 美輪明宏さん −
 
 
 
15620190301keihatu.png
 
 
■ 沢山の人たちに生きる希望を与える!
 
 
今回は、美輪明宏さんの名言をピックアップさせていただきました。2014年に放送されたNHKの朝の連続テレビ小説「花子とアン」のナレーションを担当し、毎回終了間際に言う「ごきげんよう」という言葉が流行語になるくらい強いインパクトを残しています。
 
 
話は少し脱線しますが、吉高由里子さんが演じた村岡花子さんという女性が非常に魅力的でして、放送終了後に激動の時代を生きた村岡さんの生涯が描かれたこちらの本「アンのゆりかご―村岡花子の生涯」を読み深い感銘を受けました。
 
 
仕事などで迷ったときに色々とヒントを頂いています。美輪さんは50代くらいから雑誌などを中心に老若男女を問わず色々な人達の悩みごとに関する相談を受けてきただけあって、どの言葉も人格者然とした深みがありますね。


「ああ正負の法則 愛の話 幸福の話」を何度も繰り返して読むくらい、この二冊は、こうした自己啓発関連の書籍としては名著中の名著でして、今でも時々読んでます。
 
 
 
 
15820190301keihatu.png 
 
 
■ 株取引の失敗で大借金を抱える!
 
 
意外に思われるかもしれませんが、美輪さんは30代のころ空売りという株の信用取引にのめり込み、大変リスクの高い取引があるのですが、これで大損します。今でこそネット取引が主流なので、売り買いを簡単にできますが、当時は証券会社の営業担当を通じてでないと売り買いが出来なかったんです。
 
 
しかも、1回あたりの売買手数料がめちゃくちゃ高かったので、よほどマーケットに明るい人でない限り、一般の個人投資家は証券会社の担当者の言うことを信じて売買するしかなかったんです。ですので、気がつけば含み損がどんどん大きくなってしまい、莫大な借金を抱えることになってしまったようです。
 
 
車など身の回りのものを売り払っても支払いが追いつかず、本当に窮地に追い込まれます。気が付けば毎晩のようにお酒を飲み続け、本当にアル中寸前まで追い込まれています。
 
 
しかし、このままでは自分は廃人になってしまうという思いから、まず禁酒をして生活を改善して、毎日がむしゃらに働いた結果、借金は全て返済し、巨万の富を築いています。ですので、美輪さんの言葉には他の人にはない説得力があるんですよね。
 
 
ちなみに今回の美輪明宏さんの名言で特に共感したのは以下の言葉です。
 
 

(10)
 
苦しみを経験するから幸せの有り難みが分かる。
 
苦しむことは幸せになるためのプロセス。

 
全ては幸せになるためのプロセスであると考えることができれば、どんな悩みも解消することができそうです。改めて美輪明宏さんの凄さを感じずにはいられません。
 
 
 
 
15720190301keihatu.png
 
 
■ 顔面マッサージで若返る!
 
 
美輪明宏さんは1935年5月15日 生まれなので、今年で84歳になります。いまだに舞台とリサイタルを定期的に行っていて、足取りはしっかりしてますし、なんといっても声量が半端ではありません。普通の歌手だったら息が続きません。
 
 
健康には人一倍気を使っているので、普段から健康を維持するための努力は怠っていません。美輪さんは、もう何十年も気功をやっていて、気のスペシャリストでもあるんですよね。場所を選ばずどこでもできるので、習慣化しやすい点も魅力です。
 
 
美輪さんが過去にテレビやラジオで紹介してくれた健康歩で個人的んおススメしたいのが顔面マッサージです。顔面マッサージは指の腹を使って顔の筋肉をやさしくほぐすようにマッサージし、顔ヨガのように色々な表情をつくって表情筋を鍛えます。
 
 
血流が良くなるので、しみ、しわ、たるみを予防・改善する効果が期待できますし、メンタルにも良い効果をもたらしてくれるので、性別や年代に関係なく毎日長時間(3時間以上)スマホを使用されている方におすすめです。
 
 
 
【画像】 Pinterest
 
【美輪明宏】運を呼ぶ方法
 

 



『 こんな記事も読まれています 』