7220190401keihatu.png
 
 
【 永遠のカリスマ尾崎豊の名言 】
 
 
(1)
 
裏切られるのが怖いのなら
信じることから
始めてみよう。
 
 
(2)
 
愛というのは、
どんどん自分を磨いていく
ことなんだよ。
 
生きること、
それは日々を告白していく
ことだろう。
 
 
(3)
 
いつも涙を流すとき、
この涙がはたして
希望の涙なのか、
 
なにかを
後悔した涙なのかって
自分に問いかけてみる。
 
 
(4)
 
俺は少なくとも、
自分自身の真実を
つかむために
一日一日を
生きていきたい。
 
 
(5)
 
どんなウマが合わない
人間であっても、
 
やっぱりその人の
笑顔を捜してゆくのが
大切なんだってことを
言いたくて。
 
 
(6)
 
人生はきっと、
自分のしたいことの
為にあるんだと思う。
 
だから、
時間があると思う人や
まだ何かできると
思う人は、
 
今のうちにうんと沢山、
心の財産を増やしておくと
いいと思う。
 
そうすれば、
君が求めてるその夢に
きっと辿り着ける 。
 
僕は、そう信じてるから。
 
そして、君の為に
そう祈って歌い続けるから。
 
 
(7)
 
誰も独りにはなりたくない、
それが人生だ。
 
 
(8)
 
お前ら、
誰かを傷つけてるよ...。
 
 
(9)
 
どんなときでも、
より劇的でありたい。
 
つまらないと感じることは
最大の不幸だと思うから。
 
 
(10)
 
日常の中で
埋もれてしまっている
人々の孤独とか、
 
自分の中の内側の
葛藤みたいなもの、
 
そういったものを
わかり合うことが、
 
何か人と人とが愛することに
通じるんじゃないかって
ずっと思ってる
 
 
(11)
 
世界平和って
いうんじゃないけど、
 
世界中の人間が笑ってる瞬間
っていうのをつくりだして
いきたいなと思ってる
 
 
(12)
 
自分で何か
やりたいなと思ったとき、
やっぱり最初に言葉があった。
 
自分が何かをやろうと
思ったというより、
 
何かしなきゃ、
何かを言わなきゃって
 
自分を追いつめてきた
環境というものがあった。
 
そこでまず最初にあったのは
「言葉」だった
 


 
(13)
 
僕は生きてくこと自体、
誰もが意味あることを
なしているんだと思うし、
 
そういったものに
結論がつかない限り、
 
僕は愛っていうものを信じて
歌っていく人間でありたい
 
 
(14)
 
愛するものというものに、
自分の命をかけて
立ち向かわねばいけない
ということに気づいたんだ
 
 
(15)
 
どうすれば
人に希望や感動を
与えることができるだろうか
って考えることは、

もしかしたら、
すごく傲慢な
行為かもしれない
 
 
(16)
 
どんな困難にも負けないで
いつまでも夢を
捨てない君たちへ
 
僕からの
精一杯の愛情をこめて
いつまでも歌い続けることを
約束します
 
 
(17)
 
全ての真理を求める者よ。
 
優しく闘え。
 
優しさによって立ち向かえ
 
 
(18)
 
生きること、それは日々を
告白してゆくことだろう
 
 
(19)
 
俺は少なくとも、
自分自身の真実を
つかむために
一日一日を
生きていきたい。
 
 
(20)
 
結果と過程、
どちらが大切だと思う?
と聞かれたら、
 
僕は即座に「過程」と
答えてしまう。
 
到達する過程で
自分や多くの人を裏切ったり、
傷つけたりすることは
些細なことでも
イヤなんです。
 
 
(21)
 
人間はなぜ生まれてきたのか、
ぼくはなぜ生まれてきたのか、
その答えをずっと知りたかった。
 
いま新たに課せられたものは、
誰もが背負う痛みや苦しみを
ひとつずつ言葉にして、
 
本当の音楽を歌い続けていく
ことだと思う。
 
 
(22)
 
僕はお金のために
ロックンロールを
やっているんじゃない。
 
僕は僕の歌を聴いてくれて
希望を持ってもらえる
ために歌うんです。
 
僕は傷ついた人たちの
ために歌いたい。
 
 
(23)
 
孤独になる事も、
淋しくなる事も、
誰にも理解されない事も、
それは思うように生きる事の
代償なのかもしれない。
 
 
(24)
 
人ひとりが幸せになるか、
不幸になるかは、
 
そばにいる人のちょっとした
優しい言葉だったり
すると思うんだ。
 
 
 
− 尾崎豊 −
 
 
 
92.png
 
 
■ 時代を超越した本物のカリスマ
 
 
今回は尾崎豊さんの名言をまとめさせていただきました。どの言葉も深くて心に響きます。これらの名言のほとんどが尾崎さんが10代の頃の発言したものです。
 
 
10代でこれほどまでに強い力を持った言葉を発せられる人は、少なくとも私の知ってる範囲ではいません。今後も現れないでしょう。尾崎豊さんこそ本物のカリスマですよね。
 
 
 
『ライブで別人のように叫び続けた』
 
 
尾崎さんは、孤高のアーティストのイメージが強いですが、意外にも生前は同年代のミュージシャンや俳優の方々と交流があったようです。坂上忍さんは、当時尾崎豊さんと付き合いが深かった一人なんですが、普段は本当に普通の音楽好きの青年だったようです。
 
 
みんなでお酒を飲みながら音楽について語るのが好きだったようです。しかし、ライブとなると坂上さんもびっくりするくらい別人のように激しく叫んだり、オーディエンスに向かって叱咤したりしていたようです。坂上さんはドン引きしてしまったようなんですが、ファンにはたまらなかったのでしょうね。
 
 
 
 
32920180601keihatu.png
 
 
■ 死後25年過ぎても幅広い層に支持される
 
 
気がついたら尾崎さんが亡くなられた年齢を超えてしまいましたが、歌と言葉だけは永遠に生き続けます。たまにYoutube動画を見るのですが、そのコメントの数が凄まじいです。
 
 
しかも、単なるつぶやきのようなコメントではなく、自分の思いをしっかりコメントしているので、尾崎豊さんとは全く次元が違うアーティストなんだと思い知らされました。
 
 
尾崎さんの作品には、夢や希望をいつまでも持ち続けることの大切さが表現されていて、落ち込んでいる時に聞くと気分が高揚し、立ち上がる勇気を与えてくれる気がします。
 
 
 
『亡くなったあとも売れ続けている』
 
 
尾崎豊さんは、これまでにシングル、アルバム合計1000万枚以上(2017年の時点で推計1047万枚)売り上げています。ちなみにデビューから生前までの売り上げが253.6万枚なので、亡くなられてから25年間の間に約800万枚以上売り上げています。
 
 
とりわけ尾崎さんの10代のころの作品は、キャッチ−なものが多いので、これまで何度もCMに起用されていますが、そのたびに大きな反響があって、シングルも再リリースされています。これからもずっと売れ続けてほしいですね。
 
 
 
 
33120180601keihatu.png
 
 
■ 信じることから始めてみよう
 
 
今回の尾崎豊さん名言で気になった言葉は以下のものです。
 
 

(1)裏切られるのが怖いのなら信じることから始めてみよう。
 
(5)どんなウマが合わない人間であっても、やっぱりその人の笑顔を捜してゆくのが大切なんだってことを言いたくて。

 
やはり信じることが大切ですよね。疑いながらでは良い関係はどうやったって築くことはできませんからね。しかし、これが10代の少年の言葉ですからね、本当に凄い方ですね。
 
 
 
尾崎豊 15の夜 歌詞つき
 

 



『 こんな記事も読まれています 』