10620190701keihatu.png
 
 
【 落ち込んだ心を癒す24の言葉 】
 
 
(1)
 
見返りを
期待しないほうが
落ち込みにくくなる。
 
「相手に喜んでもらい、
 笑顔が見たい」
 という純粋な
 動機を持つ。
 
 
(2)
 
失ったものが
「命」でさえなければ、
やり直しは
いくらでもできる。
 
命があるかぎり、
諦めず、
何度でもやり直す。
 
 
(3)
 
諦めない心こそ、
本当の才能。
 
「才能」より
「諦めない心」
 を持つ。
 
 
(4)
 
忙しくなれば、
嫌なことも
忘れられる。
 
嫌なことを
忘れるために、
仕事や勉強に
忙しくなる。
 
 
(5)
 
性格は明るくても
暗くてもいい。
 
大切なことは
元気であること。
 
性格は暗くても
いいから、
自分らしく
元気になる。
 
 
(6)
 
落ち込んだ経験は、
心が強くなる
転機になる。
 
精神的苦痛を感じて、
強くなる。
 
 
(7)
 
すべてうまく
いかないときは、
 
神様からの
「休憩しろ」という
メッセージ。
 
すべて
うまくいかないときは、
少し休憩する。
 
 
(8)
 
足りないのは、
自分を褒める習慣。
 
「自分で自分を
 褒める習慣」を持つ。
 
 
(9)
 
一度に多くのことに
手を出さない。
 
確実にできる
1つのことから始める。
 
 
(10)
 
深く落ち込んだときは、
「この世」と
「人生」について
 深く考える機会になる。
 
落ち込んだときは、
この世や人生について
深く考える機会にする。
 
 
(11)
 
悩むのは、
向上心がある証拠だ。
 
悩みの本質は、
向上心であることに、
気づく。
 
 
(12)
 
行き詰まったときは、
とりあえず寝るのが一番。
 
とりあえず、
寝てから考える。
 
 
(13)
 
どうにもならないことを
くよくよ考えていても、
疲れるだけ。
 
どうにもならないことは
「どうにもなりません」
と、自分に言い聞かせて
笑ってしまう。
 
 
(14)
 
自分らしい
生き方を貫くなら、
傷つく勇気を持つこと。
 
傷つく勇気を、持つ。
 
 
(15)
 
テンションが
低いときこそ、
行動する。
 
テンションが低くても、
先に行動を始める。
 
 
(16)
 
つらい出来事も
感謝に気づけば、
 
プラスとしか
考えられなくなる。
 
つらい出来事も、
自分のためになっている
という事実に、気づく。
 
 
(17)
 
今に感謝した瞬間、
過去の印象は、
黒から白になる。
 
今の自分が
存在していることは、
つらい過去の
おかげだと気づく。
 
 
(18)
 
本当の謙虚とは、
自分の素晴らしさを
認めること。
 
褒められたときには
「ありがとうございます」
と言って、自分を肯定する。
 
 
(19)
 
嫌なことが
あったときは、
意味のあることと考える。
 
嫌だなと思うことは、
自分にとって
「意味のあること」
と考える。
 
 
(20)
 
「意味のあることを
 見つけること」が
「成長する」ということ。
 
「意味のあること」
 を見つけ、
 それを「成長」に
 つなげる。
 
 
(21)
 
何事も、
否定しないようにする。
 
すべてに対して、
否定しないようにする。
 
 
(22)
 
素直な自分に
なれない原因は、
見栄やプライドが
邪魔をしているから。
 
見栄やプライドは、
捨ててしまう。
 
 
(23)
 
人生はあなたに
意味を与えない。
 
あなたが人生に
意味を与えるのだ。
 
人生に、意味を与える。
 
 
(24)
 
人生、
何とかなるもの。
 
何とかなると、
楽観的に考える。
 
 
 
出典:HappyLifeStyle
 
暗い気持ちがぱっと明るくなる30の方法
 
 
 
28920180701keihatu.png
 
 
■ もがくと落ち込んだ状態が長引く!?
 
 
今回紹介させて頂いた投稿は「HappyLifeStyle」さんから転載させていだきました。仕事、恋愛、趣味などの人生にまつわる色々な学びを提供してくれる素晴しいサイトです。
 
 
人間誰しも落ち込んで暗い気分の時がありますが、中々立ち直れなかったりします。また、もがけばもがくほど余計に難しくなり、落ち込んだ状態が続くことになります。
 
 
しかも、周りを見渡すと、誰もが何もかも上手くいっているようにしか思えなくなります。そうすると、余計に落ち込むことになるわけですが、いつまでも落ち込んでいられません。
 
 
 
 
7820180801keihatu.png
 
 
■ 行き詰まったら休む!?
 
 
こうしたときに役にたつのが、上手くいっている人達の真似をすることですよね。今回のまとめにある言葉は誰でも簡単に出来るものばかりですので実践しやすいです。、
 
 
ということで今回のまとめで特に心に響いたのは以下の言葉です。
 

(6)落ち込んだ経験は、心が強くなる転機になる。
 
(7)すべてうまくいかないときは、神様からの「休憩しろ」というメッセージ。
 
(8)足りないのは、自分を褒める習慣。

 
確かに辛かったことを乗り越えると自信になりますし、全てが上手くいかないときというのは、心と体が疲れ切っている場合が多いので、一つの考えに固執することになり、柔軟に対応できななります。ですので、休むことも大切ですね。
 
 
また、人によっては自己否定ばかりする人がいますが、こうした方の場合は当然自分を褒めることはないので、苦しい状況を自ら招いてしまうことになります。そうならないためにも自己管理が非常に重要です。
 
 
 
 
17620190201keihatu.png
 
 
■ 落ち込んだら「まぁいいか!」と声にだす
 
 
人は何かに行き詰って落ち込んでしまうと、ずるずると引きずってしまいます。長引けば長引くほど問題解決が難しくなってしまいます。ですので、いつまでも落ち込んでいるのは色々な意味で損なんです。できるだけ早く立ち直るためにも、気持ちの切り替えが大事です。
 
 
気持ちを切り替えるための魔法の言葉としておすすめしたいのが「まぁいいか!」です。心の中で「全然よくないよ!」と思っていても、「まぁいいか」と、声に出して現状を認めてしまうのです。くりかえし「まぁいいか」といっているうちに本当に現状を受け入れられるようになります。
 
 
「それって単なるあきらめじゃないの?」と、思われるかもしれませんが、そうではありません。現状を受け入れるのと諦めは違います。現状を受け入れないまま何かを始めても、気持ちを切り替えられないので上手くいきません。「まぁいいか!」と声に出すことで、ストレスを抑える効果も期待できます。
 
 
 
 
1220191201keihatu.png
 
 
■ 落ち込んだときこそ自分を褒める!!
 
 
落ち込んでいるときは、自分のダメなところばかりに目が行ってしまうので、自己否定しがちですが、そこに踏みとどまっているかぎり、「なんで自分は駄目なんだ」「どうしてこんなこともできないだろう」自己批判が続き、さらに辛い状態が続いてしまいます。
 
 
そうならないためにも、まず自分を褒めることです。「自分に褒めるところなんて無い!」と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。「失敗したけど、チャレンジした自分はすごい!」、「落ち込んでる自分もすごい!」、「上司に怒られて悔しがってる自分はすごい!」といった具合に語尾にすごいをつけて褒めてみてください。
 
 
「すごい!」という言葉はミラクルワードで、全てをプラスに変える力があります。「すごい」の根拠を探す必要はありません。「すごい」、「すごい」と、自分で自分を褒めながら自分のすべてを受け入れます。そうすると次第に自己肯定感が高まり、例えば仕事上のミスや失敗も肯定的に受け入れられるようになるので、落ち込みにくくなります。
 
 


スタンフォードの脳外科医が教わった
人生の扉を開く最強のマジック

 
 
 
【画像】 Pinterest
 
「 行き詰まってどうしようもありません! 」