1020190701keihatu.png
 
 
【 人生が楽になる24の法則 】
 
 
(1)
 
間違っても大丈夫。
 
間違ってもいいと
考える。
 
 
(2)
 
失敗したときは
「いい経験ができたなあ」
と声に出そう。
 
 
(3)
 
「一緒」という
 幸せがある。
 
「1人」という
 幸せもある。
 
そのときの状態、
状況を、生かす。
 
 
(4)
 
自分の言葉を
一番聞いているのは、
自分。
 
他人に向ける言葉は、
明るい言葉にする。
 
 
(5)
 
学んでから
挑戦するのではない。
 
いきなり挑戦をして、
失敗から学ぶ。
 
失敗を前提に、
いきなり飛び込んでいく。
 
 
(6)
 
「まあいいか」
 と肯定すれば、
 肩の荷が下りる。
 
「まあいいか」
 と肯定して、
 気楽になる。
 
 
(7)
 
かっこ悪いことを
したほうが、かっこいい。
 
かっこよくなるために、
かっこ悪いことをする。
 
 
(8)
 
気楽に生きる人は
素直に甘えるのが上手。
 
素直に甘えてみる。
 
 
(9)
 
人生、なんとかなるもの。
 
何とかなると、
楽観的に考える。
 
 
(10)
 
落ち込みやすい体質とは、
感謝の足りない姿勢が原因。
 
今ある幸せに感謝する。
 
 
(11)
 
敵をつくらず、
味方を増やす
生き方をしよう。
 
周りの人に、
腰を低くして接する。
 
 
(12)
 
「だめでもともと」
 と考えれば、
 気楽になれる。
 
「ダメでもともと」
 と考えて、行動する。
 


 
(13)
 
相手を
変えようとすると、
うまくいかない。
 
自分を
変えようとすると、
うまくいく。
 
まず、自分から変わる。
 
 
(14)
 
哲学のある人は、
1人の時間が多い。
 
1人になるから
哲学ができる。
 
自分と向き合う
時間を作る。
 
 
(15)
 
皆と違っていても、
大丈夫。
 
正直に発言する。
 
 
(16)
 
「もしかすると、
簡単なのかもしれない」
と考えて、行動する。
 
難しそうなことは
「もしかすると、
簡単なのかもしれない」
と考えて、挑戦してみる。
 
 
(17)
 
周りの目を気にした
発言をしていると、
自分を見失う。
 
人目を気にせず、
自分の考えを口にする
習慣を持つ。
 
 
(18)
 
当たり前のことを
当たり前に
行動するだけで、
未来は切り開ける。
 
当たり前のことを、
当たり前に実行する。
 
 
(19)
 
気楽になるコツは、
捨てること。
 
捨てて、元気になる。
 
 
(20)
 
捨てるという行為が、
心の新陳代謝になる。
 
大切なものに
気づくために、
捨ててしまう。
 
 
(21)
 
気楽に生きるとは、
だらだらした
生活のことではない。
 
気楽と怠けを、
勘違いしないようにする。
 
 
(22)
 
いつもより
早めに家を出れば、
気持ちも穏やかになる。
 
早めに家を出る
習慣を持つ。
 
 
(23)
 
「自分自分」と考えない。
「あなた、あなた」
と考えよう。
 
 
(24)
 
「おかげさまで」
 と感謝すれば、
 人間関係は必ずよくなる。
 
「おかげさまで」を、
 口癖にする。
 
 
 
出典:HappyLifeStyle
 
人生を気楽に生きる30の方法
 
 
 
13320180801keihatu.png
 
 
■ うつ病が深刻なレベルに!
 
 
今回紹介させて頂いた投稿は「HappyLifeStyle」さんから転載させていだきました。仕事、恋愛、趣味などの人生にまつわる色々な学びを提供してくれる素晴しいサイトです。
 
 
うつ病などの精神疾患を患う人達は、300万人を超えており、依然として増えています。人生が辛い、生きるのが辛いと感じている人が男女を問わず増えいるようです。
 
 
そうした問題の大半は職場の人間関係が大きな原因となっており、人間関係の悩みの中でも大きな割合を占めています。ですので、職場の人間関係が改善されることによって、劇的にストレスや心の悩みが改善される可能性が高いとされています。
 
 
 
 
14720180801keihatu.png
 
 
■ 人の目を気にしない!
 
 
いきなり何かを変えようとすると、変化することを拒否する人達から非難されかねないので、あせらずにゆっくり時間をかけて取り組む必要があります。今回のまとめの素晴しい点は、しっかり自分の失敗や間違いを受け入れることの大切さに気づかせてくれる点です。
 
 
そうすることで心の負担は大幅に小さくなりますよね。ということで今回のまとめで特に心に響いたのは以下の言葉です。
 

(15)皆と違っていても、大丈夫。
 
(21)「おかげさまで」と感謝すれば、人間関係は必ずよくなる。

 
(15)は、人の目を過剰に意識しないですみますし、(21)は、自然と謙虚な気持ちで人と接することができるようになるので、人間関係も当然よくなりますね。気楽に生きると意識するだけでも心が軽くなりそうです。
 
 
 
 
320191201keihatu.png
 
 
■ 適度な運動を習慣にしてストレスに強くなる!
 
 
仕事のストレスを抑制するのに最も効果的な方法の一つに「運動」があげられます。運動といってもジムでハードな筋トレをやる必要はありません。週に3〜4日、20分程度歩くだけでストレスを大幅に抑制せいてくれます。おすすめは朝です。
 
 
朝日をあびながら20分程度歩くと幸せホルモン「セロトニン」の分泌が活性化して、最低でも、2〜3時間、長いと10〜12時間程度気分よく過ごせることが科学的に証明されています。仕事中いい気分で働ければ、仕事の能率も飛躍的に上がります。
 
 
がんばって週6日ウォーキングのような適度な運動をすると、ストレスの耐性が強化されるので、ストレスが減った分、幸せを感じやすくなりますので、是非試してみてください。
 
 
 
 
420191201keihatu.png
 
 
■ 睡眠をしっかりとる!
 
 
うつ病と睡眠の因果関係は不定出来ません。うつ病の症状に悩まされている方の多くが睡眠不足です。睡眠不足が長期間続くと、ネガティブなことばかり考えるようになり、うつ病を発症するリスクが高まります。ですので、最低でも毎日6時間(理想は7時間超)は寝るようにしましょう。
 
 
しかしながら、「寝ようとしても眠れなかったり」「朝早くに目が覚めてしまう」といった悩みを抱えている方も多い方お思います。寝つきをよくするためには、やはりウォーキングやストレッチなどの適度な運動が欠かせません。
 
 
運動して身体を疲れさせておくと、ネガティブなことを考えないで済むので、自然と寝つきが良くなります。さらに寝つきを良くする方法として、好きな本を読むことをおススメします。また、逆に寝つきを悪くしてしまうのは、スマホを寝る直前まで見続ける悪習慣です。
 
 
そして、寝つきをよくするためにと飲酒をする方も多いですが、これもおすすめできません。夜中にのどが乾いたりして、かえって目が覚めやすくなりますし、次の日の仕事のパフォーマンスにも影響するので、晩酌はほどほどに。
 
 
 
「自己肯定感を高める方法」
 

 



『 こんな記事も読まれています 』