f103.png



今回ご紹介させていただく動画は、
福島中央テレビの番組「福島ドクターズTV」
「加齢黄斑変性症」を特集しています。


加齢黄斑変性は、欧米の人達が失明する
原因となる病気のトップにあります。


日本では、それほど多くなかったのですが、
食の欧米化が進んだことによって、
中高年の間で急増しています。


一般にはほとんど知られていないことから、
放置してしまいがちですが、症状が悪化
して失明する可能性があります。


今回の動画も15分以上ありますので、
非常に長いですが、お時間のあるときに
ご覧いただければ幸いです。
 
 
 

 
 
 
■加齢黄斑変性とは?


「中川久美さん」

みなさんこんにちは。


「見る、知る、学ぶ」福島ドクターズTV、
ナビゲーターの中川久美です。


さて、見たい部分がぼやけたり、ゆがんで
見えたりすることはありませんか?。


それはもしかしたらこの病気を
患っているサインかもしれません。


今回のテーマはこちら。


「加齢黄斑変性」です。


加齢黄斑変性は欧米では中高年が失明する
原因の第一位となっていて、日本でも近年
患者の数が増加しています。


ところがこの病気について正しく理解して
いる人はあまり多くはありません。


加齢黄斑変性とは
どんな病気なのでしょうか、
まずは目のしくみから
見ていきましょう。



「ナレーション」

目はよくカメラにたとえられ、
角膜や水晶体がレンズ網膜がフィルム
の役割を果たします。


外から入ってきた光は角膜と水晶体で
屈折して網膜に映像として
映し出されます。


そしてその情報が脳に伝わって
見えたと認識するのです。


加齢黄斑変性はこの映像を映し出す
網膜の一部に異常が起こる病気です。


網膜の中でもものを見るときに
重要な働きをするのが中央にある
黄斑と呼ばれる部分です。


物の形や大きさ、
色、距離などを見分ける
細胞のほとんどが
この黄斑に集まっています。


黄斑に異常があると、中心がぼやけたり、
ゆがんで見えたりするようになり


悪化すると暗く見える部分が広がって
生活に支障をきたすようになるのです。


郡山市の寿泉堂綜合病院 眼科部長の
神田尚孝先生にお話を伺いました。




■加齢黄斑変性の原因とは?


「中川久美さん」

なぜ黄斑に異常が
出てしまうんでしょうか?。



「神田尚孝先生」

原因としてはっきりしているのは、
年を取ることによる変化、老化ですね。


それとタバコ、喫煙です。


そのほかにもなりやすい体質という
ものがベースにありまして


紫外線、日光などをずっと浴びている
とか、あとはやはり欧米のような
肉中心の食生活ですね。


それから肥満、運動不足、
そういった生活習慣も大きく
関わっていると考えられます。




■加齢黄斑変性の主な症状とは?


「ナレーション」

加齢黄斑変性は欧米に多い病気で
かつて日本ではあまり見られません
でしたが、最近はこの病気にかかる
日本人が増えています。


年齢が高くなるにつれて、
患者が増える傾向があり、
早い人は四十代で発症する
加齢黄斑変性は大きく2つの
タイプに分けられます。


日本人に多いのは滲出型と呼ばれ、
健康なときには存在しない血管が網膜の
すぐ下にできるタイプです。


この血管はとても鈍く、破れやすいため、
網膜が腫れたり、漏れ出た水分で網膜が
はがれたりして見え方が急激に
悪くなってしまうのです。



「中川久美さん」

なぜ網膜の下に異常な血管が
できてしまうんですか?。



「神田尚孝先生」

網膜の細胞も新陳代謝を繰り返して
ますので老廃物が出ます。


その老廃物の処理がうまくできなく
なりますと網膜の下にたまって
それを処理しようとしまして
新しい血管を作ってしまうわけです。


放おっておくと悪い血管がどんどん
広がりまして、見たいと思う所が見え
なくなってしまうので、なるべく早く
治療することが大切なんです。



「ナレーション」

滲出型に比べて、
病気の進行が緩やかなのが
萎縮型と呼ばれるタイプです。


こちらは網膜そのものが
薄く弱くなることで網膜の働きが
徐々に悪くなっていくのが特徴です。


見え方が急激に悪くなることは
ありませんが途中で滲出型に変わる
ことがあるので注意が必要です。



「中川久美さん」

タバコや食生活の欧米化といった
生活習慣とも深くかかわる加齢黄斑変性
は誰もが成り得る病気ですが


この病気があまり知られていないために
放置されているケースも少なくありません。


また、発見が遅れる原因のひとつに、
目の特別な機能も関係しています。




■加齢黄斑変性に苦しむ患者の声


「中川久美さん」

最初って何か症状はありました?。



「80代男性患者」

症状はですね、ちょっと焦点が
合わないかなと思うような



「中川久美さん」

焦点があわないというのは、何となく...



「80代男性患者」

ちょっとボケたというね



「70代男性患者」

片目で見るとゆがんだりしている
それで、おかしいなと思って



「ナレーション」

加齢黄斑変性の主な症状は視力が低下して
視野の中心がぼやけて見える。


中心にある物がゆがむ。


みたい部分が黒くなって見入るなどです。


症状がさらに進むと
色が分からなくなったり、
人の顔が見分けられなくなったりして、
生活に支障をきたすようになります。


しかし、初期のうちは多少の見えにくさが
あっても年のせいと見過ごしてしまう
ことも少なくありません。



■加齢黄斑変性は症状が出にくい


「中川久美さん」

加齢黄斑変性の症状っていうのは
何かありました?



「80代男性患者」

(症状)ない。



「中川久美さん」

分からなかったですか。



「80代男性患者」

うん。



「50代男性患者」

健康診断で言われて、
実際、自分で意識してマス目を見たら
波打って見えるようになって


健康診断で最初見つかって、
それまでは全く分らなかったんですけど


それで初めて黄斑変性なんだと
分かった感じです。



「中川久美さん」

まったく自覚はなくて?



「50代男性患者」

ない、ないないですね。



「ナレーション」

検査で指摘されて、
初めて気づくケースも
少なくないのです。




■症状が出ても気づけない理由?


「神田尚孝先生」

加齢黄斑変性症は、
片方の目から始まりますが


目というのは、
どちらに異常があっても、
両方の目で見ていると
正常な方の目がカバーしてしまって、
極端に悪くならないと
気づかないことがあります。


目から入った情報は、脳で処理されますが、
左と右それぞれの目から入った情報を脳で
1つに統合するときに補うわけです。



「ナレーション」

人は左右二つの目で前方に
およそ200度の視野を持っていますが、
このうちおよそ120度は二つの目の
視野が重なっています。


このため、片方のみに問題があっても
ある程度まではもう片方の目が
カバーしてしまうのです。



「神田尚孝先生」

人間は目が2つあることで広い視野を
得たり、奥行きを感じさせることが
できますが、目の病気を早く見つける
という点では、その機能がマイナスに
働いてしまうんですね。


ですから見え方に異常がないかとかは
片目ずつチェックしてほしいんです。



「中川久美さん」

目の異常は最も敏感に感じ取れるイメージ
を持っていましたが、逆に気づき
にくいものなんですね。


ではどうすれば症状を早く見つけること
ができるのでしょうか?。


このあと、自分で簡単にできる
チェック方法を加齢黄斑変性の
治療と合わせてお伝えします。




■加齢黄斑変性症の検査について


「ナレーション」

それでは加齢黄斑変性の症状がないか
皆さんも一緒に確認してみましょう。


片方の目を閉じてマス目の
中心点を見てください。


メガネはかけたままでOKです。


まずは左目、右目は閉じて下さいね。


線がぼやけたり、中心がゆがんで
見えたりしませんか?。


右目はどうでしょう?。


こちらもゆがんで見えたり、
部分的に欠けて見えたり
しないでしょうか。


線がぼやける中心がゆがむ、
部分的にかけるなど、少しでも
見え方に異常があったらすぐに
眼科に行きましょう。


このチェックは障子の桟や風呂場の
タイルなど格子状のものであれば代用
できますので、日常生活の中でも
試してみてください。


加齢黄斑変性の状態を調べる検査は
いくつかあり、オーソドックス
なのは眼底検査です。


これは専用のカメラで目の奥を
撮影する検査です。


眼球の血管の状態をより詳しく調べる
には蛍光色素が入った造影剤を血管に
入れて観察する検査をします。



「中川久美さん」

このほか赤外線を使って網膜を
調べる検査もあります。


いずれも痛みはほとんどなく、
比較的短時間で終わります。


続いては加齢黄斑変性の治療です。




■加齢黄斑変性症の治療について


「ナレーション」

網膜そのものが薄く弱くなる萎縮型は
残念ながら有効な治療法がありません。


しかし、このタイプは進行が非常に遅く、
急激な視力の低下は見られないので定期的
に病院零状態を確認することになります。


一方、滲出型は進行が早いため、
積極的な治療が行われます。


物の形や色などを見分ける
細胞が集まっている黄斑の中でも、
窪んだ中心部はひときわ感度が高く、
重要な部分です。


悪い血管がこの中心部から離れた
位置にある場合は強いレーザー光線の
熱で焼き潰す治療で病気の進行を
止めることができます。


しかし、強いレーザーは周りの正常な
組織にもダメージを与えてしまうため
悪い血管が黄斑の中心にある場合は、
この治療法は使えませんでした。


そこに登場したのが光に反応する薬を
使って、悪い血管だけを弱いレーザー
で破壊する方法です。


これによって治療の幅は
格段に広がりました。


さらに今注目されているのは目に直接注射
をして悪い血管の成長にブレーキをかける
抗VEGF療法という新しい治療法です。


繰り返し注射をする必要がありますが、
病気の進行を抑え視力の改善も
期待できるとされています。




■加齢黄斑変性症の治療を受けた患者の声


「中川久美さん」

目に直接に注射を打つ治療を...



「80代男性患者」

それをやりました。



「中川久美さん」

いかがでした?



「80代男性患者」

最初はね、びっくりしました。



「中川久美さん」

痛みとかあるんですか?



「80代男性患者」


ないです。はい。


極端によくなることはないけど、
これで(進行が)止まるんじゃない
かと思ってます。



「70代男性患者」

レーザー光線手術をしなくてはいけない
ということで、1泊2日の入院をして...



「中川久美さん」

治療をしたあとは、前とは全然違います?



「70代男性患者」

その黒いものや、それからゆがんでいる
ものなど全部消えました。



「中川久美さん」

よかったですね。


だから生活の方には支障がない

もう500〜600(キロ)運転しても、
何ともない。おかげさまで。




■早期発見するためには?


「中川久美さん」

やはり早く見つけることが
大切なんですね。



「神田尚孝先生」

そうですね。目というのは
一度悪くなってしまうと、
それを治すのはなかなか
難しいんです。


特に加齢黄斑変性症は見たい所が
見えなくなってしまうので生活の質が
下がってしまいますから


普段から自分で目をチェックして、
できるだけ早く見つけて欲しいですね。


この10年で治療法もものすごく
進歩してますので、もし病気になった
としても諦めないで治療と向き合って
欲しいと思います。



「中川久美さん」

加齢黄斑変性はビタミンCやビタミンE、
亜鉛などを含んだサプリメントを飲むと
発症が抑えられることが分かっています。


特に片方の目に発症した
人にはいいようです。


治療法が格段に進歩しているとはいえ、
病気にならないことが最も大切です。


原因の一つである年を取ることは
どうすることもできませんが、
野菜を摂り、適度な運動し、
タバコをやめる。


私たちの日々の生活を支えてくれる
目という器官を病気から守るため、
できることはたくさんあります。


なお、加齢黄斑変性に関する情報は
読売新聞の医療サイト「ヨミドクター」
でもご覧いただくことができます。


ぜひご覧ください。


それでは、また来月お目にかかりましょう。


次回はあなたの健康をもう一度チェック、
今までのテーマの中から反響の大きかった
ものをまとめてお伝えします。




今回の動画はここまでとなっています。


年を重ねるにつれて、健康を維持するのが
より難しくなりますので、本当に大変です。


できるだけ早く症状を改善させるためにも
早めに受診しなければなりません。


いつも本当にありがとうございます。

大変お手数ですが、はてなブックマーク、
いいね!、ブログランキングのリンクを
クリックして頂けると大変嬉しいです。

何卒よろしくお願いします。





『 こんな記事も読まれています 』