133.png



■増え続ける生活習慣病患者


循環器内科は、「心臓」や「血管」といった「血液」を通じて様々な栄養素を全身に行き届かせるために必要な循環器に関わる疾患を専門的に診療を行う診療科です。


ですので、生活習慣病に深く関わっています。ドロドロの血液は血管を痛めることから、動脈硬化が加速し、心筋梗塞や脳梗塞といった合併症リスクを高めてしまいます。


生活習慣病の数は依然として右肩上がりに増えています。メタボ検診が導入されたので、多少改善されてはいますが、高齢者を中心に増え続けているので、深刻な状態です。


例えば糖尿病患者だけでも900万人に迫る勢いで増えており、予備軍を含めるとすでに2000万人を大きく上回ってます。これに高血圧、脂質異常症などを含めると大変です。


驚くべきことに成人の約半数以上は何らかしらの生活習慣病を患っている状態ですので循環器科の果たす役割は非常に大きく、それゆえに常に進化が求められています。



一般的な循環器内科の対象疾患は以下のとおりとなります。


(1)糖尿病

(2)高血圧症

(3)脂質異常症

(4)不整脈

(5)肥満症

(6)心筋症

(7)弁膜症

(8)心不全

(9)下肢動脈疾患



これらに加えて最近では血管年齢を診断するサービスを提供しているところも増えてます。また、特定健診、特定保健指導、健康診断、企業健診の需要も年々高まっています。


より健康に関する意識が人々の間で高まっていることは素晴らしいのですが、どうしても薬などに頼ろうとする動きが強く、生活習慣を見直そうとする動きが弱いです。


ですので、多くの医療機関で食事療法、運動療法といった健康指導に力をいれています。このためそれらに携わる循環器内科で働く看護師さんの役割は非常に重要です。


特に循環器内科の対象疾患は命に関わる病気が多いので、可能な限り早期診断し、適切な治療を迅速に行うことで循環器疾患で苦しむ人達を救わなければならないので大変です。






■職場は常に緊張感に溢れてる


心臓は言うまでもなく人が生きていく上で欠かすことができない最も重要な臓器ですので、それらの疾患を治療する循環器内科は欠かすことが出来ない診療科の一つです。


心筋梗塞や脳梗塞といった疾患を一度患うと後遺症に苦しむケースが少なくありません。ですので、他の診療科目よりも治療に関する幅が広いのも循環器科の特徴です。


早期発見のためには定期的に健診を受ける必要がありますが、心臓に関する病気の多くが、ある日突然苦しくなったり、強い痛みに襲われるリスクが高いだけに注意が必要です。


もし心筋梗塞などを発症した患者が「緊急搬送」された場合は迅速に適切な治療を行い、できるだけ日常生活に支障を来さないのように、早い段階でリハビリを行います。


循環器科は内科的治療と外科的治療の両方をバランス良く行なうことにより、患者さん負担を出来るだけ軽減します。そのためにもチーム医療としての取り組みが重要です。


チームには医師や看護師さん、薬剤師さん、栄養士さんといったメディカルスタッフがそれぞれの専門分野で最高の働きが求められるので、確かな技術と知識が必要です。





■増え続ける関節リウマチ患者


循環器科内科の看護師求人は、診療所よりも大学病院や総合病院などの大型病院に多く、患者さんも紹介所を書いてもらって、大型病院を訪れるケースが非常に多いです。


クリニックでも対応できないわけではありませんが、検査の段階で見落としなどがあれば、取り返しの付かないことになってしまうので、どうしても大型病院に委ねられます。


小さな診療所では検査機器をはじめ医療機器が充実した環境を整備するのは難しいです。医師の技量に全てを委ねられてしまうのは正直危険なので仕方ありませんね。


大学病院や総合病院などの大型病院で働きたいと検討されている看護師さんには循環器科はオススメです。大型病院は経営面でも安定しているところが多いので安心して働けます。


また、大型病院は勉強会や研修制度が充実していますので、看護師として常に上を目指している看護師さんにとって循環器内科で働くのは非常にやり甲斐があると思います。





■循環器内科の看護師の仕事


循環器科内科で働く看護師の仕事は、医師の先生の補助が中心となります。


循環器内科で取り扱っている疾患の多くが命の危険にさらされるケースが多いので、のんびり構えていることが許されません。常に心電図、モニターの数値を追いかけてます。


ですので、看護師さんによっては数値を見れば今現在患者さんがどういった状態にあるか分かってしまう方もいます。このためスピーディーに対応することができます。


患者さんに異常が見られた場合のみではなく、小さな変化も気づかなければなりません。このため循環器内科で働く看護師は、他の診療科目の看護師とは雰囲気が異なります。


他の看護師さんが経験しないような仕事も多く含まれているので、色々な意味で大変です。また循環器科は、取り扱っている疾患が特異なだけに常に進化が求められています。


医療機器だけでなく全ての業務において進化するスピードが凄まじいです。


ただ毎日出勤して真面目に働けばそれで良いというわけには残念ながらいきません。


それだけに一つの仕事を終えたときの充実感は測り知れないものがあります。




『 こんな記事も読まれています 』