8320191001keihatu.png
 
 
【 もっと仕事が早くなる24の方法 】
 
 
(1)
 
スピードのある人が
成功する。
 
スピード人間になる。
 
 
(2)
 
仕事を真面目にしない。
 
仕事のできる
「サボり上手」になる。
 
 
(3)
 
運が悪い人は、
決まって「遅い」。
 
 
(4)
 
迷ったら、
どちらでもいい
ということ。
 
迷ったら、
どちらでもいいから、
すぐ決断する。
 
 
(5)
 
「ゆっくり=安定」
 ではない。
 
「スピード=安定」
 である。
 
安定させるために、
スピードを出す。
 
 
(6)
 
ある程度の
スピードがあると、
疲れにくくなる。
 
疲れないために、
スピードを出す。
 
 
(7)
 
疲れたら、
しっかり休む。
 
 
(8)
 
スピードがあれば、
自動的に勝ってしまう。
 
先だしする。
 
 
(9)
 
一流になるための
第一歩は、
まずスピードから。
 
一流になるために、
スピードを出す。
 
 
(10)
 
解決するから、
行動するのではない。
 
行動するから、
解決する。
 
悩む時間があったら、
行動する。
 
 
(11)
 
たとえ冗談でも、
口に出して言っていると、
本当に夢が叶ってしまう。
 
冗談でもいいから、
夢を口に出して言う。
 
 
(12)
 
行動で一番時間が
かかっているのは、
決断するまでの時間。
 
「決断するまでの時間」を、
 短縮させる。
 


 
(13)
 
今日から
「話しかけられる側」
を卒業。
 
今から
「話しかける側」
になろう。
 
 
(14)
 
余裕の時間を
作りたいときほど、
スピードを出して
仕事を終わらせる。
 
午前中のうちに、
仕事を終わらせる。
 
 
(15)
 
スピードを出すほど、
失敗を感じなくなる。
 
日頃から、
失敗をたくさん経験する。
 
 
(16)
 
解決するから、
行動するのではない。
 
行動するから、
解決する。
 
悩む時間があったら、
行動する。
 
 
(17)
 
迷っていると、
時間がどんどん過ぎていく。
 
さっと決めれば、
すぐ行動できる。
 
選択するときは迷わず、
さっと決めてしまう。
 
 
(18)
 
いらない物は捨て、
好きなことをすれば、
集中力は自然と出る。
 
いらない物は捨てて、
好きなことだけに
集中する。
 
 
(19)
 
どんなにやりにくい仕事でも、
100回繰り返せば、
やりやすくなる。
 
やりにくい仕事は、
100回、繰り返す。
 
 
(20)
 
人生、何とかなるもの。
 
何とかなると、
楽観的に考える。
 
 
(21)
 
失敗したときは
「いい経験ができたなあ」
と声に出そう。
 
 
(22)
 
「まあいいか」と肯定すれば、
肩の荷が下りる。
 
 
(23)
 
捨てるという行為が、
心の新陳代謝になる。
 
大切なものに気づくために、
捨ててしまう。
 
 
(24)
 
ポジティブになれない原因は、
行動しないから。
 
行動する前に、
妄想にふけるのは、
やめる。
 
 
 
出典:HappyLifeStyle
 
スピードのある人になる30の方法
 
 
 
423420180219ht.png
 
 
■ 仕事が遅い人は段取りが悪い!?
 
 
今回紹介させて頂いた投稿は「HappyLifeStyle」さんから転載させていだきました。仕事、恋愛、趣味などの人生にまつわる色々な学びを提供してくれる素晴しいサイトです。
 
 
あなたは仕事が早いですか?。実をいうと以前の私は仕事が遅いうえに段取りが悪かったので、しょっちゅう上司から怒られていました。良く「残業代どろぼー」と言われたものです。ものすごく怖い顔の人だったので、夢にしょっちゅう出てきて夢の中でも怒られてました。
 
 
しかし、これではいけないと寝る前に明日の仕事の段取りを詳細に書くようにし、今日一日の反省と改善策を日記をつける感覚で書くようになってから劇的に段取りが良くなりました。何度も同じことを繰り返すような無駄がなくなったので、仕事も少しずつ早くなりました。
 
 
 
 
■ 仕事ができる人は仕事が早い!?
 
 
仕事は、丁寧にやらなければなりません。重要度の高い仕事ならなおさらです。しかし、同じくらいスピードも大切です。仕事ができる人は、仕事が早い人が圧倒的に多いです。仕事が早いと時間的余裕が生まれ、ミスがないかチェックをしたり、次にとりかかる仕事の準備に時間を使えます。
 
 
ですので、仕事のミスも少なく、仕事の生産性を高めることができます。しかし、仕事ができる人たちは、最初から仕事ができたわけではありません。また、最初から早かったわけではありません。経験を積みながらスピードを上げていったんです。ちなみに仕事が出来る人の共通点は以下のとおりです。
 
 

(1)机の周りがきれいに整頓されている
(2)メールの返信が早い
(3)仕事の優先順位を決める
(4)しっかり準備する
(5)期限を決めて仕事をする
(6)仕事の進捗状況をきちんと管理できる
(7)完璧主義ではない
(8)できないことはきちんと断る
(9)人に頼むのが上手

 
 
これに加えて時間管理が上手なので、時間に追われながら仕事をするということもありません。仕事が遅いと怒られますが、仕事が早くて怒られることはありません。一生懸命やっている姿をさりげなくアピールできるので、褒められることのほうが多いです。
 
 
 
 
■ 整理整頓ができるようになると仕事が早くなる!?
 
 
上述した9つの項目のうち多くの方が難しいと感じるのが、「(1)机の周りがきれいに整頓されている」「(8)できないことはきちんと断る」「(9)人に頼むのが上手」ではないでしょうか。机の周りをきちんと整理整頓すると物を探すのが非常に楽になります。
 
 
整理整頓しないと何かが必要になったときに探すのが大変です。ですので、きちんと身の回りを整理整頓することで色々なことがスムーズになるので、時間を大幅に短縮することができます。こういったことを積み重ねることで仕事のスピードを飛躍的に早めてくれます。
 
 
しかしながら整理整頓がきちんとできる人は、それほど多くありません。苦手な人のほうが多いのではないでしょうか。かく言う私も以前は整理整頓が全くといっていいほどできませんでした。整理整頓の基本は使い終わったものは、すぐに元の場所に戻すことです。
 
 
これを徹底するだけで、整理整頓にかける時間を大幅に短くすることができます。また、整理整頓が上手になると仕事の段取りも劇的によくなるので、今日から職場だけでなく、ご自宅も整理整頓しましょう。
 
 
 
 
422420180219ht.png
 
 
■ 仕事のスピードを簡単にアップする方法!?
 
 
頭の中がしっかり整理されるんで、迷いがなくなり、しかも段取りが決まっているので、毎回時計を見ながら時間を測って、ゲーム感覚で仕事をするようになるとスピードがでます。
 
 
スピードがでると余裕が生まれ、余裕が生まれると突発的に入ってくる仕事もこなせます。そうなるとさらに自分に自信がもてるようになり、面白いようにプラスに転じていきます。
 
 
今だからいえますが、このまとめがあればもっと楽に考えることができたので、悩まないで済んだと思いますが、これからさらに仕事のスピードを高めたいと思います。
 
 
 
【画像】 Pinterest
 
「仕事を圧倒的に効率化する方法」
 

 



『 こんな記事も読まれています 』