6120190601keihatu.png
 
 
【 絶対にあきらめない!大野智の名言 】
 
 
(1)
 
格好つけてるだけじゃ、
格好悪いと思う。
 
恥も考えられないくらい、
無我夢中で向かっている方が、
断然格好いい。
 
 
(2)
 
負けず嫌いではないよ。
勝ち負けはこだわらず
相手に譲れる。
 
でも、自分で決めたことに
関しては妥協しないし、
途中で投げ出すのはイヤ。
 
 
(3)
 
どんなプロも、
最初は素人だった。
 
努力に勝る天才なし。
 
 
(4)
 
歌は一生満足しません。
 
 
(5)
 
チャンスは
ピンチの顔をして
やってくる。
 
 
(6)
 
地道。
 
近道はしてこなかった。
 
結局、近道もせず
コツコツやってきたのが、
 
良かったんじゃ
ないかなって思う。
 
 
(7)
 
最初から
上手いわけじゃない。
向き不向きはあると思う。
 
でも、努力次第だよ。
もともとの天才はいない。
 
努力だったり、
好きで極めたいと思って
 
それを貫き通した人が
天才だと思う。
 
 
(8)
 
才能って言われると、
最初から備わっていなくちゃ
いけないモノのように思える。
 
本当の才能って
やり続けることができる人が
手に入れるモノだと
思うんですよ。
 
 
(9)
 
ずっと失敗してると
だんだん失敗のネタが
なくなってくるじゃん。
 
そうすると絶対成功する。
 
 
(10)
 
僕はこの先皆が
生きていてくれる
だけで嬉しい。
 
行き詰ってもいいんです。
 
この先皆が遠くに
行ってしまっても、
 
僕はいいんですよ。
 
生きていてくれれば。
 
 
(11)
 
今、目の前にあることを
頑張れないやつが、
何を頑張れるんだ。
 
 
(12)
 
努力に勝る天才なし
 


 
(13)
 
大丈夫。大丈夫だって。
 
いっぱい失敗しろ
 
 
(14)
 
本当の才能って
 
「やり続けることができる人」
が手に入れるものだと思う。
 
誰にでも、1つは
没頭できるものや、
続けられるものがきっとある。
 
そういうものこそ、
才能と呼ぶべきもの
じゃないかな。
 
 
(15)
 
どんなときも
 
「今コレを
乗り越えたら成長できる
 
負けたらどんどん
落ちていって終わりだ」
 
って思って頑張ってきたし、
いつだってみんなの支えが
あったから乗り越えてこれた。
 
 
(16)
 
やるときはやる、
やらないときは
とことんやらない。
 
だから、次がある
 
 
(17)
 
どんな理由があっても、
いじめたやつが絶対に悪い
 
 
(18)
 
人生において、
無駄なことなんてない
 
 
(19)
 
出来ないだけで
「才能がない」って
決め付けちゃいけない
 
 
(20)
 
成功の法則は
「できるまでやること」
 
 
(21)
 
大丈夫。
 
もう泣いたら大丈夫。
 
もう泣いたら、
あとはもう。
 
上に行くだけですから。
 
そのまま、
いってください。
 
 
(22)
 
ダメだって思っちゃうと
ダメじゃないものまで
ダメになる。
 
 
(23)
 
自分との闘いでは、
絶対に負けたくない。
 
 
(24)
 
才能の差は小さいが、
努力の差は大きい。

継続の差はもっと大きい
 
才能のあるなしを
気にかけるより
 
努力の質を高め、
継続を心掛けたい。
 
 
− 大野智さん(嵐) −
 
 
 
12920180310ht.png
 
 
■ アーティストとしても凄い!
 
 
今回は、嵐の大野智さんの名言をまとめさせていただきました。大野智さんは、嵐のメンバーとしての活動以外にも、映画やドラマ、そして、絵画や彫刻といったアートにまで活動を広げています。本当に多才なかたです。
 
 
どの作品も細かい作業を要する骨の折れるものばかりなのですが、国内外で評価されてます。すでに上海でも個展を開くなど、アーテイストとしても高い評価を得ています。大野さんは決してアイドルでありながらアーティスト志向が強くて、絵画の世界に飛び込んだわけではありません。
 
 
本当に卓越した技術によって作品を創作しています。一筆書きの龍を見たときは度肝を抜かれました。もちろん元々才能があったのでしょうが、これほどまでの技術は才能だけでは得られません。相当努力されたと思います。
 
 
 
 
12820180801keihatu.png
 
 
■ 地道にコツコツが一番の近道!
 
 
しかし、嵐のメンバーとして超がつくくらい多忙の中で一体いつ制作する時間を確保するのだろうと思っていたのですが、今回まとめさせていただいた大野智さんの名言を見れば納得です。やはりコツコツやる以上の近道はありませんね。
 
 
とにかく諦めずにコツコツ続けていくこと、そして、その過程で起こったことに一喜一憂しないことが大切だと気づかてくれます。大野さんのこれまでの活動を見れば、それも納得です。
 
 
私も大野さんを見習って何ごとも地道にコツコツと自分のペースで進んでいきたいと思います。
 
 
 
 
■ 大野さんの独自の健康法がすごい!
 
 
大野さんは、嵐という国民的スーパーアイドルグループのリーダーでありながら、派手なところが全くありません。生活にもそうした姿勢が現われています。まず、寝るときはベットではマットが柔らかすぎて眠れないそうです。
 
 
柔らかいと気持ちよく眠りにつけそうですが、大野さんの場合マットが柔らかいベットで寝ると翌朝体全体が痛くなってしまうのだとか。このためツアー中はベットではなく、ソファーに九の字になって寝ることが多いようです。
 
 
しかし、滞在するホテルによってはソファーも柔らかい場合があるので、その場合は床で寝るのだとか。私なんかからすると痛くて眠れなそうですが、大野さんは逆で、ぐっすり眠れるようです。そして、これがキモなんですが、寝る前にペットボトル500ml分の水を飲んでから寝るようです。
 
 
そうすると翌朝すっきり目覚められるようです。これをやるようになってから、病気しらずの超健康体となり、どんなに疲れていても寝れば翌朝は超元気に朝を迎えられるようになったそうです。
 
 
 
「 大野智 最高の歌声をありがとう 」
 

  



『 こんな記事も読まれています 』