8520190501keihatu.png
 
 
【 偉大すぎる!田中角栄の名言 】
 
 
(1)
 
いやなことは、
その日のうちに忘れろ。
 
自分でどうにもならんのに
クヨクヨするのは阿呆だ。
 
 
(2)
 
念仏を百万遍唱えても実行、
実現しなければ意味が無い
 
 
(3)
 
寝言を言ったり
不満ばかり言っている奴は、
人生終わるまで
不満を抱き続ける
人間になるぞ。
 
 
(4)
 
無理は、しなければ、
しないほうがいいんだよ。
 
苦労というものは、
いい部分もあるが、
悪い部分もある。
 
苦労はしてもいいけど、
無駄な苦労はしない
ほうがいいんだ。
 
 
(5)
 
時間の守れん人間は
何をやってもダメだ。
 
 
(6)
 
どんな境遇におかれて
辛い思いをしても、
天も地も人も恨まない
 
 
(7)
 
約束したら、必ず果たせ。
 
できない約束はするな。
 
ヘビの生殺しはするな。
 
借りた金は忘れるな。
 
貸した金は忘れろ。
 
 
(8)
 
人間は、
やっぱり出来損ないだ。
 
みんな失敗もする。
 
その出来損ないの
人間そのままを
愛せるかどうかなんだ
 
 
(9)
 
私が大切にしているのは、
何よりも人との接し方だ。
 
戦術や戦略じゃない。
 
会って話をしていて
安心感があるとか、
自分のためになるとか、
 
そういうことが人と人と
を結びつける
 
 
(10)
 
休まなきゃならんけどね、
働いてから休め。
 
それからいい時
ばっかりじゃないから
悪い時は、うち(家)に
戻ってこい、
 
貸した金は忘れてもいいから
借りた金はね、
 
返すまで絶対に一生覚えてろ、
 
それだけは今でもね
死ぬまで忘れてらんねぇな
 
 
(11)
 
ダメだと言うなら、
それよりいい案を
出しなさい
 
 
(12)
 
自分が
今のところまで来たのは、
自分から求めるよりも、
 
周りから支えられたものに
忠実だったから...
 
と云った方が当たっている。
 
与えられた仕事に
全力を尽くすことが、
新しい場面を開く結果に
なるものだ
 


 
(13)
 
人の喜び事は
とくに励ましてやる
必要はない、
 
本人が幸せなんだから。
 
むしろ苦境、悲しみの
さなかにあるとき、
力になってやるべき
 
 
(14)
 
身内のことを知りなさい。
 
身内のことも知らないで
一人前の口をきくな。
 
そして身内のために汗を流せ。
 
損して得を取れ。
 
手柄は先輩や仲間に譲れ。
 
そうすればお前、
めんこがられて、
好かれるぞ
 
 
(15)
 
第一は、できるだけ
敵をへらしていくこと。
 
世の中は、
嫉妬とソロバンだ。
 
インテリほど
ヤキモチが多い。
 
人は自らの損得で
動くということだ。
 
第二は、
自分に少しでも
好意をもった
広い中間層を握ること。
 
第三は、人間の機微、
人情の機微を知ることだ
 
 
(16)
 
とにかく、
人の悪口をいったり、
自分が過去に犯した
過ちを反省せずに、
 
自分がすべて
正しいとする考え方は、
国のなかでも外でも
通用しない。
 
そういう考えの人には
一人で山の中に
住んでもらうことだよ
 
 
(17)
 
世の中は、
白と黒ばかりでは無い。
 
敵と味方ばかりでもない。
 
その真ん中にグレーゾーン
(中間地帯)があり、
これが一番広い。
 
そこを取り込めなくてどうする。
 
天下というものは、
このグレーゾーンを
味方につけなれば、
決して取れない。
 
真理は常に中間にありだ。
 
このことを知ることが大事だ
 
 
(18)
 
一人の悪口を言えば、
十人の敵をつくる。
 
よほど信用している相手でも
「君だけには言っておくが、
じつはあいつは……」
とやれば、
 
一日経たないうちに
知らぬ者なしとなる。
 
それが政界、
社会もまた同じだ。
 
プラスになることは
一つもない。
 
どうしても
悪口を言いたければ、
一人でトイレの中でやれ。
 
 
(19)
 
人間は休養が必要だ。
 
しかし、休んでから働くか、
働いてから休むか。
 
私は一貫して後者だった。
 
 
(20)
 
できることはやる。
 
できないことはやらない。
 
しかし、すべての責任は
このわしが背負う。
 
 
(21)
 
失敗はできるだけ
したほうがいい。
 
骨身にしみる。
 
人を見る目ができてくる。
 
 
(22)
 
人間はやっぱり
出来損ないだ。
 
神様みたいな人は少ない。
 
皆、失敗はする。
 
その出来損ないの人間を
愛せるかどうか。
 
 
(23)
 
バカになってでも、
周りへの目配り、
気配りを忘れるな。
 
他人の意見に
耳を傾けてやれ。
 
我を通すだけが
能じゃない。
 
 
(24)
 
私は小学校高等科の
卒業である。
 
しかし、いささか
仕事のコツはしっている。
 
われと思わん者は、
遠慮なく大臣室へ
来てくれ。
 
上司の許可は要らない。
 
何でも言ってくれ。
 
できることはやる。
 
できないことはやらない。
 
すべての責任は、
この「田中角栄」がとる。
 
 
 
− 田中角栄 −
 
 
 
458420180219ht.png
 
 
■ 歴代総理で一番庶民に愛された人!
 
 
今回は、田中角栄元総理の名言を集めさせていただきました。戦前、戦後を通じて偉大な政治家の一人として、必ず田中角栄元総理の名前が上がりますよね。
 
 
私が田中角栄元総理の存在を知った頃にはもう政界は引退されていましたので、それほど印象に残っていないのですが、それでもロッキード事件に関しては強く印象に残ってます。
 
 
毎年必ずといっていいほど報道番組で特集が組まれていたので、これらのドキュメンタリーを好んでよく見ました。かなり悪い政治家というイメージを知らず知らずのうちに植えつけられたようです。
 
 
しかし、数年前に田中角栄さんの自伝を読んで、その愛すべき人柄に一発でフアンになりました。人柄だけでなく、今回の言葉にあるとおり、言葉から人への強い愛情を感じますし、一番庶民に愛された総理大臣だったことは間違いありません。
 
 
 
 
21020180701keihatu.png
 
 
■ 実行力がすごい!
 
 
私も過去に何度か東京の目白というところにある田中角栄さんが住んでいた邸宅を訪れたことがあるのですが、私邸とは思えない素晴らしい建築物です。生前田中角栄さんが現役の議員だったころは、休日ともなると各界、各層の陳情客が100人単位で列をなしていたそうです。
 
 
一人一人順番に陳情の内容を聞いて「よし分かった」「それは出来る」「それは出来ない」といった具合に次々と陳情をさばいていったようなんですが、「分かった」と言ったものに関しては100%実行されたそうです。
 
 
毎回100人を超える陳情客の話を聞くだけでも大変ですが、そこから出来ることと出来ないことを選別して、出来ないと判断した場合も、その理由をきちんと相手が納得するまで田中角栄氏自ら説明していたようです。ですので、いまだに愛され続けているんですよね。
 
 
 
 
■ 念願の総理大臣になって心と体がボロボロに!
 
 
田中角栄さんは、とにかく行動力が凄まじく、あまりにも強引だったので、心身に相当な負担をかけまくっていたようです。20代、30代前半の若者なら問題ないかもしれませんが、40代も後半になると心臓や脳の血管障害をたびたび引き起こしていたようです。
 
 
それを医師から処方された薬で乗り切ろうとしていたので、ゴルフを勧めたようです。ゴルフは歩くので血管が柔らかくなって血流も改善されるので、田中角栄さんにとっては最高の健康法でした。しかし、もう一つ健康を害する問題がありました。
 
 
それが「お酒」です。総理大臣に就任されたころは、それまで受けたことのないプレッシャーを多方面から受けながら働かなければならないため、ストレスのレベルも半端ではなかったのだとか。このためストレスを解消するために朝から高級ウィスキーをがぶ飲みしていたようです。
 
 
もちろんそんなことをして体がもつわけもありません。糖尿病を患い、血糖値は400mg/dl前後あったようです。それでも容赦なくマスコミのスキャンダル攻撃を受け続けなければならず、そのストレスから顔面マヒとなって、普通にしゃべることも困難な状態になってしまったのだとか。
 
 
 
「 勤勉の人 田中角栄 」
 

 



『 こんな記事も読まれています 』