16520181203keihatu.png
 
 
【 強すぎる!ダルビッシュ有の名言 】
 
 
(1)
 
追い込まれれば
追い込まれるほど
楽しくないですか?
 
 
(2)
 
メンタルトレーニング
っていうのは一切しないです。
 
そういうのに頼る人を見ていると、
「ああ、精神的に弱いんだな」
と思いますけどね。
 
 
(3)
 
勝つこと目指して
やっています。
 
それ以外は考えていません。
 
 
(4)
 
他人と比較しても
良い事はほとんどない。
 
こんな事割く時間があるなら
自分が成長するための
時間に使って欲しい
 
 
(5)
 
土日の休みが消え、
夏休みが消え、
冬休みが消え、
友達が遊んでいる時に
練習していた。
 
だからこそ今がある
 
 
(6)
 
プロで通用するには、
1軍ですごいんちゃうかって
構えていたらダメ。
 
ちょっとはナメておかないと
ダメだと思うんです。
 
みんなそれがなかなかできない
 
 
(7)
 
能力があるのに
自分に甘い人、
だらしない人、
目標に向かって
いこうとしない人、
そういう人が大嫌いなんです。
 
イライラする
 
 
(8)
 
今日もいい1日にする!
人に負けるのはいいけど、
自分には絶対負けへん
 
 
(9)
 
先のことは考えていません。
 
一戦一戦チームの勝利に
貢献するという
 
こと以外は
考えていないですね
 
 
(10)
 
僕が完全試合をしても
チームにとっては3勝、5勝に
なるわけではないので
何も思ってないですけど
 
 
(11)
 
色々な選手を見ていて思う事。
 
成功が長く続けられる選手は
自分を冷静に客観視でき、
かつ足りない部分に
最適な努力を見つけ出す。
 
これはスポーツに
限った事じゃないんでしょうね
 
 
(12)
 
ずっと1人で歩いてきた。
 
誰の手も借りず。
 
大きな壁もたった1人で
乗り越えてきた。
 
ずっと1人でやってる時は
何とも思わなかったけど、
振り返れば孤独だったかな
 


 
(13)
 
メジャーのやつらは
なめてるんですよ。
 
俺日本で7年投げてて、
これだけのイニング
投げてるんやぞって言っても
「だから何なん」みたいな感じ
 
 
(14)
 
正直な話、
アメリカに行って
日本との差をすごく
感じました。
 
一番の問題は、日本人が
その差をわかって
いないこと
 
 
(15)
 
僕はスポーツに関しては
50%の努力と
39%の頭脳と
1%の才能が
必要だと思っています
 
 
(16)
 
理にかなった
調整メニューや
ケアの仕方がすごく大事
 
 
(17)
 
身体ができて、
技術も上がりました。
 
それによって遊び心が
出てきましたね。
 
練習でも試合でも、
さまざまなボールを
試してみる
余裕が生まれた
 
 
(18)
 
僕は楽しみながら
野球をしていれば
結果はついてくると
思っている
 
 
(19)
 
誰も考えつかない、
身体に最高に効く
トレーニングを
どんどん作っていきます
 
 
(20)
 
1日7食、
その間にプロテインとかも
1日5、6回摂って
常に吐きそうな状態で
毎日過ごしてました
 
 
(21)
 
練習は嘘つかないって
言葉があるけど、
考えてやらないと
普通に嘘つくよ
 
 
(22)
 
ホント、
考えますよ、
さすがに。
 
ここまでなげられないと。

神様は自分に
何を教えようと
しているのか、
 
まったく分かんない。
 
 
(23)
 
大事なのは「継続」です。
 
高いレベルでの
努力を継続していく。
 
そして、
それが結果になれば、
アスリートとして
だけではなく、
 
人間的にも大きく
成長することができる。
 
僕はそう思っています。
 
 
(24)
 
もちろん負ければ、
そりゃぁ悔しいんですよ。
 
でもピッチャーである以上、
ヒットは必ず打たれるわけだし、
 
勝つか負けるか
どちらかしかないですから。
 
悔しくて眠れないことは
ないですね。
 
引きずらないし、
感情には左右されない
ほうだと思います。
 
 
− ダルビッシュ有 −
 
 
 
25620180701keihatu.png
 
 
 
■ 近年はケガに泣かされる!
 
 
今回は、メジャーリーグのシカゴカブスに所属するダルビッシュ有投手の名言を集めさせていただきました。一昨年古巣のテキサス・レンジャーズからLAドジャースに電撃移籍し、ワールドシリーズ進出に貢献するも、惜しくも優勝を逃します。
 
 
シーズン終了後にシカゴカブスに移籍し、2018年シーズンは残念ながら1勝3敗で終えています。5月に右上腕三頭筋の腱炎(けんえん)で故障者リスト(DL)入りし、右肘の炎症なども判明し、現在も治療しながら調整しているようで、ようやく痛みが引いたようです。
 
 
ダルビッシュ有投手はテキサス・レンジャーズ時代にオープン戦で、たった12球投げただけで違和感を訴え降板し、その後すぐに精密検査を受けると右肘側副靭帯が負傷していることが明らかになりました。
 
 
 
 
■ 食生活がとにかくストイック!
 
 
ダルビッシュ投手は、普通の日本人からすれば超恵まれた肉体(身長195cm、体重約100kg)なんですが、本人いわく「日本人とメジャーのスター選手の肉体は比べ物にならないほど劣っている」そうです。2012年にメジャーに移籍して最初のキャンプで痛感したようです。
 
 
日本でもハードなトレーニングを行っていましたが、アメリカに来てからより一層ハードなトレーニングに取り組んでいます。また、普段の食生活もめちゃくちゃストイックです。まずカラダに良いものなら不味くても食べる、逆にカラダに悪いものはどんなにおいしくても絶対に食べないようです。
 
 
アイスやお菓子類は一切口にしていないようです。下にある動画でダルビッシュ投手が普段口にしている食事を見たのですが、その日はトマト、たまねぎ、ブロッコリー、ゆでたまご、鶏肉(ゆでたもの)でした。つまりほとんど調理らしい調理をしていません。
 
 
また、野菜や肉にドレッシングやソースは一切かけないで食べてました。これにプロティンをプラスして1日に6食が基本なんだそうです。恐らくご家族とは違う食事をとられているのでしょうね。でなければご家族はたまったものではありません。
 
 
 
 
25520180701keihatu.png
 
 
■ 今シーズン中に完全復活なるか!?
 
 
昨年どうしても手術をする必要があったため、色々迷われた結果肘の腱の移植手術(トミー・ジョン手術)を受けて長期間にわたってリハビリを行うも、中々思うように回復していたので当時は相当荒れていたようです。家族の支えによって乗り切ったようです。
 
 
復帰に関しては相当遅れると予想されていましが今シーズン無事復帰しています。現時点(2019年10月22日)では、31試合に登板して6勝8敗で負け越しています。かなり苦戦していますが、来シーズンに向けて調子を取り戻してもらいたいところです。
 
 
名言22の言葉にあるとおり、過去2シーズンはケガや不調に苦しめられてきたので、精神的にかなり辛い状態だったと思います。それを乗り越えての復活となるので、今シーズン中にダルビッシュ投手が完全復活する姿が見られることを期待しています。
 
 
 
【画像】 Pinterest
 
ダルビッシュ有のストイックすぎる日常
 

 



『 こんな記事も読まれています 』