419.png
 
 
 
【癒されるジェームズ・アレンの名言】
 
 
(1)
 
あなたの
 
周りの人たちは、
 
あなたを映し出す
 
「鏡」です。
 
 
 
(2)
 
環境が人を作る
 
のではありません。
 
 
環境は私たちに、
 
私たちがどんな
 
人間であるかを
 
教えてくれる
 
だけなのです。
 
 
 
(3)
 
不幸せの原因は、
 
他の誰かの
 
身勝手ではなく、
 
自分自身の
 
身勝手である。
 
 
 
(4)
 
不平を言うのは、
 
もうやめなさい。
 
 
それは、
 
あなたを
 
自己破滅へと導く
 
恐ろしい罠なのです。
 
 
 
(5)
 
私たちは
 
どんな時にも、
 
自分が学び、
 
成長を遂げるために、
 
最適の場所にいるのです。
 
 
 
(6)
 
人々が幸せを求めて
 
旅に出ようと
 
していたとしても、
 
ついて行ってはいけません。
 
 
幸せとは、
 
あなたの内側に
 
あるものなのですから。
 
 
 
(7)
 
成功を引き寄せるのは、
 
日々の努力です。
 
 
 
(8)
 
あなたは自分の
 
考え方一つで、
  
自分の人生を

破壊することも、
 
素晴らしいものに
 
作り替えることも
 
出来るのです。
 
 
 
(9)
 
賢い人とは、
 
自分の心を
 
コントロール
 
している人であり、
 
 
愚かな人とは、
 
逆に、それに
 
コントロール
 
されている
 
人なのです。
 
 
 
(10)
 
 
人は受け取る
 
ことよりからも
 
与えることからの方が
 
はるかに大きな喜びを
 
手にすることが出来る。
 
 
 
【出典】
 
ジェームズ・アレン全一冊
 
 
 
今回は、自己啓発の大家であるジェームズ・アレンの名言を集めさせていただきました。かなり昔のことになりますが、引き寄せの法則が流行ったころに良く読んだ記憶があります。
 
 
生きていれば愚痴の一つや二つ、誰だっていいたく鳴る時がありますよね。ネガティブな要素はだれにでもありますが、ジェームズ・アレンは、それにコントロールされるようなことになれば自己破滅の道を突き進むだけだと常に説いています。
 
 
今愚痴をいいたくなる気持ちは痛いほど良く分かります。なにかとストレスの多い今の時代なら余計いにそうお思いますが、しかし、愚痴を言葉に出していうことで脳への記憶がどんどん強くなってしまいます。
 
 
そうなると嫌なことがどんどん嫌になってしまい、さらに愚痴をこぼしたくなる機会が増えてしまうのです。ですので、できるかぎり愚痴はこぼさないほうがいいでしょう。 
 
 
最近は自己啓発関連の本を読む機会がめっきり減りましたが、ジェームズ・アレンは別です。不安なときに読むと心が晴れるので、心と体をポジティブな状態を保ちやすく非常に助かっています。
 
 
 
【出典】岡本真さん
 
 「朗読「思いが現実をつくる」ジェームズ・アレン著 Part1」
 

 
 
 



『 こんな記事も読まれています 』