Image96.png                                                                                                                                                                                                                                                  
【 偉大すぎる!五代様の名言 】
 
 
(1)
 
仕事は命がけや。
 
 
死んでも仕事は残る...
 
そういう仕事をせなあかん
 
 
 
(2)
 
自分より地位の低いものが
 
自分と同じような意見なら、
 
必ずその人の意見として
 
採用すること
 
 
 
(3)
 
地位か名誉か金か、
 
いや、大切なのは目的だ
 
 
 
(4)
 
愚説愚論だろうと
 
最後まで聞いてあげること
 
 
 
(5)
 
怒りにまかせ、
 
怒気怒声を発すれば、
 
あなたの徳望を失うことになる
 
 
 
(6)
 
自分が嫌ってしまえば、
 
相手もまた自分を嫌ってしまう。
 
 
ゆえに、気のすすまない相手とも
 
積極的に交際をすること
 
 
 
(7)
 
事務上の決断は、部下の話が
 
煮詰まってからすること
 
 
 
(8)
 
勝たなあかんで。
 
負けの人生は惨めや。
 
 
負けたらあかん、
 
他人やない「自分」にや
 
 
 
(9)
 
 
人の上に立つ者は
 
時に非情にならねば
 
ならんこともある
 
 
偽善者ではあかん
 
ということです
 
 
 
(10)
 
死んでも五代の築いた
 
大阪は残る
 
 
 
− 五代友厚 −
 
 
 
【参照】五代友厚 商都大阪を築き上げた「英雄」の生涯
 
 
 
今回は、明治の偉人、五代友厚の名言をまとめさせていただきました。五代友厚は瀕死の状態にあった大阪経済を立て直した功績が後世にまで伝えられるほどの偉人ですが、とにかく猛烈に働いたようですね。
 
 
また、遊びも半端ではなかったようです。物凄い酒豪でプレイボーイ(古い表現ですが...)だったようです。「英雄色を好む」を地で行っていたわけですが、無理が祟ってか、50歳という若さで亡くなっています。
 
 
しかも、死因が明治時代に糖尿病ですからね、いかに無理していたかが伺いしれます。今回まとめさせていただいた名言の中に(9)だけ、大人気ドラマ「あさが来た」でのセリフです。このセリフを耳にしたとき鳥肌がたちました。
 
 
 
大酒飲みでプレイボーイ?朝ドラで再注目「五代友厚」の素顔
 

 
 



『 こんな記事も読まれています 』


 カテゴリ
 タグ