1320190401keihatu.png
 
 
【 やっぱり凄いイチローの名言 】
 
 
(1)
他人が言う成功を
追いかけ始めたら
 
何が成功か分からなく
なってしまいます
 
 
(2)
プロ野球選手は
怪我をしてから治す人が
ほとんどです。
 
しかし、大切なのは
怪我をしないように
普段から調整することです。
 
怪我をしてからでは
遅いのです
 
 
(3)
何かをしようとした時、
失敗を恐れないで
やってください。
 
失敗して負けてしまったら、
その理由を考えて
反省してください。
 
必ず将来の役に立つと
思います。
 
 
(4)
本物でないものは
すぐに見破られます
 
 
(5)
「できなくても
 しょうがない」は
 終わってから
 思うことであって、
 
 途中にそれを思ったら
 絶対に達成できません
 
 
(6)
バットの木は
自然が何十年も掛けて
育てています。
 
僕のバットは
この自然の木から
手作りで作られています。
 
グローブも
手作りの製品です。
 
一度バットを投げた時、
非常に嫌な気持ちに
なりました。
 
自然を大切にし、
作ってくれた人の
気持ちを考えて
 
僕はバットを投げることも
地面に叩きつける
こともしません。
 
プロとして
道具を大事に扱うのは
当然のことです
 
 
(7)
夢は近づくと目標に変わる
 
 
(8)
夢を掴むことというのは
一気には出来ません。
 
小さなことを
積み重ねることで
 
いつの日か
信じられないような
力を出せるように
なっていきます
 
 
(9)
小さなことで
満足することっていうのは
 
すごく大事なことだと
思うんですよね
 
 
(10)
達成感や満足感というのは
味わえば味わうほど
前に進めると思っている
 
 
(11)
ムダなことって
結局ムダじゃない
 
 
(12)
生まれ持った
才能とか努力では
掴めないものがある
 


 
(13)
失敗を重ねることって大事
 
 
(14)
個人で面白いプレーが
魅せられなかったら、
それこそプロとして
失格でしょう
 
 
(15)
壁というのは、
できる人にしか
やってこない。
 
超えられる可能性がある
人にしかやってこない。
 
だから、壁がある時は
チャンスだと思っている
 
 
(16)
技術は、
年々上がっているんです。
 
出場機会さえあれば
キャリアハイを残せます
 
 
(17)
子供の頃から
人に笑われてきたことを
常に達成してきている
という自負はある
 
 
(18)
自分を殺して
相手に合わせることは
僕の性には合いません。
 
まして上から
いろいろ言われて
納得せずにやるなんて
ナンセンスだと思います。
 
 
(19)
いろんな世界の
トップの人たちに
会いましたけど、
みんな口を揃えて
言いましたよ
 
「自分のために
 やっている」って。
 
 
(20)
過去の業績に
夢中になるのではなく
 
将来の業績に
重点を置いています。
 
それが私のモットーです。
 
 
(21)
ハイレベルのスピードで
プレイするために
ぼくは絶えず体と心の
準備はしています。
 
自分にとって
いちばん大切なことは
試合前に完璧な準備を
することです。
 
 
(22)
結果が出ないとき
どういう自分でいられるか。
 
決してあきらめない姿勢が
何かを生み出す
きっかけをつくる。
 
 
(23)
僕だって練習は嫌いですよ。
つらいし、大抵はつまらない
ことの繰り返し。
 
でも、僕は目標を持って
努力するのが好きなんです。
 
だってその努力が
結果として出るのは
うれしいじゃないですか。
 
 
(24)
小さいことを積み重ねるのが、
とんでもないところへ行く
ただひとつの道だと思っています
 
 
 
− イチロー −
 
 
 
22820180601keihatu.png
 
 
■ 超一流の中の超一流!
 
 
今回は、元メジャーリーガ−のイチローさんの名言をまとめさせていただきました。今回改めて色々と読み返してみて思ったのですが、イチローさんは本当に名言の数が多いですよね。
 
 
ヤフーやグーグルで「イチロー 名言」で検索すると、とんでもない数が出てきます。しかも、内容の素晴らしさが他の著名人と比べてもずば抜けていますし、ネットでの引用されている数がこれまた凄まじいことになってます。
 
 
また、英語で検索すると英語でのインタビュー記事が出てくるんですが、その紹介のされ方が、また凄いんです。日本だと分かりにくいですが、アメリカでもイチロー選手は別格なんですね。まさに一流の中の一流ですね。
 
 
 
 
22720180601keihatu.png
 
 
■ 背水の陣で2019年シーズンに挑むも遂に引退!
 
 
残念ながら2019年にイチロー選手は、引退することになりました。まだまだやれると思っていたんですが、40歳をすぎてから少しずつ衰えを感じさせる場面がふえました。成績だけみてもヤンキースで過ごした3シーズン(2012年〜2015年)と較べてマーリンズでの2シーズン(2016年、2017年)は、満足できる結果を残すことができませんでした。
 
 
2017年シーズンも途中出場がほとんどで、打席数も215にとどまり、前年よりも150打席少ないので、相当フラストレーションがたまったと思います。いくら人気があるといっても、これでは契約更新されなかったのも無理ありません。
 
 
古巣マリナーズに移籍し、2018年シーズン序盤はレギュラーとして、存在感を見せる場面も何度かありましたが、事実上の戦力外通告となって、残りのシーズンをコーチとしてベンチ入りしました。練習はチームメイトとともにずっと続けていたので、いまだにフィジカル面は問題ないようです。
 
 
 
 
1520190401keihatu.png
 
 
■ 動体視力の低下が露わに!
 
 
しかし、これほどまで長く実践から遠ざかっていたのと、動体視力がかなり低下していたので、以前のようなバッティングは最後まで見られませんでした。日本で行われたオープン戦が現役最後の試合となり、27年間に及ぶプロ野球生活にピリオドを打ちました。
 
 
以前から最低でも50歳まで現役を続けることを以前から公言してました。これは決して自分にプレッシャーをかけるために言っていたわけではなく、日々のトレーニングで常に自分の体と向き合っていたので、イチロー選手自身、フィジカル面では衰えを感じていないようです。
 
 
驚いたことに走ることに関しては、全盛期の頃よりも早くなっていたそうです。事実オープン戦最後の打席でも、凡打なのにセーフでもおかしくないくらい凄い走りでした。本当に凄い方ですよね。アスリートの鏡です。
 
 
個人的には日本球界に復帰するかもと、期待していたのですが、やはりイチロー選手のプライドがそれを許さなかったようです。
 
 
 
【画像】 Pinterest
 
「イチロー引退試合」
 

 



『 こんな記事も読まれています 』