8820180701keihatu.png                                                                                                                                
【 真のリーダー!ムヒカ元大統領の名言 】
 
 
(1)
 
本当のリーダーとは、
多くの事を成し遂げる者ではなく、
自分を遥かに超えるような
人材を育てる者
 
 
(2)
 
金持ちは政治家になってはいけない
 
 
(3)
 
残酷な競争で成り立つ消費主義社会で
「みんなの世界を良くしていこう」
というような共存共栄な議論は
できるのでしょうか?
 
どこまでが仲間でどこからが
ライバルなのですか?
 
 
(4)
 
私たちは発展するために
生まれてきたわけではない
 
幸せになるために
地球に生まれてきたのだ
 
 
(5)
 
国を治めるものの生活レベルは
その国の平均でなければならない
 
 
(6)
 
大統領官邸に住んで
42人の職員を雇うぐらいなら、
学校のために経費を
使いたいので、住まない
 
 
(7)
 
大統領は、
多数派が選んでくれたんだから、
多数派と同じ生活をしなきゃいけない
 
 
(8)
 
石器時代に戻れとは言っていません。

マーケットをまたコントロール
しなければならないと
言っているのです
 
 
(9)
 
私は、消費主義を敵視しています。
 
現代の超消費主義のおかげで、
私たちは最も肝心なことを
忘れてしまい、人としての能力を、
人類の幸福とはほとんど関係がない
ことに無駄使いしているのです
 
 
(10)
 
人間とは何なのか、
何度も自分に問いかけた
 


 
 
(11)
 
本当に日本人は
幸せなのかと疑問である
 
 
(12)
 
政治とは全ての人の
幸福を求める闘いなのです
 
 
(13)
 
我々はあの世に何も持っていけない。
 
後世に教育を残すのです
 
 
(14)
 
自分にとっての
幸せを探して下さい
 
 
(15)
 
日本にいる子供たちよ。
 
君たちは今人生で
最も幸せな時間にいる。
 
経済的に価値のある
人材となるための勉強ばかりして、
早く大人になろうと急がないで。
 
遊んで、遊んで、子どもでいる
幸せを味わっておくれ
 
 
(16)
 
人間は命のあるものからしか
幸せにしてくれないものなんだ、
モノからでは幸せにしてくれない
 
 
(17)
 
物を買うというのは、
稼いだ金で買っているのではなく、
労働をした時間で買っているのだ
 
 
(18)
 
人生で最も重要なことは
勝つ事ではありません。
歩み続けることです
 
 
(19)
 
私は貧乏ではない。質素なだけです
 
 
(20)
 
世界を変えられるわけではありませんが、
あなた自身は変わることができるんですよ
 
 
(21)
 
貧しい人というのは、
ものをもっていない
人のことではない。
 
真に貧しい人というのは、
際限なくものを欲しがり
永遠に満たされない
人のことである
 
 
 
− ホセ・ムヒカ −
 
 
 
8920180701keihatu.png
 
 
■ 大統領時代の給料は9割寄付!
 
 
今回は、元ウルグアイ大統領、ホセ・ムヒカ氏の名言をまとめさせていただきました。2015年に大統領職を去ってからもムヒカ大統領として在任中に行った数々の功績が讃えられ、世界中を講演活動などで駆け巡っています。
 
 
今年で81歳になるとは思えないほど、元気がよく精力的に活動されていますよね。ムヒカ大統領の凄いところは、口だけでなく、行動がどもなっている点です。今もって質素な生活を奥様とともに送り続けています。
 
 
大統領時代は日本円にして110万円くらい給料をもらっていたようなんですが、そのうちの約9割を寄付していたので、10万円程度で生活していたようです。
 
 
 
 
9020180701keihatu.png
 
 
■ 真のリーダーの役割とは!?
 
 
ちなみに平均的なウルグアイ国民の月収がだいたい5万円程度なので、ほぼ同レベルの生活を送っていたことになります。しかも、大統領官邸には住まないは、普段乗っている車は30年前のフォルクスワーゲンのビートルと、徹底していました。
 
 
9120180701keihatu.png
 
 
また、自分より優れた人材をより多く輩出することが真のリーダーの役割だといった意味合いのことを聞いた時には心が震えました。ホセ・ムヒカ氏こそ真のリーダーですね。
 
 
 
【画像】 Pinterest
 
 
「世界一貧しい大統領の言葉」
 

 
 
 



『 こんな記事も読まれています 』