22320180601keihatu.png                                                                                                                              
【深い思いやり!ダライ・ラマの名言】
 
 
(1)
 
怒り、いさかい、嫉妬、
激しい競争によって友情は
生まれるでしょうか。
 
友をつくる最良の方法とは、
非常に思いやりのある
人間になることです。
 
親愛の情だけが、
真の親友をもたらします
 
 
(2)
 
私たちの人生の目的は、
幸せになることなのです
 
 
(3)
 
思いやりがあれば、
人生に起こる苦しみや
問題は自分で解決できる
 
 
(4)
 
苦しみがこの世に
あることによって、
私たちは喜びを感じる
ことが出来るのです
 
 
(5)
 
心の平安があれば、
健康もついてくるでしょう。
 
穏やかな心を持つ人は、
よい友人たちを引きつけます。
 
一般的にみて、
幸福な状態にあるということは、
お金も引きつけている
ということです
 
 
(6)
 
だれもが願っている幸福な人生。
 
あなたはどうしたら
幸せを見いだせるのだろう。
 
そのためになにより大切なのは、
あなたのなかにある、穏やかで優しい
「思いやり」の心をはぐくむことだ
 
 
(7)
 
どれほど崇高な
目標があったとしても、
極端な努力をしてしまうと、
続かなくなります
 
 
(8)
 
変わることに寛容であっても
自分自身の価値観を
失わないように
 
 
(9)
 
好きな人と口論になったときに、
現在の状況だけについて問いなさい、
過去のことは持ち出さないように
 


 
(10)
 
敵と思えるような
相手に出会ったら、
忍耐や寛容を
与える修行だと
考えてみてください。
 
 
(11)
 
真の幸せは
心の平安と充足感から
生まれるものであり、
それは愛他主義、
愛情と慈悲心を培い、
そして怒り、自己本位、
貪欲といったものを、
次々と根絶してゆくことによって
獲得できるものなのだ
 
 
(12)
 
人類はある意味で地球の子供なのだ
 
 
(13)
 
睡眠は最高の瞑想である
 
 
(14)
 
もし人間の本性が憎しみや
人を殺すことにあったのなら、
人類はすでに滅亡しているはずです
 
 
(15)
 
私の哲学とは、「愛」なのです
 
 
(16)
 
毎日いくらかの時間は
一人で過ごしなさい
 
 
(17)
 
最高の人間関係とは
お互いを愛する気持ちのほうが、
お互いを必要とする気持ちよりも
勝るものであるものだという
ことを忘れないように
 
 
(18)
 
私たちの人生の目的は、
幸せになることなのです
 
 
 
− ダライ・ラマ −
 
 
【 参照 】傷ついた日本人へ (新潮新書)
 
 
 
Image114.png
 
 
■ 祖国を離れてから1度も帰れず
 
 
今回は、ダライ・ラマさんの名言をまとめさせていただきました。ダライラマさんは政治的理由から祖国チベットを離れても常にチベットの人々の心の支えとなってます。幼少のころにチベットを離れてから一度も帰国されていません。
 
 
こういったことが平和を訴える活動の原動力になっているのかもしれません。しかも、特定の人や人種、企業、組織、団体、国家を批判したことがほとんどありません。この点も素晴らしいです。
 
 
また、今回ご紹介させて頂いた名言にあるとおり、自分に対して牙を向ける存在に対しても常に平和的姿勢で挑もうとする様が世界中の人たちから尊敬を集めています。私も初めてダライ・ラマ14世の言葉を耳にしたときは涙がとまりませんでした。
 
 
 
 
22420180601keihatu.png
 
 
■ その言葉に嘘偽りなし!
 
 
その言葉に嘘偽りはありません。ダライラマさんは純粋な思いから訴えかけてくるので、まっすぐに心に届きます。英語もシンプルな言葉で構成されているので、非常に分かりやすく、それゆえにダライ・ラマの思いが深く人々に伝わったのだと思います。
 
 
世界が混沌としている状況にあるからこそ、ダライラマのような考え方が必要なんだと思います。と、思っているだけではだめなので、身近な人間関係から早速取り組んでみます。
 
 
 
ダライ・ラマ14世  今を生きる賢者の言葉
 
 
 
 



『 こんな記事も読まれています 』