Image120.png
 
 
 
【天才すぎる!モーツアルトの名言】
 
 
(1)
 
多くのことをなす近道は、
 
一度にひとつのことだけすることだ
 
 
 
(2)
 
オリジナルな曲を書こうなんて、
 
これっぽっちも考えたことはない
 
 
 
(3)
 
尊貴な学位も想像力も、
 
その両方を足したものも、
 
天才の誕生には至らない。
 
 
愛、愛、愛。
 
 
それこそが
 
天才の神髄なんだ
 
 
 
(4)
 
私は人の賞賛や非難を
 
まったく気に留めない。
 
 
ただ自分の感じる
 
ままに行うんだ
 
 
 
(5)
 
夢を持つことです。
 
 
ただし、
 
多く持ちすぎては
 
いけません
 
 
 
(6)
 
私は生涯で一度も、
 
独創的なメロディーを
 
作ったことがない
 
 
 
(7)
 
みなさんが
 
私に認めてくれる才能は、
 
あるお守りのおかげ
 
だと思っています。
 
 
そのお守り、それは勉強です
 
 
 
(8)
 
僕は貴族ではないが、
 
貴族にもまさる
 
高貴な心をもっている。
 
 
人間を高めるのは、
 
身分ではなく、心だ
 
 
 
(9)
 
良く喋り、
 
能弁であることは、
 
偉大な技術であるが、
 
喋るのを止める
 
適切な時を知ることも、
 
同様に偉大な技術である
 
 
 
(10)
 
夢を見るから、人生は輝く
 
 
 
− モーツァルト −
 
 
 
【 参照本 】
 
モーツァルト 天才の秘密
 
 
 
今回は、モーツァルトの名言をまとめさせていただきました。モーツァルトは音楽家として10代前半で大きな成功を収めるも、天才ゆえに周囲と衝突が耐えなかったようです。
 
 
このため、一番高収入が得られるはずの貴族たちの前での演奏会の仕事が回ってこなくなり、生活に困窮することも度々あったようです。
 
 
モーツァルトが作曲した900曲以上の曲は300年の時を経て人々を魅了し続けているわけですが、その優れた音楽家としての才能に嫉妬する同業者は多かったようです。
 
 
実際に何度か命を狙われたこともあったようで、ウィーンに定住してからは身の危険を感じながら生活しなければならなかったようです。いつの時代も天才が天才として生きるのは大変なんですね。
 
 
 
 
【 参照動画 】
 
「アマデウス・モーツァルト 天才作曲家の不可解な死」
 
 
 
 
 



『 こんな記事も読まれています 』