7920190701keihatu.png
 
 
【最強のジョッキー!武豊の名言】
 
 
(1)
 
もっと上に行こう、
という欲を失ったら終わり。
 
努力とか根性とかよりも
「欲」ですよ
 
 
(2)
 
ここで勝てば何連覇だ、
とかやっぱり考えます。
 
でも、そうやって
自分に期待することは、
決してマイナスにはならない
 
 
(3)
 
負けは負け。
 
その圧倒的に多い負けを
ムダにしないで
教訓にできる人が、
 
他の人よりもちょっと
勝てるんじゃないかな
 
 
(4)
 
馬は喋れないですからね、
 
正解か間違っているのか
分からない中で最高のものを
探していかなきゃいけない
 
 
(5)
 
不思議なことに、
怪我をしても
「もう競馬は嫌だ」なんて
まったく思わなくて、
 
毎日「早く乗りたい」
って思うんです
 
 
(6)
 
レースの前には
もちろん色々考えます。
 
特にGIは早めに
枠順が発表されるので、
 
その分だけ
考える時間は長くなる
 
 
(7)
 
どんなに
経験を積み重ねて、
似た場面を分類
できたとしても、
 
正解はその都度
違うんですから。
 
ただ、選択肢のなかに、
正解が含まれている率は
 
経験によって
高まるんだと思います
 
 
(8)
 
負けたら
どうしようではなく、
 
勝ったら
どうしようとだけ
考える。
 
そして、
他人の期待より、
自分自身に対する期待を
大切にする
 
 
(9)
 
強い馬が、
強い勝ち方をすることに、
競馬の真の面白さがある
 
 
(10)
 
雑音を消す方法は
たったひとつ、
レースで勝つしかない。
 
 
(11)
 
自分で決めることを
どんどん減らして
いるんですよ。
 
そのほうが楽だから
 
 
(12)
 
とにかく、
やるべきこと、
 
やれることを
全部やっていく
つもりです。
 
その結果、
見ている人を
ワクワクさせるような、
 
レースができればいいなと
思っているんです
 


 
(13)
 
実戦を1万回
経験したときに、
 
いままでは
見えなかったものが
きっと見えてくる
気がするんです
 
 
(14)
 
成功したら
どうしようとは
考えていますが、
 
失敗することは
全然考えてないです
 
 
(15)
 
パドックで馬に
またがってから
 
ゴールして無事に
厩務員さんに引き渡すまで、
 
100回以上の選択が
繰り返されていると
思います
 
 
(16)
 
自分の技術だけじゃ
どうにもならない。
 
走るのは、だって、
意志の通じぬ、馬のほう。
 
だからこそ、楽しい。
 
馬とともに走り、
馬とともに勝つのは、
 
人生をかけて
追い求めるのに
ふさわしい巨大な謎だから
 
 
(17)
 
勝利の方程式をつかんだ?
 
道を究めた?
 
そんなこと、
思ったこともない。
 
デビュー以来
3500勝したけれど、

出走回数は
1万7000回以上。
 
勝率にしたら
2割に満たない。
 
負けた数のほうが
はるかに多い
 
 
(18)
 
競馬は結果がすべて。
 
結果を競っている
んであって、
努力を競っている
わけではない。
 
 
(19)
 
ボクらジョッキーに
できることは
 
『今度のレースだけは
 絶対に見に行きたい』
 
と思わせるような競馬を
続ける、ということです
 
 
(20)
 
ムチを見せるだけで
(叩かなくても)
気を抜かずに走ってくれる
賢い馬も多い。
 
 
(21)
 
頑張らんと来年税金が
払えんようになる
 
 
(22)
 
競馬場がギャンブルから
少し離れ、
 
家族や友人同士で
スポーツを楽しむ
スタジアムや野球場のような
場所になれば嬉しいですね。
 
そのために、
時にはまるで
劇画のような(笑)、
 
ドラマチックで興奮を
誘うレースも見せないと
 
 
(23)
 
どんなに経験を
積み重ねて、
 
似た場面を
分類できたとしても、
 
正解はその都度
違うんですから。
 
ただ、選択肢のなかに、
正解が含まれている率は
経験によって
 
高まるんだと思います
 
 
(24)
 
昨日のボクより
上手に乗れるように
なっていたい
 
 
 
− 武 豊 −
 
 
 
27120180701keihatu.png
 
 
■ 今年ついに50歳!
 
 
今回は、騎手の武豊さんの名言をまとめさせていただきました。普段競馬を見ることはないのですが、そんな私でも武豊さんは子どものころからテレビなどでよく見ていたので存じ上げていますが、驚いたことにすでに40歳を過ぎていたのですね。
 
 
武豊さんは1969年生まれなので、今年の誕生日で50歳になられるわけですが、とてもお若くみえるので、てっきり30歳代後半だと思っていました。かなりの酒豪でありながら、レースで常に万全な状態で挑むために体調管理は徹底しています。
 
 
騎手の方が引退されるのが大体30代後半なので、すでに10年以上長くやられていることになりますよね。2017年にでデビューから丁度30周年を迎えわけですが、このぶんだと余裕で武豊さんなら50歳を過ぎても現役で活躍されているでしょうね。
 
 
 
【画像】 Pinterest
 
Grade-A 競馬 ゲスト:武豊
 
 
 



『 こんな記事も読まれています 』