Image 21.png
 
 
 
 
【生き様が凄い!ビートたけしの名言】
 
 
(1)
 
努力ってのは
 
宝くじみたいなものだよ。
 
買っても当たるかどうかは
 
わからないけど、
 
買わなきゃ当たらない
 
 
 
(2)
 
世間一般では
 
アニメオタクとか
 
フィギュアオタクとか、
 
秋葉原をうろついてるやつらを
 
何か差別的に指してるみたいで
 
困るんだけど、
 
 
ひとつのことにこだわって
 
情熱を傾ける人たちを
 
オタクと呼ぶとしたら、
 
オタクになれるのは
 
実にすごいことだと思うよ
 
 
 
(3)
 
変な言い方だけど、
 
自分のために死んでくれる
 
人間が何人いるよりも、
 
そいつのためなら命をかけられる
 
って友達が1人でもいる方が、
 
人間としては幸せだと思う
 
 
 
(4)
 
あいつ、裏切った、裏切ったって
 
心の中に毒持って生きてくより、
 
相手にいいことしてやったっていう
 
感覚でいるほうがいいんだ。
 
 
だって、裏切りなんて
 
これからもじゃんじゃん
 
あるんだから。
 
 
それをいちいち
 
自分の問題にして抱え込んでたら
 
大変なことになっちゃうもん
 
 
 
(5)
 
お金がないことを、
 
そのまま「下流社会」と
 
いってしまう下品さに、
 
なぜ世の中の人は
 
気づかないのだろう。
 
 
「武士は食わねど高楊枝」
 
という気概はどこへ消えたのか。
 
 
うちは貧乏だったけれど、
 
母親は商店街で投げ売りを
 
しているような店には、
 
絶対に並ばなかった。
 
 
どんなに遠い店でも、
 
1円のお客を大切に扱う
 
店に通っていた
 
 
 
(6)
 
芝居している間は
 
どこかトランス状態なんですよね。
 
 
何があってもムカつかないし、
 
心から幸せだなって思う。
 
 
 
(7)
 
金のことでつべこべ言うと、
 
母親にこっぴどく叱られたものだ。
 
誰だって、金は欲しいに決まっている。
 
だけど、そんなものに振り回されたら、
 
人間はどこまでも下品になるというのが
 
俺の母親の考えだった。
 
 
貧乏人のやせ我慢と言ったら
 
それまでだが、そういうプライドが、
 
俺は嫌いじゃない
 
 
 
(8)
 
何に興味あんの?って言ったら、
 
やっぱ自分に一番興味あるしさ。
 
 
何に腹が立つ?って聞かれれば、
 
やっぱ自分だしさ。
 
 
誰が一番好きかって言えば、
 
これも自分自身なんじゃないかね
 
 
 
(9)
 
今の社会は、
 
人生とは何かとか、
 
人間の生きる意味は何か
 
みたいなことを言いすぎる。
 
 
若い人には、
 
それが強迫観念に
 
なっている。
 
 
何かとそういうことを
 
言う大人が悪いのだ。
 
 
自分たちだって、
 
生きることと死ぬことの意味なんか
 
絶対にわかってないくせに
 
 
 
(10)
 
料理人に会ったら料理のこと、
 
運転手に会ったらクルマのこと、
 
坊さんに会ったら
 
あの世のことでも何でも、
 
知ったかぶりせずに、
 
素直な気持ちで聞いてみたらいい。
 
 
自慢話なんかしているより、
 
ずっと世界が広がるし、
 
何より場が楽しくなる。
 
 
たとえ知っていたとしても、
 
一応ちゃんと聞くんだ
 
 
 
− ビートたけし −
 
 
 
 
今回は、ビートたけしさんの名言をまとめさせていただきました。やはり、なんというか言葉一つ一つに重みがありますよね。お笑い芸人、タレントとして40年近くトップを走り続けています。
 
 
また、日本国内では商業的には決して大きな成功を収めていないにもかかわらず、映画監督としては世界中から高い評価を得てます。北野作品を愛する熱烈なファンが世界中の映画人の中で沢山います。
 
 
あれだけのレギュラー番組を抱えながら、よく撮影する暇があるなと、色々な点で驚かされますが、以前なにかの番組でおっしゃっていたのですが、映画製作に関してかなりのリスクを負ってらっしゃるようです。
 
 
新しい映画を撮りたいから、テレビの仕事を一生懸命頑張っているといったことをおっしゃってました。ビートたけしさんは、来年で70歳になるわけですが、いつまでも夢を追い続ける姿勢が素晴らしいですね。
 
 
ナースではたらこ