Image 64.png
 
 
 
 
【努力する天才!内村航平の名言】
 
 
(1)
 
体操ニッポンを
復活させる演技で金メダルを獲り、
最高のドヤ顔をしたいと思います。
 
 
 
(2)
 
今回は、僕がチームを
引っ張っていく気持ちが大きいです
 
 
 
(3)
 
僕はオールラウンダーなんですが、
今回のオリンピックではスペシャリスト
として種目別でもメダルが狙えるよう
高難度の技に取り組んできたので
とても楽しみです
 
 
 
(4)
 
宿命ですね。
 
やるために生まれてきた
という感じです。
 
体の続く限りずっと
体操はやりたいですね
 
 
 
(5)
 
僕は天才ではなく
努力でここまでこれたと
思っています。
 
人一倍努力しているという
自負はあります
 
 
 
(6)
 
僕は期待されるほど
やる気も増して、
応援してもらった分だけ
演技で返そうという気が働きます。
 
ですから、プレッシャーも
全くありません
 
 
 
(7)
 
それから年齢とともに
技術も向上して、
自信が生まれてきて、
緊張がなくなりました
 
 
 
(8)
 
筋トレとかは
ほとんどしていないです。
筋肉は体操だけで自然につきました
 
 
 
(9)
 
自分の中の本当に
追いつけないぐらいの理想を持って、
それに一歩でも近づけるように、
自分の中で努力するという感じです
 
 
 
(10)
 
体操は他の選手と
競っているわけでなく
自分との戦いなので、
自分の理想にどれだけ
近付けられるかが勝負ですので
力がついてきた
 
 
 
− 内村航平 −
 
 
 
 
『参照本』内村航平 心が折れそうなとき自分を支える言葉
 
 
 
今回(2016年投稿)は、日本男子体操競技代表の内村航平選手の名言をまとめさせていただきました。いや〜昨日の男子体操競技団体の試合、本当に凄かったですね。スタートでかなり出遅れていたので、さすがに今回ばかりは金メダルは難しいだろうと思っていました。
 
 
それでも試合を見ようと遅くまで起きていたのですが、当日かなり疲れていたため、そのまま試合を見ずに寝てしまったので、翌朝起きた瞬間にテレビをつけたらご家族がインタビューに嬉しそうに男子が団体で金を獲得した心境を答えていたので、本当に驚きました。
 
 
追い込まれれば、追い込まれるほど力を発揮するメンタルの強い選手が増えてきたように思えてなりません。本当に逞しい限りです。内村航平選手は大会前から個人よりも団体で金メダルを獲得することの重要性を各メディアに説いていたので、本当に良かったです。
 
 
 
「世界体操 内村にアクシデント 個人総合7連覇逃す」
 

 
 



『 こんな記事も読まれています 』