Image 70.png
 
 
 
 
【伝える達人!久米宏の名言】
 
 
(1)
 
この商売は「嫌われてナンボ」
 
 
 
(2)
 
失言は失言をするような
シチュエーションでしないと面白くない
 
 
 
(3)
 
『ニュースステーション』のころ、
番組に届く「手紙」や「電話」の
8〜9割は批判でした
 
 
 
(4)
 
中途半端だと面白くないし、
やるなら徹底した方がいい...
 
 
 
(5)
 
みんなに嫌われたくないと思うと
とてもつまらない人間になってしまう
 
 
 
(6)
 
怖いから立ち向かうんです
 
 
 
(7)
 
「自信満々に見えるって?」
 そう見せてるだけですよ
 
 
 
(8)
 
テレビの最大のポイントは、
『論』より『証拠』。
 
『証拠』を映せば『論』はいらない
 
 
 
(9)
 
24時間、仕事のことだけ考えてくれる?
そうしなければ、一番にはなれないんだよ
 
 
 
(10)
 
結局、やたらついていた。
自分は運が良かった人間にすぎない。
 
時代に恵まれたというと語弊がありますが
うまく時代と付き合った人だったと
後で言われると思う。
 
 
 
− 久米宏 −
 
 
 
『参照本』最後の晩餐―久米宏対話集
 
 
 
今回は、フリーアナウンサーの久米宏さんの名言をまとめさせていただきました。久米さんといえば、「ザ・ベストテン」、「ぴったしカンカン」、「ニューススクランブル」などで司会を務め、80年代は好感度の高い人気司会者として一世を風靡しました。
 
 
90年代に入って、テレビ朝日の人気番組「ニュースステーション」で司会を務め、それまで築き上げた自身のイメージを打ち壊し、新しい報道番組のあり方を自ら示す姿は賛否両論ありましたが、同番組がスタートした当時子どもながら凄い人だと思ったものです。
 
 
最近はBSやラジオで地味に活動していますが、やはり「ニュースステーション」時代が一番輝いていたと思うので、週1ペースで放送する報道番組に司会を務めていただきたいと願ってます。
 
 
 



『 こんな記事も読まれています 』