43201801001keihatu.png
 
 
『人への心遣い』
 
 
大切なのは、
どれだけ多くのことを
したかではなく、
どれだけ心(愛)を
込めたかです
 
 
− マザーテレサ −
 
 
 
私たちが
好意を抱くのは、
自分の話を黙って
最後まで聞いてくれる
人である。
 
そのような
心づかいのできる人を、
私たちは尊敬するのだ。
 
 
− 植西聰 −
 
 
 
人に接する時は、
暖かい春の心。
 
仕事をする時は、
燃える夏の心。
 
考える時は、
澄んだ秋の心。
 
自分に向かう時は、
厳しい冬の心。
 
 
− 鮫島輝明 −
 
 
 
社会のすべての
人々を師表と仰ぎ、
大事なお得意様と考え、
常に礼節を重んじ、
謙虚な態度で接すること。
 
 
− 松下幸之助 −
 
 
 
自分のことで
卑屈になったり、
引っ込み思案に
なったりしがちなのを
克服する最上の方法は、
他人に興味を持ち、
他人のことを考えることだ。
 
気おくれなど嘘のように
消え去ってしまう。
 
他人のために
何か尽くしてやることだ。
 
常に人に親切を尽くし、
友人のような心で接すれば、
あなたはその素晴らしい
結果に驚くことだろう。
 
 
− デール・カーネギー −
 


 
口にする前に深く考え、
一度口にした言葉には責任を持つ癖。

 
 
hatake.png
 
 
■ 迷い続けると周りが迷惑する!?
 
レストランで食事のメニューを決める際は、面白いです。何が面白いのかというと、その人の器の大きさがうかがえる瞬間だからです。たわいない瞬間だからこそ、その人の本性が垣間見える。
 
友達と一緒にレストランに入り、メニューを決めようとするとき、次のようなやりとりを見たことがありませんか。「Aメニューにします。やっぱりBメニューにします。あ、Cメニューもいいなあ。どうしよう……」
 
一度決めたけれど途中で考えが変わり、注文が変わるということです。考えが浅い人は、必ずメニューを選んだ後、もう一度変更します。
 
 
 
amionna.png
 
 
■ 自分の決断と発言に責任を持つ
 
しかし、注文した後に変更しようとするとなると、話は変わります。お店の人は笑顔で「いいですよ」と言ってくれますが、実はひやひやしています。作り始めてからのやり直しは、実は迷惑です。食材を用意し、調理を始めている途中かもしれません。
 
作りかけてからのメニューの変更は、せっかくの食材を捨ててしまわなければなりません。お金ももったいないし、エコではありません。注文した後に変更したくなっても、よほどの理由がないかぎり、変更しないほうがいい。
 
注文後すぐ言えば調理に間に合うかもしれませんが、あえて変更しません。自分の決断と発言に責任を持つためです。そういう習慣をつけるためです。自分が決めたことは、後で変えない癖を付けると、決断力と責任能力がつきます。
 
 
 
akikazeni.png
 
 
■ コロコロ意見が変わる人は信用されない
 
一度決断し口にした発言と貫く姿勢は、器の大きさへと変わります。ころころ意見が変わる政治家は信用できないように、ころころ意見の変わる人も信用されなくなります。これは癖です。
 
学生時代に、思ったことをすぐ口にする癖がついていると、自然と考えも浅くなります。「一度口にしたことに責任を持つ。後から意見を変えない」ということです。大人になるにつれて、そういう習慣をつけて、決断力と責任能力を養っていくのです。
 
 
 
dekaime.png
 
 
■ 自分の言葉(決断)に責任を持つことも立派な心遣い!
 
レストランの席での注文なら、まだ笑い話ですみますが、仕事や結婚など人生を左右する重要な場面で迷い続けると周囲にとてつもない迷惑をかけてしまいます。仕事では大きな損失を会社に与えてしまうかもしれません。
 
また、夫婦間では夫婦仲に亀裂が入るような出来事が起こるかもしれません。ですので、しっかり自分の言葉に責任をもつことも周囲の人たちに対する立派な心遣いになります。考えてみれば「迷惑」という言葉は「迷」が含まれていますよね。
 
それだけ迷うことは自分だけでなく、周囲の人たちも困惑させてしまう行為なので、今日から迷わない人になりましょう。そのためにも日々の生活で一度決めたら撤回しないというルールを設けて、行動してみてください。
 
 
 
■ 最高の心遣いとは!?
 
マザーテレサの名言にあるとおり、すべてのことに心をこめて行うことができればいいですが、実際にやるとなると難しいですよね。ですが、誰でもできる最高の心遣いがあります。それは黙って「人の話を聞く」ことです。
 
人の話を聞くだけなので、特別なテクニックは必要としません。しかも人の話をきちんと聞けるようになると人間関係が飛躍的に良くなります。なぜなら植西聰さんの名言にあるとおり、人は人の話を聞いてくれる人を無意識のうちに好意を抱き、しかも尊敬するからです。
 
時折笑顔を交えながら話を聞いてあげると、より相手に安心感をあたえることができます。
 
 
 
出典:HappyLifeStyle
 
器の大きい人になる30の方法
 
「心の切り替え」が人生を変える
 

 
 



『 こんな記事も読まれています 』


 カテゴリ
 タグ