1670190801keihatu.png
 
 
『 これでいいのだ! 』
 
 
自分が最低だと
思っていればいいのよ。
 
一番劣ると
思っていればいいの。
 
そしたらね、
みんなの言っていることが
ちゃんと頭に入ってくる。
 
自分が偉いと思っていると、
他人は何も言ってくれない。
 
そしたらダメなんだよ。
 
てめぇが「一番バカ」
になればいいの。
 
 
− 赤塚不二夫 −
 
 
 
修行中は
馬鹿になっていなければ
上達しない。
 
馬鹿という言葉を
言い換えれば、
ものに拘(こだわ)らない
素直なことである。
 
理屈っぽいのが
一番修行の妨げになる。
 
 
− 宮城道雄 −
 
 
 
寝言を言ったり
不満ばかり
言っている奴は、
 
人生終わるまで不満を
抱き続ける人間になるぞ。
 
 
− 田中角栄 −
 
 
 
「嫌われてもいいや」
「軽蔑されてもいいや」
「笑われてもいいや」
「馬鹿にされてもいいや」
「見下されてもいいや」
 
って思えるようになると
どんどん楽しく、
楽になってくる。
 
自分がどう思われているか、
っていうことを考える時間を、
丹念に減らしていくことが
大事らしい。
 
 
− 内定の常識 −
 
 
 
賢く振る舞うよりも、
バカになるほうが、
えてして得をする。
 
 
− ユダヤの格言 −
 
 
 
馬鹿になれ
とことん馬鹿になれ
 
恥をかけ
とことん恥をかけ
 
かいてかいて恥かいて
裸になったら見えてくる
本当の自分が見えてくる
 
本当の自分も笑ってた
それくらい馬鹿になれ
 
 
− アントニオ猪木 −
 
 
 
人間は頭がいいから、
明日のこととか、
来年のことを
考えちゃうでしょ。
 
そうじゃなくて、
もうちょっとばかになって、
今日のことしか考えられないと、
幸せになりやすいのにね。
 
 
− 所ジョージ −
 

 
 
辛いストレスからくるイライラを解消する方法!
 
 
5740180509keihatu.png
 
 
あなたは、日々のストレスとどのように向き合っていますか?。強いストレスを感じているにもかかわらず、そのまま放置していませんか?。ストレスは活性酸素を発生させる原因となり、心と体の健康を蝕みます。
 
 
ですので、もしストレスを感じたら出来るだけ早い段階で解消しましょう。しかし、一言で「ストレス解消法」と言っても、科学的に効果が実証されているものから効果が不明なものまで色々あります。
 
 
ちなみに医学的に推奨されているストレス解消法は、科学的に人のストレス耐性をあげるものです。ということで今回はコスパに優れた心と体に優しいストレス解消法をご紹介させていただきます。
 
 
 
 
5840180509keihatu.png
 
 
■ ストレスとは!?
 
 
ここでいうストレスとは、その人にとってプレッシャーのかかることや、その状況で起こる心拍数の増加、血圧の上昇、食欲低下などの具体的な肉体反応のことです。
 
 
ちなみにストレッサーによって生じたひずみに対し、脳と身体が適応することをストレス応答と言います。一般的にはストレスは悪いことのように思われていますが、必ずしもそうとも限りません。意外に知られていませんが、メリットもいくつかあります。
 
 
ストレスがないと人は人として成長する機会が全くない状態になってしまいます。人はストレスの経験から色々学び、成長することができますし、その結果として「賢くなる」「強くなる」「思いやりを持てる」ようになります。
 
 
 
 
5940180509keihatu.png
 
 
■ どうすればストレスを解消できるのか!
 
 
基本的にストレスを強く感じているとき頭の中は面白くないことでいっぱいの状態です。ですので、ストレスを解消するには、まずこの状態を解消する必要があります。
 
 
具体的には快楽ホルモンと呼ばれるβエンドルフィンやハッピーホルモンと呼ばれるセロトニンを分泌をより活性化することによって、イライラを取り去ります。
 
 
お酒や甘いものは一時的に有効ですが、依存性が高いので、どんどん量が増えてしまい、かえって心と体の健康を害するリスクが高いので、ここではNGとさせていただきます。
 
 
 
 
6040180509keihatu.png
 
 
■ 人と話す!
 
 
強いストレスから来る心のモヤモヤは、人と話すことによってストレスを解消することができます。友人や職場の同僚と顔を突き合わせて話すことによって安らぎ効果を発揮するホルモン、オキシトシンが多量に分泌されて心と体がよりリラックスできます。
 
 
人と話すさいに注意したいのが、必ず会話をポジティブな言葉から始めることです。そして、話を聞いてくれる相手の方に何度も感謝の言葉を伝えます。そうすることで脳が本来の健康な状態に戻りながら、健康な思考パターンを作り出します。
 
 
 
 
6340180509keihatu.png
 
 
■ ガムをかむ!
 
 
ガムのストレス解消効果は侮れません。もし毎日仕事に追われように忙しい状態にあるなら、心が乱れてしまうことも多いはず。そんなときはガムを試してみてください。
 
 
ガムを噛んでいる人はそうでない人と比べて、ストレスホルモンと呼ばれている『コルチゾール』の分泌レベルが低い状態にあり、マルチタスクの処理能力が高いことが研究によって明らかになっています。
 
 
 
 
5440180509keihatu.png
 
 
■ 太陽を浴びる!
 
 
太陽を浴びることによって幸せホルモン「セロトニン」が分泌されます。午前10時くらいまでに太陽を浴びるのが心と体の健康にはいいのですが、もし難しいのであれば部屋の中から太陽を「見るだけ」でもOKです。
 
 
とくに冬は太陽の光を浴びる時間が極端に減ってしまうので、セロトニンの分泌量も落ちるので、うつ病などの精神疾患を発症させるリスクが高いので、冬は意識して太陽を浴びるとよいでしょう。
 
 
 
 
6240180509keihatu.png
 
 
■ 香りでリラックス!
 
 
個人的におすすめしたいのが、リラックス効果に優れた香りを嗅ぐことでストレスを解消する方法です。アロマを炊いて入浴しながら目をつぶると瞑想効果もプラスされるので、よりリラックスることができます。
 
 
しかし、様々な事情から、シャワーしか浴びることができない人も多いと思うので、そんな方におすすめしたいのがグレープフルーツの香りをかぐリラックス法です。これはイチロー選手をはじめトップアスリートの方が実践しているリラックス法です。
 
 
グレープフルーツが苦手な方は、自分が好きな香りを嗅ぐのもOKです。好きな香りを嗅ぐことで無条件にいい気分になれます。また、香りを嗅ぐことでリラックス出来るということは、脳科学的にも証明されています。
 
 
 
 
6140180509keihatu.png
 
 
■ 適度な運動を習慣にする!
 
 
ウォーキングや軽めのジョギングなどを習慣化することで、ストレスによる心と体の緊張を和らげ、ストレス耐性が強化されますので、ストレス解消法としては、もっともメリットが大きいです。
 
 
また、ダンベルをもったり姿勢を調整しながら負荷をかけることでちょっとした筋トレ効果も期待できます。ハードな筋トレは強いストレスを解消する効果がありますが、習慣化するのが難しいので、まず軽めの運動からスタートすることをおすすめします。
 
 
 
【画像】 Pinterest
 
【画像】 wikiHow
 
「ストレスに強くなるにはどうしたらいいですか?」
 

 



 カテゴリ
 タグ