1740190801keihatu.png
 
 
心が変われば態度が変わる
態度が変われば行動が変わる
行動が変われば習慣が変わる
習慣が変われば人格が変わる
人格が変われば運命が変わる
運命が変われば人生が変わる
 
− ヒンズー教の教え −
 
 
最も強い者が
生き残るのではなく、
 
最も賢い者が
生き延びるのでもない。
 
唯一生き残ることが
出来るのは、
変化できる者である
 
− ダーウィン −
 
 
生活を変えたいと
思った時、
 
「やること」を新たに
加えようとするより、
 
「やらないこと」を
まず決めたほうが、
 
早く変化することが
できます。
 
その分だけ心と時間に
ゆとりが生まれ、
 
暮らしに新しい風を
呼び込む準備が
できるからです。
 
− 枡野俊明 −
 
 
オレは現状に甘んじる
人間は好きじゃない。
 
常に前進し、
変化を求める人間が好きだ
 
− マイルス・デイヴィス −
 
 
求められているのは、
「競争」よりも
「変化」である。
 
同じ土俵で競うのではなく、
次々に変化し
土俵を変えていくことが
評価されるのである
 
− 鈴木敏夫 −
 
 
年寄りが経営者で
あり続けるなら、
 
せめて若い人の
悪口を言わないという
保障をしてほしい。
 
もうひとつの注文は、
時代の変化を勉強すること。
 
やってみると、
それが年寄りにとって
いかに難しいかが
良くわかる
 
− 本田宗一郎 −
 
 
他人に変わって欲しければ、
自ら率先して変化の原動力
となるべきだ
 
− マハトマ・ガンジー −
 

 
自分を最速で変えて、
なりたい自分になる方法!

 
 
35020180501hm.png
 
 
人間生きてれば、誰でも仕事や恋愛などで一度や二度大きな挫折を経験するものですが、そのたびに「自分を変えたい」と強く思ったりするものの、思うようにならないので、結果的にここでも躓いて、これが自己嫌悪をさらに拡大します。
 
 
実は思うだけでは、自分を変えることはできないんです。では、「諦めた方がいいのか?」というと、そんなことはありません。ということで、今回は自分を変えて、なりたい自分になる方法を以下のとおりまとめさせていただきました。
 
 
 
 
34420180501hm.png
 
 
■ なぜなりたい自分になれないのか!?
 
 
人間には顕在意識と潜在意識があり、その大半(約9割)を潜在意識=無意識が占めています。このため実際に考えていることと心の中が一致しない場合が圧倒的に多いんです。というのも潜在意識は変化を嫌う傾向が強いためです。
 
 
例えば会社を辞めて独立起業したいと顕在意識下では思っていも、潜在意識下では、「今の会社は安定しているので、今のままでいい」と考えているため、この状態では起業する可能性はどんなに頑張っても生まれません。
 
 
人は変化することを嫌い、安定している、慣れているところを好む傾向が強いのは、このためです。この点を理解しないと、なりたい自分には残念ながらなれません。
 
 
 
 
34920180501hm.png
 
 
■ いつまでも行動できない原因とは!?
 
 
思っているだけで、いつまでも行動に移せない原因の一つとして、「自己肯定感が低い」点があげられます。自己肯定感が低いと最初から自分の能力を低く見積もっているので、何かにつけて「自分にはハードルが高すぎる」と腰が引けてしまうのです。
 
 
ですので、自分のこうした自分を低く見積もってしまう癖を直さなければなりません。例えば起業したければ、「私のような優秀でユニークな人間が、いつまでも会社員でいるのはおかしい」と否定力を使ってポジティブに考えると良いでしょう。
 
 
そのためにも、「このままでもいい」という現状維持を肯定するような思いは捨てなければなりません。徹底的に、「最高の自分」にとって現状を否定することが全ての始まりです!
 
 
 
 
34520180501hm.png
 
 
■ 新しいことを始める時間を確保する!
 
 
例えば「5キロダイエットしよう」と思っても、ダイエット(運動や食事制限)するための時間を自分の生活の中に確保しないと必ず途中で挫折します。時間を確保するために物事の優先順位を変えて、時間を確保しないと、多くの場合何も変わりません。
 
 
これはダイエットにかぎらず、すべてのことに当てはまります。しかし、先にご紹介させていただいた枡野俊明さんの名言にあるとおり、新しいことを始めるにあたって、「やらないこと」を先に決めることが非常に大切です。そうしないと新しいことをやる時間を確保できません。


そこでおすすめしたいのが「断捨離」です。家の中にある不要な物を整理することで、頭の中も整理され、「いる」「いらない」「やること」「やらないこと」が明確になり、しっかり取捨選択ができるようになり、時間を確保することができるようになります。
 
 
 
 
35120180501hm.png
 
 
■ 学びを習慣化することであなたの能力は最大化する!
 
 
例えば独立して起業するのであれば、起業準備から事業を成功に導くまでの工程を色々と学ばなければなりません。起業に失敗する人の多くが、ここをないがしろにしてしまい、成功目前まで来ているにもかかわらず、資金が底をついて泣く泣く諦めてしまうことになります。
 
 
学びを習慣化することで、必要な能力は最速で高めることができます。なぜなら学びを習慣化している人は当然の本を沢山読んでいます。例えばビジネス書を中心に読まれている方は、当然本を読めば読むほどビジネスに関連した知識が積みあがっていきます。
 
 
すると新刊本に書かれている内容が以前読んだ本の内容と重複している箇所が少なくないので、本を読むスピードが速くなり、理解力も高まるからです。そして、毎日歯を磨いたり、お風呂に入るのと同じくらい、学びを当たり前の習慣にしてしまうとアイディアが湯水のようにあふれ出ます。
 
 
そして、「いつ」「どこで」「何をするか」「どこでやめるか」といったことが明確になるので、具体的な行動がとりやすくなります。つまり、新しいことを始めるにあたって敷居を低くしてくれるので、不安も抑えることができます。
 
 
 
 
34820180501hm.png
 
 
■ 思いっきりハードルの高い環境に変える!
 
 
すでに習慣化している今の自分にとってあまり良くない行動・習慣を変えるためには、環境を変えることが最も効果的です。しかし、環境を変えるといっても、仕事を変えたり、引っ越したりするのは簡単ではありません。
 
 
その場合でも、常に環境の影響を受けていることを忘れずに、流されることなく意識的に自分の行動を選択しましょう。これがブレない自分をつくるのに後々大いに役立ちます。
 
 
 
【画像】 Pinterest
 
【画像】 wikiHow
 
「行動できない」をできるに変える方法!
 

 



 カテゴリ
 タグ