image26.png                                                                                                                                                                                                                                                   
一番怖いのは、忘れ去られること
 
一番悲しいのは、別れてしまうこと
 
一番寂しいのは、会えないこと
 
一番悔しいのは、伝わらないこと
 
一番楽しいのは、共に過ごすこと
 
一番幸せなのは、出会えたこと
 
 
− 作者不詳 −
 
 
 
 
『いまの幸せに気づいたときに、ご褒美がやってくる』
 
 
「あれがない」
 
「幸せにはあれが足りない」
 
 
といってる間は
 
ずっと、ずっと、ずっと不幸を「感じる」
 
 
 
不幸、とは「不足」ということ。
 
だから「足そう」とする。
 
 
でも、足しても足しても足りない。
 
 
足しても足しても足しても足しても足しても足りない。
 
 
 
でも、
 
 
今あるものを楽しみ
 
今あるもので楽しみ
 
 
実は、
 
 
今のままで幸せなんだ
 
今のままで幸せを感じていいんだ
 
 
そう「知って」
 
 
 
 
実は
 
 
今のままで、足りないものは何もないんだ
 
今のまま「が」幸せなんだ、
 
 
 
そう気づけた
 
 
とき、
 
 
 
 
「悩むのを止めたとき」
 
「これは、問題にしなくていいんだ」
 
 
と気づいたとき
 
(イコール 問題が解けたとき)
 
(イコール 問題が「溶け」たとき)
 
 
 
 
「はい、よく、できました」と

「進級のご褒美」がもらえるのです。
 
 
 
 
そう
 
 
 
「いまが幸せ」と気づいたとき
 
「あんなに欲しかったもの」が手に入るのです。
 
 
 
そんな物語
 
 
 
 
--------------------------
 
 
心屋さん、こんばんは!
 
思いの前提の記事読みました。
 
 
 
 
私も不妊で悩んでいた過去があり、
 
願っても願っても子供ができず、
 
8年間苦しんでいました。
 
 
 
医者にも薬とか注射しないと無理!って言われてました。
 
 
 
でも、過去の私は悩むことをやめたんですね。
 
 
 
 
子供できなくっても素敵な旦那と可愛いペットがいて、
 
私めっちゃ幸せやーん!って、
 
 
ある日突然パッカンしたんです。
 
 
 
そしたら、赤ちゃん授かりました(笑)
 
 
 
 
お医者さんも、びっくりしてましたよ(笑)
 
 
 
記事を読んで、
 
久々に思い出しました。
 
今もなんやかんやあるけど、やっぱりめっちゃ幸せやーん!な人生送ってます♪
 
 
-------------------------------
 
 
 
 
あー、でも、これをまた
 
 
「こういう風に考えたら、欲しいものが手に入るんだ」
 
 
っていう「手段」に使うと、
 
また本末転倒だからね。
 
 
 
心屋も、起業したての頃は
 
いっぱい足し算ばかりしてました。
 
 
 
あれも して
 
これも して
 
それも して
 
 
 
もちろん、必要なこともある、
 
 
 
でも、結局は
 
そんな足し算ばかりしてたのは
 
 
自分のこと信用してなかったから。
 
 
 
 
まだ
 
まだ
 
まだ
 
まだ
 
 
足りない
 
 
 
 
 
まだ
 
まだ
 
まだ
 
まだ
 
 
安心できない
 
ダメだ
 
 
 
 
 
そんな恐怖に追いかけられて
 
足し算ばかりしてた。
 
 
「努力」ばかりしてた。
 
 
 
 
そしたら
 
足しても足しても足しても足しても
 
いつまでも足りなかった。
 
 
 
いつまでも満足できない=安心、幸せがない。
 
 
 
 
 
でも
 
 
 
「もしかしたら、今のままでも十分なんじゃね?」
 
「もしかしたら、ただのないものねだりばかりだったんじゃね?」
 
 
 
と気づいてから、
 
 
そこからはひたすら引き算しました。
 
 
 
仕事も
 
人間関係も
 
努力も、引き算。
 
 
 
 
 
そしたら
 
 
いっぱい
 
いっぱい
 
いっぱい
 
 
ご褒美をもらいました。
 
 
 
あんなに欲しくて
 
あんなに求めても
 
手に入らず苦しかったものが
 
 
 
 
どっっさりと
 
空から降って来て、埋め尽くされた。
 
 
 
 
なんだ
 
この「逆」は(笑)
 
 
 
 
「いま、十分、ある」
 
 
 
そう思えないものを
 
「思ってみる」
 
「そうしてみる」
 
 
 
 
そして、
 
「その前提で行動する」
 
「その前提で“引き算”する」
 
 
 
今やっていることを
 
今やっている“努力”をやめてみることが
 
 
そして
 
「今、やっていること「だけ」楽しむ」
 
 
 
 
それが
 
 
「次のステージ」への
 
切符なのかもしれません。
 
 
 
 
「重り」を外して
 
天高く浮かび上がれ!!!
 
 
 
出典:心屋仁之助さんのオフィシャルブログより転載
 
 
『苦しんでるけど・・。上手くいってないけど・・。絶対大丈夫!!!』
 

 
 



『 こんな記事も読まれています 』


 カテゴリ
 タグ