5320190901keihatu.png
 
 
【 出会いに感謝 】
 
 
すべての出会いに、
感謝しましょう。
 
偶然のように
思える出会いも、
実はすべて必然なのです。
 
そして、
あなたを喜ばせたり
楽しませたりする
人だけではなく、
 
悲しみやせつなさを
味わわせてくれる人
というのも、大事な人。
 
一期一会の出会いに
感謝しましょう。
 
 
− 江原啓之 −
 
 
 
縁を大切にして
出会いを増やすこと
 
価値観の違う人に
出会うことで
成長する
 
 
− 田口久人 −
 
 
 
出会いで大切なことは、
気がつかない出会いに
気がつくこと。
 
どうすれば出会えるか
ということじゃない。
 
出会っているのに
気がつかないのを、
 
どう気がつくか
ということなんだ。
 
 
− 中谷彰宏 −
 
 
 
人は生まれてから、
死ぬまでの間に
およそ3万人の人と
出会うと言われています。
 
その中で学校や職場で
知り合う人が3千人、
 
親しく言葉を
交わす人が300人。
 
そんな巡り会いの中に
生まれる前から、
神様が決めていた、
 
特別な出会いが
あるそうです。
 
でも、そのたった
一つの運命の絆は、
誰の目にも見えません。
 
まだ見ぬ運命の人とは、
小指の先が、赤い糸で
つながっている、はず。
 
だから、あたしは、
あなたに出会うために
恋をする
 
 
− メイ『赤い糸』 −
 
 
 
どんな人に
出会ったとしても
 
出会えたことに
お礼が言えない人は
出会いに見放される
 
 
− ココロにしみる五行歌 −
 
 
 
そのときの出逢いが、
人生を根底から変える
ことがある。
 
よき出逢いを
 
 
− 相田みつを −
 
 
 
相手の喜び
だけじゃなく、
 
悲しみや弱さに
寄り添いたいと
思ったとき、
 
その人は
かけがえのない
人になる。
 
 
− カフカ −
 


 
年齢に関係なく誰でも運命の人と出会える!
 
 
26220180701keihatu.png
 
 
ここでいう運命の人に出会うとは、男性、女性、異性との出会いだけでなく、友人、親友、ビジネスパートナーなども含まれます。運命の人とは、あなたの人生において喜びをもたらすかけがえのない人たちです。
 
 
しかし、年齢を重ねるにつれて出会う機会が少なくなると思い込んでいる人が多く、「運命の人なんてドラマとか映画の中だけの話で現実にはいないんだ」と、半ばあきらめている人も少なくありません。しかし、それは事実であはありません。
 
 
自分で行動範囲を限定しているので、自ら出会う機会をつかみに行っていないだけです。ただし、自ら「運命の人に出会いたい!」と思って、新しい出会いを求めて行動しても見つかりません。ということで今回は運命の人に出会う方法をまとめさせていただきました。
 
 
 
 
2620180701keihatu.png
 
 
■ 運命の人=理想の人ではない!
 
 
あなたにの頭の中には、かなり明確に理想の人、もしくは好きなタイプ(容姿、性格、年齢、職業、年収、趣味など)が描かれていると思います。これが物差しとなって無意識のうちに人を選別しています。しかし、「私は理想の人と結婚した」という人は、まずいません。
 
 
むしろ、理想の人と反対のタイプの人と結婚している方が多いです。ここに運命の人との出会いのヒントが隠されています。つまり、自分の理想の人(物差し)を求めて探しても、見つかる可能性は限りになくゼロに近く、むしろ、本来あるはずの出会いのチャンスを失っています。
 
 
この状態で結婚相談所やお見合いパーティーなどに参加しても、会う人、会う人にがっかりするだけで終わる可能性が高いです。これではお金をどぶに捨てるだけですよね。
 
 
 
 
■ 先入観を捨てて人と接する!
 
 
運命の人との出会うには、こうした固定観念(理想とする男性、女性、ビジネスパートナー)捨てて、ニュートラル(先入観がない)な状態で人に接する必要があります。つまり、人と会うさいは意識しすぎないということです。
 
 
誰だって初対面の人に「あなたって、こういうタイプの人だよね」と決めつけられたら、嫌ですよね。そんな人と付き合いたいとは思わないでしょう。そうではなく、一切感情を働かせずに人と接してみてください。
 
 
その方が、あなたの直感(「この人といるとリラックスできる」「この人面白いな」「優しそうで安心感がある」など)が働きやすいので、一期一会の出会いの中から運命の人に出会うチャンスは増えます。
 
 
 
 
■ 出会いを遠ざけるNGワードとは!?
 
 
運命の人に出合う以前に出会いそのものを遠ざけてしまうNGワードがあるのをご存じですか?。出会いがない人にかぎって、「出会いが全然ない」、「いい人がいない」、「周りにいる人は恋愛対象にならない」といったことを周囲の人たちに言ってます。
 
 
これは自分で自分に「いい出会い」が遠のくように呪文を唱えているようなものです。「そんなこと言ったって現実がそんなんだから仕方ないじゃない」と、怒られそうですが、こうした出会いに対するネガティブな言葉を言っている限りは良い出会いが訪れません。
 
 
また、仮に運命の人がすぐそばにいたとしても、「周りにいる人は恋愛対象にならない」と言っていたら、運命の人に気づけません。これは非常にもったいないです。出会いには限りがあるので、出会いに対するネガティブな言葉は絶対に控えてください。
 
 
 
 
■ 意識しすぎると運命の人は遠のく!
 
 
繰り返しになりますが、運命の人、理想の人を意識しすぎるとかえって上手くいきません。むしろ、そうした先入観を捨てた方が今のあなたにとって素晴らしい人と出会えるチャンスが訪れます。もしかすると、すでに出会っているかもしれませんよ。
 
 
しかし、先入観があると、ブロックしてしまうので、恋愛に通じる関係に発展しません。ですので、今日から一切の先入観を捨てて、心に余裕を持ちながら笑顔で人と接してみてください。
 
 
 
【画像】 Pinterest
 
「運命の人に出会う方法」
 

 



『 こんな記事も読まれています 』


 カテゴリ
 タグ