820190901keihatu.png
 
 
「一緒に笑いあう幸せ」
 
 
楽しいから
笑うのではない。
笑うから楽しいのだ。
 
面白いから笑うのではなく、
笑うから面白くなってくる。
 
人間は笑っていると
嬉しくなってくるし、
泣いていると
悲しくなってくる。
 
 
−玄侑宗久−
 
 
 
笑顔が人間には必要なのよ
 
 
− マザー・テレサ −
 
 
 
あなたの笑顔は
人も自分も助けるよ
 
 
− 斉藤一人 −
 
 
 
笑顔でいれば
嫌なこと忘れられる。
 
笑顔でいれば
悲しいこと忘れられる。
 
笑顔でいれば
涙が消える。
 
笑顔でいれば
幸せがやってくる。
 
笑顔でいられる
人生を作って
幸せになろうね
 
 
− 作者不詳 −
 
 
 
俺を見て客が笑顔になる。
俺はそれだけで幸せだ
 
 
− 江頭2:50 −
 
 
 
惨めな自分を
笑い飛ばすユーモアは
先人の知恵。
 
どんなに辛いときでも
明るく生きる高等技術。
 
 
− 美輪明宏 −
 
 
 
人生あまり難しく
考えなさんな。
 
暗かったら窓を開けろ、
光がさしてくる。
 
 
− 中村天風 −
 


 
『人生は、笑うが勝ち。』
 
 
17320180701keihatu.png
 
 
■ 楽しいことが少ないと嘆いていませんか!?
 
 
「あなたは最近お腹の底から笑ったことがありますか?」。子供のころあれだけ毎日笑って過ごしていたのに、大人になるにつれて笑う機会がどんどん減り、高齢者にいたっては笑わないで過ごす日の方が多い方も少なくありません。
 
 
その反面キレる人が増えています。駅や病院などの公共の施設で突然キレて暴力をふるったり、暴言を吐いたりすることが社会問題として取りざたされています。ですので、現実がよくないと思いがちでです。確かに楽しいことが身の回りに沢山あれば笑顔もその分増えるかもしれません。
 
 
しかし、笑顔でいるから楽しいことが起こるのも事実なんです。顔の表情筋の動きから脳は「あっ、何か面白いことがあるんだな」と判断して体に信号を送るので、笑顔でいるとだんだん気分が楽しくなってきます。ということで今回は笑顔でいることの優れた美容と健康効果を以下の通りまとめさせていただきました。
 
 
 
 
■ 笑顔でストレスが逃げていく!?
 
 
顔のには表情筋と呼ばれる筋肉があり、表情筋を動かすことによって楽しい気分にさせてくれる神経を刺激してくれます。楽しい気分の時やリラックスした状態の時に脳はα(アルファ)波という脳波を出します。このα波は、万病の元ストレスを抑制する効果が期待できます。
 
 
ですので、つくり笑いであったとしても、α波が出てくるので、よく「辛いときこそ笑顔で!」といったことを自己啓発関連の書籍などに書かれていますが、これは決して荒唐無稽な話ではないです。笑顔でい続けることで「辛い」という感情をどんどん小さくしてくれます。
 
 
ですので、リラックスしながら集中力を高めることで自分の持てる力を100%に近い状態まで発揮することができます。プレゼンテーションや商談、面接、面談といった重要な場面で笑顔でいることが大切です。相手にも良い印象を与えることができるので、まさに一石二鳥です。
 
 
 
 
■ 笑顔を習慣にしよう!
 
 
笑顔を作ると自然と「楽しい」という表情が作られます。これによりポジティブな表情筋の刺激が脳へと伝わります。ポジティブな刺激が脳に伝わることで、脳が「楽しんでいる」と判断して、気持ちが明るくなる脳内物質の分泌を活性化します。。
 
 
ですので、「リラックスしたい」、「心を落ち着けたい」ときは、鏡の前で「にっこり」してみましょう。にっこりと笑顔を作った瞬間、じわりじわりと気分が明るくなる自分に気づくはずです。普段から笑顔を習慣化すると瞬時にリラックスモードに入れるようになります。
 
 
あなたは人の笑顔を見て不愉快になったことはありますか?。私はありません。初対面で好印象を抱く人のほぼ全員が笑顔の素敵な方です。事実男女を問わず笑顔の素敵な人に好意を抱きやすいという研究結果があるほどなので、出会いを求めている方は是非笑顔を習慣にしましょう。
 
 
 
 
■ 笑顔の健康効果が凄かった!
 
 
笑顔には他にも色々な効果があります。特に注目したいのが健康面です。笑顔でいるだけで心と身体の健康に素晴らしい効果があります。まず、体の中に侵入した細菌やウイルスなどを24時間監視し、見つけ次第撃退する免疫機能が約30%アップします。
 
 
また、がん細胞をやっつけてくれるNK細胞を活性化してくれます。ですので、がん治療で有名な医師の先生をはじめ医療関係者の多くが健康のために笑うことの大切さを説いています。また、笑いは心の健康にも優れた効果を発揮します。
 
 
優れたリラックス効果で血行を促進し、緊張をほぐしてくれますし、脳の温度も自然と上がるのでストレスを抑制してくれます。ですので、「つらいときほど笑え」というのは、あながち間違っていないんです。
 
 
 
 
■ 笑っているふりだけでも効果がある!
 
 
玄侑宗久さんの名言にもあるとおり、楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しいことがやってきます。それだけではありません。笑顔でいることによって血流が改善するので、自然と集中力も高まります。今の時代物や情報で溢れているので、何か一つのことに集中するのが大変です。
 
 
これによりプレゼンなど普段よりも大きな緊張状態の中で働かなければならない場合でも瞬時にリラックスできるので最高のパフォーマンスを披露できます。そして、自己肯定感も高まるので自分に自信が持てるようになります。
 
 
実際に笑いのこうした優れた効果を取り入れる人たち(スポーツ選手、俳優、ミュージシャンなど)が増えています。笑顔を習慣化することによって、とてつもない恩恵を得ることができます。しかも無料でできるので、やらない手はありません。
 
 
 
【画像】 Pinterest
 
笑うが勝ち【斎藤一人さん】
 

 



『 こんな記事も読まれています 』


 カテゴリ
 タグ