7020191001keihatu.png
 
 
『 心の傷 』
 
 
言葉は刃物なんだ
使い方を間違えると、
厄介な凶器になる
 
言葉のすれ違いで、
一生の友達を失う
こともあるんだ
 
一度すれ違ったら、
二度と会えなくなっちまう
かも知れねえぜ
 
 
− 江戸川コナン −
 
 
 
他人をどうしても
許せないという人は、
 
いつまでも痛みの取れない
傷を負っているような
ものです。
 
そういう人生が
楽しかろうはずが
ありません。
 
 
− ジョセフ・マーフィー −
 
 
 
一般に、ウマの合う人、
好きな相手は腹立たしい
言葉を言わないし、

言ったとしても、
傷はそう深くならない。
 
こちらに深い傷を
負わせるのは、
 
たいてい、嫌な相手、
苦手な人である。
 

そして、そういう相手ほど、
ひんぱんに攻撃をしかけて
くるのだ。
 
 
− 樺旦純 −
 
 
 
言葉の暴力は、
心に深い傷を与えるんです。
 
 
− 金八先生 −
 
 
 
人が深い傷を受けるのは、
他人の行動による
ものではないし、
 
ましてや自分の間違いに
よるものでもない。
 
本当は、
その事実に対して、
 
自分がどう反応したか
によって傷を受けるのだ。
 
 
− スティーブン・R・コヴィー −
 
 
 
落ち込んだ経験は、
心が強くなる転機になる。

 
 
23.png
 
 
■ つらい経験が大きく変わる転機!
 
 
自分の性格や考え方が変わったきっかけを思い出してみましょう。特に落ち込んだ経験を思い出しやすいと思いませんか。たとえば、失恋したときの経験です。涙を流したり、落ち込んだりした経験は、一生忘れません。
 
 
また、受験に失敗したり仕事で大きなミスをしたりして落ち込んだ経験も同じです。苦しみや落ち込んだ経験は忘れません。そういう経験があって、考え方が変わったり、勇気や精神力が強くなったりします。
 
 
つらい経験に限って自分が大きく変わる転機になるのは、人生の法則です。
 


 
■ キズついた分だけ心が強くなる理由とは!?
 
 
落ち込んだ経験が人の心を強くします。筋トレに例えると分かりやすいかと思います。例えば軽いダンベル(3キロ)でトレーニングしたときと重いダンベル(10キロ)でトレーニングしたときとを比べた場合、より筋力が鍛えられるのは重いダンベルでトレーニングした時です。
 
 
普段よりも重たいダンベルやバーベルでトレーニングをした次の日は、大抵筋肉痛になりますよね。これは普段よりも筋肉に大きな負荷がかかったためです。しばらく痛みを感じるかもしれませんが、そのうち筋肉痛は治まります。そして、筋肉は依然よりも強くなります。
 
 
筋肉はまた同じ負荷をかけられても大丈夫なように、以前よりも強い筋肉になろうとします。人の心も同じです。落ち込んだ状態から回復する過程で以前よりも心は強くなっていきます。心が強くなれば不安や恐怖に悩まされる機会も減るので、心がより安定します。
 
 
 
 
14.png
 
 
■ つらい経験は自分が生まれ変わる転機に!
 
 
落ち込んでしまうこと自体をマイナスに捉える向きが強いですが、上述したとおり精神的に強くなろうとするきっかけになるので、決して無駄ではありません。つらい経験は、自分が生まれ変わる転機になるので、成長するチャンスです。
 
 
アスリートと呼ばれている人たちはメンタルの強さで結果が大きく左右されます。メンタルが弱ければ迷いが生じるので、適切な判断ができなくなり、ミスが生じやすくなります。ですので、最近のアスリートは積極的にメンタルトレーニングを取り入れています。
 
 
トレーニングといっても、修行僧のような厳しい修行を行うのではなく、いかに物事を楽観的に考えるかを重視します。なぜなら考え方次第で明るい気分にもなれば、暗い気分にもなるからです。いつでも明るい気分でいたければ、考え方を楽観的にするのが一番の近道です。
 
 
 
 
16220190201keihatu.png
 
 
■ 今日から楽観主義になろう!
 
 
楽天的な人の方が現実的な人よりも圧倒的に人生を楽しんでいます。落ち込んでしまったときは、あれこれ複雑に考えてしまい、余計に苦しくなります。複雑に考えるのはやめて楽観的に振舞ってみましょう。そうすることで心と体が自然とリラックスします。
 
 
楽観的に物事を考えることができるようになると、ストレスを感じる機会も少なくなります。心が強くなるというのは、つまりこういうことなんです。考え方が楽観的になれば過去の自分さえも許せるようになります。自分を許すことができれば、他人も許すことができます。
 
 
人としての器が大きくなればなるほど人や自分を許せる幅が大きくなります。そうなると小さなことで落ち込んでいたのが嘘のように、生きやすくなります。
 
 
 
 
12720190201keihatu.png
 
 
■ 毒のある人たちから自分を守る方法!
 
 
人が抱えこんでいる悩みの大半は人間関係によるものです。職場には、ちょっとした人のミスも許せない人がいたりしませんか?。許せないだけならまだしも、毒のある言葉をまきちらして相手を傷つける人もいるでしょう。
 
 
こうした人たちから自分を守るには、ただ悩んでいるだけでは解決することはありません。毒のある人の言葉から身を守るには、心の中で「お前ごときが私を傷つけることはできない!」と、相手の存在が気にならなくなるまで何度かつぶやいてください。
 
 
こうすることで、相手の毒のある言葉を正面から受け止めなくてすみます。そして、できるだけ距離をとるようにしましょう。相手が同じ部署やチームに所属している場合は難しいですが、それでも仕事で最低限やりとりするだけにとどめるだけで、ストレスは抑えられます。
 
 
 
【画像】 Pinterest
 
「 悪意を向けてくる人への対処法 」
 

 



『 こんな記事も読まれています 』


 カテゴリ
 タグ