image56.png                                                                                                                                                                                                  
『 仕事ができない人の特徴 』
 
 
【し】時間を守らない
 
【ご】ゴールを意識しない
 
【と】得意な分野がない
 
【が】我慢できない
 
【で】できないことを認めない
 
【き】気配りができない
 
【な】なかなか動かない
 
【い】忙しい、いつかが口癖
 
【ひ】他人事のように考える
 
【と】ドロップアウトする
 
 
 
−hisatotaguchiさん−
 
「画像出典」
 
20代からの自分を強くする
あかさたなはまやらわの法則
 
 


 
 
仕事ができない人は、会社に利用される。
仕事ができる人は、会社を利用する。

 
 
 
2720180301ht.png
 
 
■ 仕事ができない人は受け身の姿勢で働く!?
 
仕事ができない人は、会社に利用されます。
 
会社への依存が強いため、会社に振り回されがちです。
 
難しい仕事を押し付けられる。
 
無理な残業をさせられる。
 
休日出勤を命令される。
 
乗り気でないものの、会社の命令なので、断ることもできない。
 
受け身の姿勢なので、会社の駒としていいように使われます。
 
「会社に利用されている」とうすうす気づいてはいるものの、その状況を変える努力をしません。
 
役立たなくなれば、リストラの対象になってしまうのです。
 
 
 
2820180301ht.png
 
 
■ 仕事ができる人は成長するために会社を利用する!?
 
仕事ができる人は、会社を利用します。
 
会社に依存せず、一定の距離を保っています。
 
難しい仕事は、自分のキャリアアップにつながるので一生懸命になります。
 
成長するために、会社を利用します。
 
会社から難しい仕事を与えられても「自分を高めるチャンス」と考え、自分の成長につなげます。
 
「自分のためにしている仕事」という意識があるので、学んで身につけるのも早い。
 
資格の取得に、会社を利用します。
 
資格の報奨金制度があれば、大いに利用して資格取得に役立てます。
 
会社によっては、資格を取得すれば、給与が上がることもあるでしょう。
 
 
 
2920180301ht.png
 
 
■ 会社は利用するもの!?
 
人脈を広げるために、会社を利用します。
 
職場の人間関係だけでなく、会社を通じて知り合う顧客や取引先は、すべて人脈の対象です。
 
会社が人を紹介してくれると思えば、これほど楽なことはありません。
 
どんどん会社を利用して、自分のキャリアアップにつなげます。
 
「仕事を通してたくさん学べる上、お金までもらえるなんて幸せ」と思っています。
 
十分な実績と実務経験を積めば、さらなるステップアップとして、転職に挑戦できる可能性も高まります。
 
優良企業への転職に成功すれば、よい待遇も期待できるでしょう。
 
会社は、利用されるものではなく、利用するものです。
 
会社を利用する気持ちになったほうが、仕事も前向きに取り組めます。
 
 
出典:HappyLifeStyle
 
仕事ができる人とできない人の30の違い
 
 
参照:同じ条件、同じ時間で10倍仕事ができる人、10分の1しかできない人
 
 
 
「仕事が合わないので辞めたいです」
 

 
 



『 こんな記事も読まれています 』


 カテゴリ
 タグ