3120190901keihatu.png
 
 
『 ありがとうと言える幸せ 』
 
 
『ありがとう』を言える
 人間になりなさい。
 
『ごめんなさい』を言える
 人間になりなさい。
 
 嘘をつくような
 人間にはならないこと
 
 
− いかりや長介 −
 
 
 
幸せになりたければ
感謝を集めなさい。
 
あなたに向けられた
感謝が多いほど
 
幸せは安定的、
継続的なものになる
 
 
− 作者不詳 −
 
 
 
感謝の心を持つことは、
そういう小さな幸せを
手にするチャンスを
たくさん作ってくれる
 
 
− 長友佑都 −
 
 
 
「あたりまえ」を
「ありがとう」と
言うのが感謝
 
「だから、なに?」を
「おめでとう」と
言うのが賞賛
 
「もう、ダメだ」を
「これからだ」と
言うのが希望
 
「なりたいな」を
「なってやる」と
言うのが決意
 
「もういいや」を
「まだ待とう」と
言うのが忍耐

「疲れた」を
「頑張った」と
言うのが努力
 
 
− 作者不詳 −
 
 
 
弱さを見せられる相手が
居てくれる事に感謝
 
 
− 浜崎あゆみ −
 
 
 
感謝のキャッチボールが
幸せのホームランとなる
 
 
− 作者不詳 −
 
 
 
ありがとうは
何度言ってもいい
 
ありがとうの数だけ
人生は豊かになる
 
 
− 田口久人 −
 


 
ありがとうと言うだけで
人は幸せになれるのか?!

 
 
55420180601keihatu.png
 
 
普段私たちが何気なく使っている「ありがとう」とう言葉には、とてつもないプラスのパワーがあります。スピリチュアルの大家、小林正観さん曰く心を込めなくてもいいので、「ありがとう」を口にすることで、多方面で幸せを感じられるようになるのだとか。
 
 
確かに「ありがとう」と言うだけで、明るい気分になれますよね。ということで今回は積極的に、『ありがとう』と言うことで得られる効果について分かりやすくまとめてみました。そのあまりの凄さに自分でも驚いています。
 
 
是非「ありがとう」と日常における様々なことに感謝してみてください。きっと、自分の中の物事を考える視点が大きく変わって幸せを感じられる機会が増えると思いますよ。
 
 
 
 
54620180601keihatu.png
 
 
■ 「ありがとう」の凄い効果!
 
 
なにも考えずに「ありがとう」と、言い続けているだけで気分が良くなります。やってみると分かるのですが、「ありがとう」と言いながら不安なことを考えたり、怒ったりすることができません。ありがとうには、負のパワーを跳ねのける浄化する力もあるようです。
 
 
気分が良くなる(心の状態が良くなる)と現実も徐々に変化します。自然と笑顔が増えるので、人当たりも良くなり、人間関係が改善されようになると仕事もスムーズに展開します。実際に「ありがとう」を毎日マントラのように唱える人はたくさんいます。
 
 
日本一の大投資家と言われた竹田和平さんは、従業員に「ありがとう」1日1万回言うことを奨励していたようです。デフレ不況でも竹田さんの会社は好業績をあげていたのもうなずけます。
 
 
 
 
33520180601keihatu.png
 
 
■ 毎日嬉しいこと、楽しいことが見つかる
 
 
「ありがとう」と言うことを習慣化することで、人に感謝を伝えようという気持ちが自然と芽生えてきます。そうすると、誰かが自分のためにしてくれたことに対して敏感になれます。すると「ありがとう」といいたくなる機会が増えます。
 
 
「最近いいことがない」と、日々の生活に不満を感じているのであれば、ぜひ「ありがとう」と声にだしてみてください。すると脳が勝手に「ありがたいこと」を探し出します。そうすると今まで見えなかったものが日常に現れ始めます。
 
 
 
 
55320180601keihatu.png
 
 
■ 嫌いな人にも「ありがとう」と言ってみる!
 
 
「ありがとう」は、人間関係の問題にも素晴らしい効果を発揮してくれます。もし今現在職場で関係がうまくいっていない人がいるなら、積極的に『ありがとう』と言ってみましょう。もしかすると最初は相手も戸惑うかもしれません。
 
 
もしかすると嫌いな人に真正面から『ありがとう』というのは、言いづらいかもしれません。その場合は、心の中でそっと唱えてみるところから始めてみてください。慣れてきたら声に出して伝えましょう。
 
 
すると例え口先からでも、『ありがとう』というと、脳は、「なんでこの人に対して、ありがとう、と言っているのだろうか?」と理由を考え始めます。自分の相手への感情が変わると相手の自分に対する感情も変わるので、良好な関係を築ける可能性が高まります。
 
 
 
 
33620180601keihatu.png
 
 
■ 感謝(ありがとう)の凄い効果は実験でも実証済み!
 
 
とある実験で、被験者に毎日、「今感謝していること」を書いてもらいました。驚くべきことに感謝していることを毎日紙に書き出すだけで、被験者のほぼ全員の気分が向上したそうです。感謝はメンタル面でも非常に良い効果をもたらしまあす。
 
 
毎日「感謝」をリストアップしたグループは、すべてではないとしてもいくつかの項目で、そうでないグループよりも高い幸福度を示していたことが明らかになっています。つまり感謝すと感謝の感度が磨かれて感謝したくなることが起こるんですね。
 
 
また、「感謝」をリストアップしたグループは、そうでないグループよりも、様々な点で「ポジティブ」な状態にあったそうです。この結果から、感謝を意識的に心がければ、感情や対人関係に大きなメリットがあると考えられます。
 
 
 
 
■ できるだけ早く感謝の思いを伝える!
 
 
人間関係が悪い職場では「感謝」が欠乏しているので、お互いに「ありがとう」を言う機会も当然少ないです。ですので、いつもギスギスしています。一方、人間関係が良い職場は感謝の思いで溢れていますので、笑顔で「ありがとう(ありがとうございます)」を言う機会が多いです。
 
 
「ありがとう」を言えば言うほど人間関係が良好になると言われています。もし、職場に苦手な人、嫌いな人がいる場合は、意識して「ありがとう(ありがとうございます)」を言ってみてください。次第に相手の態度が軟化し、以前よりも接しやすくなります。
 
 
といっても、「ありがとう」を言うタイミングが分からないというい人が少なくありません。事実「ありがとう」を言えない人がここ最近増えているんです。これは非常にもったいないです。そうならないためにも、感謝の思いは出来るだけ早く伝えましょう。
 
 
そして、「ありがとう」を言うときに大切な3つのポイントがあります。それが「笑顔」「相手の目を見る」「 はっきりとした声」です。たったこれだけで、あなたの印象は格段と良くなります。
 
 
 
【画像】 Pinterest
 
【画像】 wikiHow
 
「ドン底から抜け出すための引き寄せ、感謝ノートのススメ」
 

 



『 こんな記事も読まれています 』


 カテゴリ
 タグ